エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
JAGDA東北復興支援チャリティ やさしいハンカチ展
ライター渡部のほうです。

台北に行ったのは、現地のデザイナーさんとナイスなツーショットを撮るためだけではない。
10月24日から26日までIDA(インターナショナルデザインアライアンス)の会議が台北で開催され、
http://www.2011ida.com/english/
関連デザインイベントも並行して行われる、と聞いたためである。

と、割と気楽に考えて飛行機チケットを取っていたのだが、これが規模が大きい大きい。
中心となるIDAのパネルディスカッションに加え、
台北ワールドデザインエキスポは3つの巨大会場を使い、9月30日から10月30日まで開催。
http://www.2011designexpo.com.tw/

ざっくり俯瞰どころか、一部でも見れればラッキー、ということで、
日本からの展示、JAGDAの「東北復興支援チャリティ やさしいハンカチ展」を見る。

JAGDA会員586名がハンカチのデザインを提供。
展示は台北、札幌、東京、名古屋などを巡回しながら、オンライン予約を受け付ける。
1枚1500円のハンカチを購入すると、同じハンカチが1枚、東日本大地震の被災地のこどもたちに贈られる、という仕組み。

b0141474_921679.jpg



詳細はこちら http://www.jagda.org/information/jagda/1165

特設サイト http://handkerchiefs.jagda.org


うまいなあ、と思ったのは

b0141474_9123069.jpg


佐藤卓さんのハンカチ。
展示にはデザイナーの名前が書いてないままだったので、ハンカチに印刷していない限り、誰のデザインなのかは分からない。
とはいえ、デザインのことに少しでも興味がある人なら、
このペンギンはクールミントガムのペンギンだ、=佐藤卓さんだ、
という連想はできるはず。
約600人もいるとネタが被ってしまう(love、絆、ハートマーク、折り鶴、クローバーなど)こと多々なのだが、クールミントガムのペンギンを他のデザイナーは使えない。

もちろんデザイナー名にこだわってハンカチを見なくてもいいわけで、「佐藤卓」という名前を知らない人でも、大人でも子どもでも受け入れやすい柄を選んだ点で、やはりうまいと思わせる。

正直なところ、今回の企画はデザイナーにとって難しかったのではないかと思う。
買う人に1枚、子どもに1枚、という条件は、誰に向けて作ればいいのか曖昧である。
1500円のハンカチを、デザインの展示で購入しようと思う層は恐らく大人、かつ、デザインに詳しい人がほとんどではないかと思う。だが、ハンカチが贈られる相手は「被災地の子ども」と、年齢も違えば、子どもといっても小学校1年生と6年生では相当メンタリティが異なるだろうし、相手の顔も見えない、かなりざっくりとしたくくりなのである。

その場合、すでにイラストレーターとして知られている、佐藤卓さんのようにアイコン的なデザインを持っていると言ったイラストレーションの力があるものは比較的方向性が明確にできるように思った。

見る側としてもやや難しかったというのも正直なところである。
ハンカチを買いたいと思っても、デザイナー名が書いていない、ハンカチにアイロンが掛かっていないのでだらしなく見える、生地が薄いため照明の加減で裏に展示されているハンカチの柄が透けてしまうものが多い、と選ぶのが難しかった上に、会場で予約を受け付けていない。
サイトのURLは壁に書かれていたが、せめてQRコードなど付けて、すぐにアクセスできるようにするべきではなかっただろうか。

海外での展示は事前の打ち合わせがままならないこともあるので、一慨にJAGDAの責任だとは思えないが、ハンカチを通してコミュニケーションを図るという企画自体は有益なことなので、今後の展示で改良して欲しいと感じている。

