エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2012年 02月 ( 39 )   > この月の画像一覧
美術系学校のシンボルマーク6
ライター、渡部のほうです。

ご無沙汰の美術系学校のシンボルマークのシリーズ。
美術系学校のシンボルマーク5に続いて第6回目は武蔵野美術大学。 http://www.musabi.ac.jp

武蔵野武術大学、略して武蔵美卒の有名デザイナーが多いのは、このブログ読者ならご存じのはず。

というわけで、学校の歴史を少々。武蔵野美術大学という名前になるまでの道のりは意外に長い。
1929年に「帝国美術学校」として開校。当時のデザイン科に相当するのは工芸図案科。
1935年は学校が分かれ、帝国美術学校はその名前を保持し、一方は多摩帝国美術学校(現多摩美術大学)となるのだった(劇的だなあ)。
同年、工芸図案科が、図案工芸科となったのは、よく見ると、工芸、と、図案、の順番が逆になっただけだが、工芸より図案(グラフィックデザイン)のニーズが高まった、ということだろうか。
その3年後、1938年には、さらに図案工芸科が、純粋工芸・実用美術・建築美術・工業美術と分かれる。美術学校の付属的なものだったデザインの地位が確立し始たことが伺える。

さて、戦後。
1947年に「造型美術学園」と名前を変更。この時の学園長が山脇巌!
(以後のデザイン科目の名称は頻繁に変わっているので、ここでは割愛)
その翌年、1948年に「武蔵野美術学校」、1961年に現在の鷹の台のキャンパスが出来、1962年、晴れて現在の学校名、武蔵野美術大学、となった、という経緯。

武蔵野美術大学(以下武蔵美)のシンボルマーク、実はタイプの異なるもの2種類ある。

1つめは「MAU」。1996年から使われているもので、武蔵美の広告、ウェブサイトなどでよく目にする。

b0141474_15502358.jpg


デザイナーは勝井三雄氏。
大学ポスター、各種広報媒体、大学公式グッズなどに使用。
よく見ると、ラインの接点のところに小さな白い玉ができている。

これは何でしょう?と武蔵美の広報の方に聞いてみたところ
「白い部分が三角形のペンで、その先にインクがたまっている様子を丸で表現しているそうです」
とのこと。
ペンから出て来るインクのようにアイデアを創出しようという意図なのか…。
この点は勝井氏に直に聞いてみるしかなさそうだ(機会があれば)。

シンボルマーク、もう一つは「美」。こちらはなんと、帝国美術学校時代から使われている。

b0141474_1636431.jpg


堂々と漢字一文字、しかも「美」。

「結局美大って何を学ぶところなんですかね」などと常々考えているところなのだが、
「こちらの校旗をご覧下さい。美、です」
と言われたら、ぐうの音も出ない。

右のはらいが手前に長く、なんとなく脚を広げて「どうだ!来い!」と言わんばかりに立っている人のようにも見える。
気になるデザイナー(書家?)については「帝国美術学校創立者の一人である金原省吾先生が、中国の宗時代の金石文から選んだ文字という説、あるいは金原先生自身の筆など諸説がある」とのこと。
現在は、校旗や卒・入学式典の舞台、大学の印刷物や大学公式グッズなどに使用。

全然タイプの違う2つだけれど、一般的には前者、立派さが求められるところでは後者、使い分けができていいのかもしれない。
2つシンボルマークを持っている学校で結構あるのだろうか。ちょと気になる。
[PR]
by dezagen | 2012-02-29 16:33 | グラフィック
チョコレート考31
ライター渡部のほうです。

中身が想像できないパッケージ写真で中身がすごくよく分かるパッケージスケスケのパッケージ、と見て行ったところ、ちょっと見せ、なパッケージもあった。

b0141474_15555720.jpg


リンツのダークキャラメル・シーソルト(左)とミルクオレンジ・ピスタチオ(右)
リンツの専門店、リンツショコラカフェでの限定販売品だそう。97g 483円。

リンツHP http://www.lindt.jp/

ナッツやキャラメルなど、混ぜ込むのではなく乗せるタイプのチョコレート。そのまま見せるとさすがのシズル感。
このパッケージに限らず、リンツの商品のパッケージは、すごくオシャレだとは言わないけれど、落としどころをちゃんと踏まえていて、巧いなと思う。
歴史と世界展開の実績の賜だろう。

