エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2013年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
『デザインの現場』のこと(3)
編集宮後です。
経営陣同席の編集会議後、どうなったかの続きです。

最初は誌面のリニューアル会議ということで、どうすればよりよくなるかを考えるための会議だったらしいのですが、途中からおかしな感じになっていったようでした。

私はすでに雑誌編集部から離れていたので、毎月行われていたその会議には同席していませんでしたが、一度だけ同席するように言われたことがあります。

そのときはすでに紙媒体からウェブ媒体へ移行するという案が出ていて、残り3号のうちに完売しなかったら休刊、という話になっていました。ちなみに10年間で完売したのは1度だけなので、過去のデータから考えると完売する確率は1/60です。

ウェブを立ち上げつつ、紙媒体の刊行回数を減らして(たとえば隔月刊から年3〜4回刊行とか)続ける方法を提案しましたが、だめでした。

その後、2009年6、8、10月号と3号刊行されましたが、完売できず、2009年年内に休刊が決まりました。

休刊が決まったあとは、定期購読者に残額を返金し、取次に雑誌コードを返して手続きが終了。創刊するのはすごく大変ですが、休刊ってあっけないんだなと思いました。2010年4月号、170号で終わったことになります。

最後まで黒字だったので、なぜやめなければならなかったのかはよくわかりません。なのでいまだに自分の中では消化できず、それ以降、雑誌をビジネスとして成立させるにはどうしたらよいのか、社会にどんな影響を与えるのかを考えるようになりました。

そのことを実際の仕事で検証したいと思い、2012年には別の場所で新しい媒体を立ち上げました。2013年末までに4号刊行され、おかげさまで利益を出しながら続けていくことができそうです。Facebookと連動することで、海外からもたくさんのお問い合わせをいただいています。先日もアメリカの写真家から売り込みがあり、一緒に仕事をしました。将来的には英語版や中国語版も出せるといいなと思っています。雑誌制作の仕方も日々刻々と変わってきています。

今年の記事投稿はこれで終わりです。最後もやはり雑誌制作のことを書きました。来年も本を軸としてデザインを見る活動が続くと思います。皆様、よいお年をお迎えください〜。
[PR]
by dezagen | 2013-12-31 16:44 | | Comments(0)
ショッピングサイト「MONOCO」
編集宮後です。
以前からずっと気になっていた通販サイトMONOCOに取材をしてきました。

b0141474_1141365.jpg

http://monoco.jp

MONOCOはExcite ismの別ページでも毎回素敵な製品を紹介しているオンライン通販サイト。
http://ism.excite.co.jp/fashion/rid_E1387160176074/

もともとは日本にいる外国人が海外でうけそうな日本製グッズを販売するサイトとしてスタート。2012年から海外のグッズを日本に紹介するサイトへとリニューアルして今日に至っているそう。

MONOCOがあまたあるほかのデザイングッズ販売サイトとひと味違うのは、他ではなかなか手に入らないものを見つけてくるバイヤー(MD)の目利き力にあると思います。

うかがったところ、国籍も経歴もさまざまな7人のMDが気になる製品を見つけてきて毎日ウェブサイトにアップしているのだとか。なんと販売している製品の9割が日本未上陸。

これだけ多彩な製品が集まるのもMDのセンスがあってこそ。それぞれの個性もはっきりしているから、エッジのたった製品を探してこられるのかもしれません。

個性の強い製品がばらばらに集められているのに、サイト全体に統一感があり、MONOCOらしさが共有されているのも興味深いです。

MONOCOで買い物をするにはまず会員登録が必要。
登録すると毎日新しい製品がメールで送られてくるので気に入った製品をオンラインで購入することができます。
こちらが会員登録すると送られてくるメール。
b0141474_11422144.jpg