ただ、この展示を見ていて面白かったのは、買いづらい状況でも、写真を撮ったりすることで、見る人はなんとか展示品に近づこうとしていることだった。デザインはアートと違って、見て満足できる、というものでもない。やはり所有したいという欲が働く。ハンカチを自分のものにできないのであれば、せめて写真に収め、画像の記録によって自分のものとしようとする。
また、デザイナー名が書いていないことは、小売りの状況にも近く、直感的に欲しいか欲しくないか、で判断される環境にもある。

台北で見に来た人々がどのハンカチを一番写真に収めているのかを見ているのは面白かったのだが、やはり、というべきなのか、ファンシー好みの台湾人だけあって、猫のイラスト、写真が使われている、かわいいものが人気であった。
「デザインとして佐藤卓さんが巧い」と思うのと、実際の(台北の)消費者動向は違うのだ、ということを知るのにもいい経験だった。
[PR]
by dezagen | 2011-10-28 10:01 | 展覧会
台湾人デザイナー 聶永真/Aaron Niehさん
ライター、渡部のほうです。

10月23日から25日まで、台北に行って来た。

まずは台湾人のグラフィックデザイナー、聶永真/Aaron Niehさんの取材。
作品サイト: http://www.flickr.com/photos/somekidding/

前回9月に台北に行った際に見た展覧会『一克拉的夢想當代美學展』
http://blog.excite.co.jp/dezagen/16247677/

の中で断トツよかったデザイナーさん。

日本ではなかなか台湾のものが手に入らないのが難なのだけれど、
企画からブックデザインを手がけた森栄喜さんの写真集『tokyo boy alone』が購入可能。
b0141474_857995.jpg


こんなところにこんな紙を使うの?こんなサイズがバラバラな紙をよくまとめたな、というような
意外な紙使いが楽しい作品を多く作っている。
オフィスも雑誌、本、ポスターなどなど、紙だらけ。

マテリアルや印刷、加工大好き人なのかな、と思って行ったのだけれど、
むしろ感覚的なところ、感受性の高さ、微妙なニュアンスを重視。、
素材や加工はそれを表現する道具、と捉えているようだったので、
感覚的なところをうまく記事に書けるかなあ、と今考えている。

なにより、話していて気が張らない、楽しい人だったのがよかった(通訳の劉君サンキュウ!)。
ポートレートには変顔もしてくれるキュートな方。

b0141474_9193816.jpg


ホントはむちゃくちゃハンサムさんなのだけどね。
[PR]
by dezagen | 2011-10-27 09:22 | デザイナー紹介
美術系学校のシンボルマーク5
編集宮後です。
続けて、東洋美術学校です。

1946年に設立された洋裁学院をもとに
1961年に絵画・デザインの専門学校「東洋美術学校」として
本格的にスタート。卒業生はヒロ杉山さんほか各界で活躍しています。
10/22-23に学園祭があります。
http://www.to-bi.ac.jp/

ロゴはこちら。
紺をベースに「東美」の白抜き文字が入っています。
b0141474_11431360.jpg

b0141474_11435075.jpg


お問い合わせしたところ、
東洋美術学校さんから以下の回答をいただきました。

Q:現在使われているロゴマークは、何年にどなたがデザインしたものでしょうか?

A:2006年春~2007年冬にかけて、東洋美術学校教職員と
株式会社浪漫堂のクリエイティブディレクター伊東聡、
アートディレクター村田匡一郎(東洋美術学校のOBで現在は独立)
によって構成された「東美ブランディングプロジェクト」の
メンバー主導で抽出されたアイディアの中から誕生しました。
全員参加型で「らしさ」の再発見をはじめ、
目指すべきビジョンやコンセプトの再策定など、
一連のプロジェクトの中で議論を重ねて最終的にこのBIデザインが完成し、
システムも構築されました。