HPの情報によれば、会社の始まりは19世紀半ば。リンツという名前は、チョコレート職人のロドルフ・リンツの名前に由来する。19世紀末、2つの会社が合併してリンツ&シュプルングリー社に。
その後
「1994年、キルシュバーグを拠点とするChocoladefabriken Lindt&Sprungli AGを設立、すべての会社の親会社とします。 現在リンツグループの工場は、スイス、ドイツ、フランス、イタリア、アメリカ、オーストリア。流通・販売網は英国、ポーランド、スペイン、カナダ、オーストラリア、メキシコ。営業拠点は香港、ドバイに展開しています。」
とのこと。
ほぼ全世界で展開し、高品質ながらも一般的に購入できる価格帯の商品を作っている。
民族風習バックグラウンドの異なる場所で、品質や味の違いをきちんと一般消費者に伝えるパッケージ、というのは簡単なことではない。
そこらへんはスイスタイポグラフィーを産んだ国だけあって、汎用性の高さが身についているのかもしれない。

上のパッケージ、中のチョコレート自体(裏側)も変わった成型なので、そっちも見せられたら一番いいのだが、それはそれで両面フィルムになるのだろうか。表示面が減りますな。それはそれで買った人のお楽しみといったところ。
[PR]
by dezagen | 2012-02-29 16:25 | プロダクト・パッケージ
チョコレート考30
ライター渡部のほうです。

中身が想像できないパッケージから、写真で中身がすごくよく分かるパッケージまで来て、今度はそのまま見せのパッケージ。

b0141474_5142731.jpg


オリムピア製菓 http://www.olympia-seika.jp/ のタブレットショコラ(ミルク)145g 350円(税込367円)。

写真を使うと、パッケージを開けた時のドキドキ感が少ない、ということを前回書いたが、こちらはスケスケ、そのまま見せでドキドキ感がないか、というとそういうわけでもない。
というのも、オリムピア製菓は店頭売りではなく、メーカー工場からのオンライン直販のみ。届くまでに「どんなものなんだろう」というドキドキ感はある。

こういうシンプル極まりないデザイン、かつ、帯もきれいにデザインされているもの、は個人的に好きだけれど、店頭売りは難しそう(写真撮るのも難しい。フィルムの中で若干チョコレートがこすれているので、中もきれいにしてから撮ればよかった。←言い訳)。
[PR]
by dezagen | 2012-02-28 18:00 | プロダクト・パッケージ
美術展のグラフィックデザイン
編集宮後です。
以前、美術展の図録について書きましたが、
今回は展覧会のポスター、チラシなど
宣伝物のグラフィックデザインについて。

不思議なのは、美術展の宣伝物と図録のデザインが同じ場合と
違う場合があること。その理由はデザインの発注スタイルにあるようです。

ポスターと図録一式まとめてすべてデザインを依頼する場合と、
ポスター、チラシ、チケットなどの広告宣伝系と図録などの書籍系と
別々の会社に依頼する場合があるそうで、どちらになるかは、
それぞれの展覧会の内容、規模、主催団体との関係で、決まるとのこと。

今年4月6日から5月27日まで三菱一号館美術館で開催される展覧会、
「KATAGAMI Styleー世界が恋した日本のデザイン」のチラシのデザインが
気になっていたので、学芸員の方にうかがってみました。

この展覧会は、19世紀末から20世紀初頭にかけて、
西洋に渡った染めの型紙のデザインが、
ジャポニズムの作品に大きな影響を与えていた様子を
約400点の美術・工芸品と型紙で見てゆく、というもの。

プレスリリースにある展示内容をひろってみると、
1.型紙の世界 日本における型紙の歴史とその展開
2.型紙とアーツ・アンド・クラフツ 英米圏における型紙受容の諸展開
3.型紙とアール・ヌーヴォー 仏語圏における型紙受容の諸展開
4.型紙とユーゲントシュティール 独語圏における型紙受容の諸展開
5.現代に生きる"KATAGAMI"デザイン 型紙に由来する現代のデザイン
と興味深い内容。デザイン史でも出てくるキーワードがずらり。
読んでいるだけで楽しい。

b0141474_1531288.jpg

すでに第一弾のチラシ(上写真)が制作され、もうすぐ第二弾ができるそう。
その他にポスター3種類(B1、B2、B3)、入場チケットなどを制作。
グラフィックデザインは、仲條正義さん。
展覧会のロゴタイプも新たに書き起こしていて、
型紙のビジュアルと仲條スタイルがマッチしています。
今回の展示では、図録は別の会社が制作するとのこと。

展覧会は、東京の三菱一号館美術館、京都の京都国立近代美術館、
三重の三重県立美術館を巡回。詳細はウェブサイトで。
http://katagami.exhn.jp/
[PR]
by dezagen | 2012-02-28 07:58 | 展覧会 | Comments(0)
チョコレート考22 の補足
ライター、渡部のほうです。

チョコレート考22でDEBAILLEUL ドゥバイヨル http://debailleul.info/ について書いたのだけれども、その後、問い合わせてみたところ、オーナーHans Pauwels氏の奥様でファッションデザイナーのReinhildeさんがドゥバイヨルのクリエイティブディレクションを手がけているとのこと。

ドゥバイヨルはベルギーをベースに、ヨーロッパ、中東、アジアまで現在14カ国で展開する、高級チョコレートのメーカーとしては規模の大きなブランドだが、ブランディング会社やマーケティング会社ではなく、ショコラティエとオーナー夫妻でデザインや会社の方向性を決めているようだ。

ベルギーに行くことがあれば(いつだろう…)取材してみたいと思う。
[PR]
by dezagen | 2012-02-28 05:29 | プロダクト・パッケージ
チョコレート考29
ライター、渡部のほうです。

チョコレート考。
中身が想像できないパッケージから、中身がすごくよく分かるチョコレートパッケージ。

写真を使えばすぐ分かる、の手。

b0141474_333322.jpg


左 Mövenpick ホワイトレモン 100g 約500円
http://www.moevenpickfinefoods.com/content/finefoods_1/produkte/ch_schokolade.php
右 New Tree ミルク 80g ¥630 http://www.newtree.com

Mövenpick はスイスをベースにホテルなども経営する多国籍企業、の食品部門から出ているもの。
New Tree も、規模は全然違うけれど、ベルギーを中心に現在25カ国で展開するメーカー。

多国籍市場を当初から視野に入れている場合、写真は何よりも分かりやすい。
ただ、チョコレートパッケージと考えると、写真を使ってしまうと、パッケージを開けた時のドキドキ感が結構ない。消費者はワガママなものなので。

ワガママついでに言うと、New Tree「自然から生まれたチョコレート」「健康に配慮」を売りにしているのだけれど、HPを見ても、何がどうすごいのかがよく分からない。
日本の事務所はリビングデザインセンターのある新宿パークタワー(近所)なので、直に行って聞いてみるかな〜。
[PR]
by dezagen | 2012-02-27 15:00 | プロダクト・パッケージ
イシワタ 工場見学
ライター、渡部のほうです。

先日、プロダクトデザイナーの酒井俊彦さんに誘われて、ジュエリーブランド SIRI SIRI の岡本奈穂さん、中村直子さんと一緒に電鋳のメーカー、イシワタの工場見学に。

SAKAI DESIGN ASSOCIATE http://www.sakaidesign.com/
SIRI SIRI http://sirisiri.jp/  
イシワタ http://www.ishiwata.com/

b0141474_21194833.jpg


左奥から酒井さん、岡本さん、後ろを向いているのが中村さん、右はイシワタの企画・デザイン担当平田健志さん。

って、「電鋳」って何?
イシワタのHPを見ていたものの、実際行くまでよく分かってなかった。
そもそも「電鋳」。読み方も分かってなかったダメライターである。
(答え:でんちゅう)

電鋳は電気鋳造の略。
簡単に言うと、型に厚く電気メッキをし、メッキ部分だけ剥がしたもので、細密な金属加工品が作れる。

b0141474_21201931.jpg


葉っぱもこのとおり。
葉脈どころか、0.05~0.1ミクロン単位(目に見えない…)の凹凸の転写が可能。

b0141474_2151246.jpg


工場の中。職人さんが型からメッキ部分を剥がしているところ。
この後、曲げたり、磨いたり、色を付けたり、と加工して記念プレートや工芸品などに生まれ変わる。

こんな技術があるのか!
しかもすごい手作業多い、職人の力を感じた次第。

おまけ

b0141474_21211258.jpg


型にじわじわと金属メッキを掛けている間、型の端っこに金属が付着し、サンゴというか苔というか、そのような形に成長している。捨てられる部分だが、けなげな存在に愛着が湧いてしまった。
[PR]
by dezagen | 2012-02-27 01:33 | その他
チョコレート考28
ライター、渡部のほうです。