Q:ロゴの形の意味、ロゴに込められた想いなどを教えてください。

A:東洋美術学校の略称として半世紀以上も前からOB・OGの間で
親しみを込めて呼ばれている、「東美」という愛称をそのままモチーフとして選択。
そしてブランドカラーは、日本の伝統色である「藍色」に。
歴史や文化の中で育まれてきた表情豊かなこの色に、
東洋美術学校の「革新を重ねてきた伝統」を重ねています。
知的な印象がありながらも温かみが感じられる藍色は、
実は、秘めたる情熱を表す赤を含んでいます。

というわけで、桑澤、お茶美ロゴに見られた
・学校に縁のある方がデザインしている
・学校の愛称をモチーフとしている
特徴がここにも。

学校ロゴには、
入学前に「ここで学びたい」と思ってもらえる信頼感、
卒業後に「ここで学んでよかった」と感じる学校への愛着が
求められるんじゃないかと思ったわけです。

特に美術系学校は人数がそれほど多くないし、
共同制作などもあるので、学生時代の結びつきも強い気がします。
それだけ学校に対する愛着も生まれやすいのかもしれません。

引き続き、4年制の美大のロゴも調べているので、
わかり次第アップしますね。
[PR]
by dezagen | 2011-10-21 08:22 | これ誰取材記事 | Comments(0)
美術系学校のシンボルマーク4
編集宮後です。
美術系学校ロゴの第二弾はこちら。

御茶の水駅すぐ近くにある
美術系予備校のお茶の水美術学院です。
美大受験で通っていた方も多いのではないでしょうか。

2008年の校舎リニューアルにあわせてロゴも一新。
こんな感じのレインボーカラーになっています。
デザインは佐藤可士和さんです。
画像コピペできないので、こちらのサイトでご覧ください。
http://www.ochabi.ac.jp/

ロゴだけではなく、スケッチブックや紙袋、
学生証もすべてトータルデザインされております。
http://kashiwasato.com/#ochabi

ロゴタイプが「O CHA BI」になっているのは、
「おちゃび」の名称で親しまれているからでしょう。
以前はたしか明朝系のロゴタイプだったので、
印象ががらりとかわりましたが、
「おちゃび」という呼び方は昔から変わらないですね。
昔から親しまれている呼び方をそのまま使い、
ビジュアル面で一新したデザインはさすがです。

同校のウェブサイトによれば、
佐藤さんもお茶美に通ったことがあるとのこと。
どんな想いでデザインされたのか、聞いてみたい気もします。
[PR]
by dezagen | 2011-10-21 07:50 | これ誰取材記事
美術系学校のシンボルマーク3
編集宮後です。
そういえば、美大のシンボルマークのデザインについて、
これ誰で調べていたのが途中になっていました。

専門学校や美術予備校も含めて調べようと思い立ち、
今までご縁があった学校を中心に調べることに。

再開第一弾はこちら。桑沢デザイン研究所です。
バウハウスから学んだ桑沢洋子氏が1954年に開校、
以後約半世紀にわたり、デザイン教育を行っている専門学校です。
デザイン業界でも出身者が多いことで有名ですね。

学校のシンボルマークはこちら。
b0141474_937102.jpg


早速「これ、誰がデザインしたの?」をお聞きしてみると、
1979年の創立25周年に制定されたそうで、デザインは草刈順さん。
草刈さんは阪神百貨店や緑屋のロゴをデザインされ、
西武百貨店ロゴの文字部分のデザインも担当された著名なデザイナーで、
同校でも教鞭をとっていらっしゃいました。

桑沢デザイン研究所さんから、デザインの意図が記された
草刈さんの文章を送っていただいたので以下に引用いたします。

*************************************************************
KとDとSという正方形のカードを使って立方体を作る、というと何やら造形クイ
ズめいてしまうが、桑沢のシンボルマーク制作を依頼されたとき、初めにピンと
きたのがこのことだった。というのは、K(桑沢)とD(デザイン)とS(スクール)
は単なるイニシャルではなく、もっと本質的な意味をそれぞれがもち、しかも、
それがガッチリと有機的なつながりをもった一個のCUBEである、という感じがし
たからである。いろいろな組合せを試してみたが、結局、図のようなオーソドッ
クスなものを平面に投影し、マークとしてビジュアライズした。
 なお、スクールカラーとしてブルーを決め、KDSのDの部分が色面になり、補助
カラーとしては白とグレイがあり、この3色を基本として色彩展開することにな
っている。
また、英字の書体は、70年代においてもっとも完成度の高いタイプ・フェイス
Helvetica体を使用、マークと一体となってシンボル化してゆきたいと思ってい
る。日本字の書体は、太ゴシックの長体を英字書体にあわせてデザインしたもの。
                  (草刈 順・グラフィックデザイナー)

*************************************************************

学校のロゴの場合は、卒業生や先生など、
縁のある方がデザインする場合が多いのでしょうか?
このあと何校か調べてみたいと思います。続く。
[PR]
by dezagen | 2011-10-19 07:42 | これ誰取材記事 | Comments(0)
TypeTalks7
編集宮後です。
隔月で行っている楽しいタイポグラフィのイベントTypeTalks。
次回11月12日(土)の募集が始まりました。
http://www.aoyamabc.co.jp/culture/typetalks7/

デザイナーの祖父江慎さんがタイプディレクターの小林章さんに
聞きまくるという120分。小林さんのブログにもアップしていただきました。
http://blog.excite.co.jp/t-director/15865653/

ちょうど次回でTypeTalksも1周年です。
最近、TypeTalksについてのご質問をいただくようになってきたので
経緯をお話しましょう。

もともとは、私が編集を担当した書籍『フォントのふしぎ』の
新刊発売イベントとして、青山ブックセンターで昨年11月に
イベントを行うことになっていました。

諸般の事情で刊行が1月にずれたため、イベント用におさえておいていただいた
場所が空いてしまったのです。そのままキャンセルするのも申し訳ないし、
せっかくなので何かできないかということで、『フォントのふしぎ』著者の
小林章さん、『欧文組版』著者の高岡昌生さんと相談して、
タイポグラフィのイベントを行うことにしました。

高岡さんとは以前にも『欧文組版』発売時に青山ブックセンターで
3回連続のセミナーを行ったりしていたので、
その流れでできるのではないかと思ったわけです。

イベントを企画する上で3人で相談したのは、
一方的に学ぶ講義スタイルではなく、
聞きに来た人も一緒になって発言、参加できる雰囲気にしようということ、
「タイポグラフィって楽しい」と思ってもらい、
誰でも参加できる明るいイベントにしようということでした。

タイポグラフィについて知りたい人が気軽に参加できるように、
そして、定期的にそこに行けば参加できるようにしたいと思い、
3人で運営方法などを相談しました。

そうした話し合いのなかで、隔月で続けるタイポグラフィイベント
「TypeTalks」を行うことになりました。

毎回の企画内容、ゲストへのお願いなどの準備を私たちで行い、
参加者の募集、会場の準備などを青山ブックセンターさんにお願いするという
現在のスタイルに落ち着きました。ワタクシはおもに告知文をつくったり、
ABCさんと連絡したり、という業務を担当させていただいています。

今までに開催したのは以下のとおりです。

第一回 2010年11月 小林さん、高岡さん
(二回目以降、小林さんはスカイプで参加)
第二回 2011年1月 ウェブフォント前編 ヤマダコウスケさん、高岡さん
第三回 2011年4月 ウェブフォント後編 ヤマダコウスケさん、高岡さん
(震災のため4月に延期)
第四回 2011年5月 製本 青木製本所 青木英一さん、高岡さん
第五回 2011年7月 フォントをつくろう タイプバンク高田さん、アドビ西塚さん、立野さん
第六回 2011年9月 Zapf展の見所 J-LAF 三戸美奈子さん

第七回概要も一応コピペしときます。
小林さんが今までにご自身で作った欧文書体について解説していただき、
祖父江さんが質問するという楽しいやりとりになりそうです。
お楽しみに!