海外に行くと必ずスーパーマーケット(と可能なら市場)を廻る。
デザイン大国、イタリアならさぞかしすごいモダンデザインが!と思ってスーパーマーケットに行ってみたら、パッケージそっけなーい感じ、洗練されてないものが多くて驚いたことがある。
まだ市場や専門店の信頼が高く、みんなそっちで買うのかな?と食品専門店などを廻ってみると、今度は「ひょっとして50年前から変わってませんか?」みたいなパッケージ、あるいはパッケージもなくて包み紙だけ、ということが多く、これはこれでいいかも、と納得して帰ってきた。

こちらのチョコレートもイタリア、シシリーのもの。
ANTICA DOLCERIA RIZZA cioccolato di Modica 100g約1000円。

b0141474_11271910.jpg


お姉さんの絵柄も中のフィルムのパターンも昔風で、まあ、イタリアだからこういうものなのだろう、と、思ったのだが、が!
開けてびっくり、チョコレート本体が未だかつて見たことのないものであった。

b0141474_11301467.jpg


軽石みたいなテクスチャー。
粉を吹いたような超マット。
食べてみると、ざらっとしたチョコレート生地の中に砂糖(と今回の場合はヘーゼルナッツ)の粒がガリッと入っている。

何これ?おいしいかも…。

HP http://www.anticadolceriarizza.it/cioccolato.htm がイタリア語なので、google翻訳を使いながら、ようやっと理解したところによると、16世紀にシチリア王国に伝わったチョコレートの作り方を継承して作っているもの。

現在のチョコレートは、カカオ豆を炒ってすり潰したカカオマスにココアバター、粉乳、砂糖などなどを混ぜ、練って練って練ってとろけるように滑らかにして作られる。
製造工程参照:http://www.chocolate.or.jp/chocolate/process.html

ANTICA DOLCERIA RIZZA cioccolato di Modica は、16世紀当時石臼で挽いたくらいの粗いテクスチャーのカカオ豆のペーストがベース。
ざらっとしたチョコレートで、すんごいパンチのある(こういう言い方もうしませんかね)カカオの香りががつーんと来て、砂糖のガリガリっとしたテクスチャーも楽しい。

という、驚きがこのパッケージから伝わってこないのが残念だ。
というのは私がイタリア語ができないからだけど(裏読めば分かる)、ちょっと残念がもう一つ。

伝統的、昔ながら、レトロなパッケージも好きなのだけれど、このチョコレートの場合はちょっと半端に感じる。
バリエーション(柑橘味、コショウ、ペッパー、ショウガ、ナッツ入りなど)もあり、それが箱、左側のつぶつぶの絵や地の色違いで、フレーバー違いを表しているのだけれど、これがお姉さんの絵からくる「懐かしさ」を邪魔していると思う。
ベースの色違いだけですっきりさせたほうがいいのではないか。あるいは帯を使って見るとか。
中袋の素敵さも隠れていて惜しいし。
むにゃむにゃ。イタリアのパッケージデザインは難しい。

----------------------------------------------
2月27日 追記

イタリアのチョコレートのパッケージに半端感を感じるのは、本来輸出を目的としてないところに理由があるのかもしれない。

今回は、板チョコレートを中心に見ているのだけれど、それぞれ国も違えば、値段も違う。
ANTICA DOLCERIA RIZZA cioccolato di Modicaは1枚約1000円と、安くはないチョコレートであり、もともとのお店は比較的小さい個人商店のようだ。
どういうメーカーで、中身がどういったもので、ということを知った人が買うチョコレートであれば、外のパッケージにそれほど工夫は必要ない。
スーパーマーケット向けに作られた商品と、本来はターゲットが違う、と考えたほうがいいのだろう。

スーパーマーケットで陳列された際、どうしても競合商品と並ぶことになるし、消費者が必ずしもそのメーカーを知っているとは限らない。基本、情報がほとんど0な状況を想定して、他社製品との、あるいは同社でもバリエーション違いとの、「違い」をアピールする必要がある。