---------------------------------------------------------------------
ABCでabcを語ろう! TypeTalks 第7回 

「欧文書体のことを何でも聞いちゃおう! 祖父江さんが小林さんに聞く120分」
出演:小林章(ライノタイプ社)、祖父江慎
主催:小林章、高岡昌生(嘉瑞工房)、TypeTalks事務局

TypeTalks」は講師が一方的に教えるのではなく、主催者や参加者が気になる欧文タイポグラフィや質問を持ち寄り、話し合いながら学ぶことを目的とした明るく楽しいイベントです。タイポグラフィに関心のある方ならどなたでも参加でき、主催者と参加者が気軽に話せる会として2010年11月から青山ブックセンター本店で隔月開催されています。

今回のTypeTalksでは、普段はドイツからスカイプで参加の小林章さんが直接出演。小林さんの著書『フォントのふしぎ』のデザインを手がけた祖父江慎さんが、小林さんに気になる欧文書体のことを聞いちゃいます。会場のみなさんも巻き込んだ楽しいタイプトークをご期待ください。

日時:2011年11月12日(土)18:00~20:00(開場17:45~)
※第8回は2012年1月頃を予定。だいたい隔月開催を予定しています。
会場:青山ブックセンター本店内 カルチャーサロン青山
定員:100名様
参加費:1,800円(税込)
お問合せ先:
青山ブックセンター本店内 カルチャーサロン青山 (平日10:00~20:00、土・日・祝祭日休み)
TEL:03-5485-5513、E-mail:culture@aoyamabc.co.jp
[PR]
by dezagen | 2011-10-14 07:10 | イベント | Comments(0)
「フライターグ・ストア・トウキョウ」
編集宮後です。
銀座一丁目にオープンした
フライターグのショップを見てきました。

フラターグとは、トラックで使われる幌(ほろ)などの
リサイクル素材でつくられたバッグのブランド。
1993年にスイスのフライターグ兄弟が作り始めた
このバッグは今では世界中で販売されています。

日本にも1996年から輸入販売されていましたが、
このたび銀座にアジア初となる直営店がオープン。
フライターグのバッグはリサイクル素材でつくられているため、
1点1点違うデザインの中からお気に入りを選ぶ楽しさがあります。
そんな体験ができるのがこの直営店というわけです。

店内の全体写真は、こちらのサイトでどうぞ。
http://www.freitag.ch/shop/FREITAG/page/news_content_page/detail.jsf

ショップデザインは、トラフ建築設計事務所。
築50年の古いビル(元は靴屋さんだった場所)を改装し、
1、2階とも左側の壁一面にフライターグのバッグが入った箱を積み上げて
そのまま商品陳列されています。この仕組みはほかの海外店舗でも見られますが、
元の建物の雰囲気ととけあって、独特のおもむきがあります。

b0141474_1055358.jpg

b0141474_1051661.jpg

写真はショップで行われたプレス発表の様子。
左が鈴野さん、その右脇がフライターグ兄弟。

こちらは女性向けラインのバッグ。
b0141474_10532658.jpg

b0141474_1053123.jpg


もともとフライターグが持っている世界観が明確なので
その世界観でまとまってしまうのでは?と思ったんですが、
店内にしこまれた街灯や窓の仕掛けなど、
所々にトラフらしいデザインがほどこされていて
両方が無理なくとけあっていました。

トラフのお二人がフライターグのバッグを持っていても
たぶん全然違和感がないと思うんですが、
そういう「らしさ」がショップデザイン全体に
出ているような気がします。

本日10月7日から銀座一丁目にオープン。
(日本デザインセンターの横なので、
 デザイン関係の方もぜひ)

フライターグ・ストア・トウキョウ
中央区銀座1-13-12
月〜金 11:00-21:00
土日  10:00-20:00
地図http://www.freitag.ch/shop/FREITAG/storelocator.jsf
[PR]
by dezagen | 2011-10-07 07:23 | インテリア | Comments(0)
NY ADC ヤングガン展
編集宮後です。
現在、東京工芸大学で開催されている
NY ADC ヤングガン展のレポートです。

NY ADC ヤングガンとは、
ニューヨークのアートディレクターズクラブによって選出された
30歳以下+2年の実務経験のある有望な若手クリエイターのこと。
グラフィックデザイン、イラストレーション、映像などの分野で
活動する世界中の応募者の中から毎年50名が選出されています。
b0141474_013444.jpg


今回、YG8を受賞した13か国50名の作家の受賞作品が
日本で初めて展示されることになりました。
こちらが東京工芸大学中野キャンパス 写大ギャラリーの展示の様子です。
日本からは3名が受賞。こちらは松本健一さんの作品です。
b0141474_014789.jpg


YG8全受賞者リストはこちらをどうぞ。
http://www.adcyoungguns.org/enter/winners8/

日本とか、海外とか区別しないで活動していく時代が
すぐそこに来ていることを感じました。
この機会にぜひ見ておいたほうがいいと思います。


日時:2011年9月12日(月)~10月16日(日) ※期間中無休・入場無料
10:00~19:00
会場:東京工芸大学中野キャンパス 写大ギャラリー
http://www.t-kougei.ac.jp/event/8th-youngguns.html

「自分も応募したい!」という方に来年の応募要項を。
ADC Young Guns 10
公募開始:2012年3月13日
早期締切:4月17日(早期割引出品料)
通常締切:5月8日
最終締切:5月22日
応募詳細:
http://www.adcyougguns.org/enter/transrations
[PR]
by dezagen | 2011-10-03 07:09 | 展覧会 | Comments(0)
IGAS2011 国際総合印刷機材展
編集宮後のほうです。
渡部さんがロンドンからリポートしてくださってる間、
ワタクシは記事も書かずに何をしてたんでしょうか。

だいぶ時間が経ってしまいましたが、IGASで取材した
気になるテクノロジーのことなどをご報告しましょう。

IGAS(International Graphic Arts Show)は
印刷業界四大国際機材展の一つで、4年に1回
東京ビッグサイトで開催される印刷の展示会です。

印刷に関連するあらゆる企業が出展することから
印刷の今を知る貴重な情報源にもなっています。

「印刷機材とか関係ないし」って思われるかもしれないですが、
デザイナーの皆様は絶対行ったほうがいいですよ。
最新の印刷技術についてその場で質問できますし、
印刷サンプルもタダでもらえます。

蛍光色インキで知られるT&K TOKAさんのブースで
蛍光色&UVニスの見本帳をいただいてきました。
http://www.tk-toka.co.jp/product/ink/sampleguide/index.html

目立ったところでは、大手印刷機メーカーの
オンデマンド小型印刷機の性能とスピードがアップしていたことや
カラーマッチングの認証制度が新しく追加されていたことなどが
話題になっていましたね。

特に色彩系では、
眼で見たままの色を再現できる色彩管理システム「Color Brain」、
http://www.prosper-c.co.jp/
iPhone版に続き、アンドロイド版も登場したDIC色見本帳など、
http://www.dic-graphics.co.jp/release/html/20110913_01.html
色彩管理のツールが増えてました。

展示会場で実際に印刷機が動いていて、リアルに印刷しているところが見られるので
印刷現場を見たことがない学生さんが見学するのにちょうどよいかも。
しかも大から小までいろんな印刷機が動いてるところが一度に見られるし。
美大の授業でいかがでしょうか?

あと印刷関連だと、10月18〜21日に東京ビッグサイトで開催される
日本国際包装機械展(TOKYO PACK)もあります。
http://www.japanpack.jp/
[PR]
by dezagen | 2011-10-02 23:57 | 展覧会 | Comments(0)