加えて、輸入食品のお店で見る商品は、スーパーマーケットでの陳列とも異なる。
その国、あるいは、その商品が陳列されると想定される市場の範囲を超えて、各地から取り寄せられているものが並列に並ぶ。
それだけに、見ていて面白いのだけれど、消費者からすると、全く知らない商品のパッケージからどこまで商品情報を読み込めるか、情報習得力が問われる場でもある。
[PR]
by dezagen | 2012-02-24 11:57 | プロダクト・パッケージ
DB shop 1周年
編集宮後です。
D-BROSのプロダクトを販売する直営店DB in STATIONが
1周年を迎えました。
b0141474_12432077.jpg


こちらが店内。JR品川駅エキュート2Fにあるショップには、
D-BROSのオリジナル商品のほか、自由にスタンプが押せる
コーナーがあります。

そして、おなじみのフラワーベースも10作品目。
新作は、高さが低いベース。短く切った花もきれいにまとまります。
きれいな写真にうっとり。
小さくて軽いので、海外のおみやげに使わせていただいています。
b0141474_1243308.jpg

b0141474_12433855.jpg

b0141474_12434439.jpg

b0141474_12435386.jpg


3月18日まで、ショップで2000円以上お買い上げの方、
先着111名様に1周年記念限定デザインの文庫ノートのプレゼントがあるそうです。
b0141474_124401.jpg


2月25日から、下記のポスターも販売されるとのこと。
20名限定。
b0141474_1363268.jpg


D-BROSの方に聞いてみたところ、一般のお客様にも定着し、
親子連れや高齢者の方々など、今までD-BROSの商品を知らなかった方々にも
楽しんでいただけているそうです。オープン当初の目的どおりに
ショップが成長しているんですね。
(オープン時、相方渡部さんが記事を書いています。
 http://dezagen.net/?p=713

お店の情報はこちら。
DB in STATION
港区高輪3-26-27 JR品川駅構内エキュート品川2F
10:00-22:00(日祝は20:30まで)
http://www.d-bros.jp
[PR]
by dezagen | 2012-02-24 07:54 | プロダクト・パッケージ | Comments(0)
rooms24
編集宮後です。
久しぶりの更新です。

九段下の科学技術館で開催されているrooms24を見てきました。
roomsは2000年からスタートしたファッションとデザインの国際展示会。
アッシュ・ペー・フランス 株式会社が主催し、
新進気鋭のファッションブランド、プロダクトデザイン・雑貨ブランドが
出展する展示会として注目されています。
http://www.pr01.com/#pages/rooms24.html

プロダクトデザインは入口付近にありました。
こちらは、京都のクラフトスタジオPULL+PUSH PRODUCTS.が
ハンドメイドでつくっているポリエチレン素材のプロダクトブランド「PE(ぺ)」
フィルムを電気ごてで溶かしてつくっているそうです。
昨年のDESIGN TIDEにも出展されていました。
b0141474_14124826.jpg


こちらは出口付近にあった、ジュエリー雑ブランドe.m.。
ここだけ別スペースで、展示も凝っていました。
台東区が支援するTAITO ZAKKA FASHIONとe.m.のコラボレーション
「LOVE BY e.m.」を発表。靴、鞄、バッグ、帽子、ベルトのメーカー5社と
開発した商品もありました。
b0141474_1413476.jpg


こちらもジュエリーブランド「ROGAVA」。
アメジストやラピスラズリなどの石を繊細にカットした
アクセサリーを製造するブランドです。ペンダントトップと
チェーンはそれぞれ別に箱に入っていて、好きな組み合わせが可能。
パッケージ、グラフィック、空間デザインとも同じ世界観で統一されいました。
全体的にジュエリーブランドはこうした世界観の見せ方が上手。
b0141474_14131260.jpg


ただ、今年ちょっと残念だったのは、展示会場。
今年の会場となった科学技術館は五角形の建物のため、
各ブースを見て回るのが大変なうえ、
壁面のカーテンや壁の違和感が展示の世界観と合っていない印象が。
関係者に聞いてみると、毎年会場となっている国立代々木体育館が
今年は借りられなかったそう。
b0141474_14132691.jpg


そんな状況でどのようにブースをつくって製品を見せるか、
各ブランドの手腕が問われる展示でした。
[PR]
by dezagen | 2012-02-24 07:24 | イベント | Comments(0)