ジャンル別、バイヤー別、売れている順など、さまざまな角度から製品を探せるので便利です。
こんなふうにポスターだけ表示したり(上)、MDごとに表示したり(下)。

b0141474_1143285.jpg

b0141474_1143762.jpg


手づくり&少量生産の限定製品も多いため、見つけたときに買わないと買えなかったり、製品到着までに時間がかかったりするのもほかのサイトとひと味違うところ。
そうした不便さも逆に買い物の楽しみになります。
現在、会員は約10万人で、20〜40代の女性が中心。リピーターも多いそうです。

ネットショッピングというと必要な物を検索して効率よく買うイメージですが、MONOCOは買い物の楽しさをオンラインでも体験できる貴重なサイトだと思います。

言い忘れましたが、 毎回お約束の「これ、誰がデザインしたの?」。
MONOCOのロゴデザインはartlessの川上俊さん。{M} の形が目を引きます。

サイト全体の雰囲気、ユーザビリティなど、非常にうまくつくられている好例だと思いました。
[PR]
by dezagen | 2013-12-27 07:21 | その他 | Comments(0)
キャラクターを使えばいいってもんでもない
ライター渡部のほうです。

政治・政党に関して何か言えと言われても、何とも答えられない私(どこの政党に期待を込めても結局ぽんやりふんわりと分からない方向へと向かってしまうのでどこかの政党に対して何か言うということが意味がない)なのだが、政党が出してくるポスターに関しては、ちょっと言えるかもしれない。

そもそもが、うちの帰り道にどうしたって目につくところにあるこのポスターがイヤ。

b0141474_8354279.jpg

日本共産党のポスター。

なぜイヤなのか、そもそも「これ、誰がデザインしたの?」のブログに書く必要あるのかな、と思いつつ、しばらく経っているのだけれど、時間が経っても見慣れないし、やっぱりなんかイヤなのだ。

このキャラクター、何?この昔のPTAおばさんみたいな、やたら怒りそうな女性キャラ。
と思ったら共産党のサイトにキャラクター解説があった。
http://www.jcp.or.jp/kakusan/charactor/
雇用のヨーコさんというらしい。
サイトの解説によれば「数々の職場をさすらってきた(中略)自称25歳」
自称にしろ公称にしろ、25歳というと、大卒で3年、高卒で7年くらいの職歴があることになるだろうか。
高卒であれば、数々の職場をさすらってきたかもしれないな。
とはいえ、なんとなく曖昧なキャラだ。

そもそもこのポスターを見た時点で、このキャラクター知っている人もそう多いとは思えず、ただイラストとして「怒れる女性」を描いただけのように見える。

このキャラクターの使い方があまりにも安易なのがイヤ。
端のとがったざーますメガネを掛けた女性というのは、漫画の記号上、キーキーなんでもうるさく言う人、というイメージ(その実、私がそういうメガネをしてるんだけど)(それがイヤの原因かもしれない)。
左のポスターには「ブラック企業に“倍返し”よ」。今年の流行語大賞でしたっけ…。

「ブラック企業」という俗称があって、なんとなくやかましそうな女性キャラを貼り付けて、流行語を差し込んで、はい一丁上がり。
そんなポスターにしか見えないわけです。

中の人、って言い方はないか、日本共産党の党員写真も出ているけれど、この人達の生の言葉でもなく、リアルさがまったくないポスター。
これがスナックの広告だったらいいとは思うんだけど。
[PR]
by dezagen | 2013-12-26 09:28 | グラフィック
『デザインの現場』のこと(2)
編集宮後です。
「デザインの現場の現場」の続編です。

1998〜2010年までほぼどっぷりとデザイン取材生活を送ることになるわけですが、2000年代の社会の動きと雑誌の内容を振り返ってみると非常におもしろいことに気がつきます。

2000年は佐藤可士和さんをはじめとしてすでに実績のある有名アートディレクターが相次いで広告代理店から独立した年。広告営業機能を持たずに制作に特化するクリエイティブエージェンシーもできたりしてデザインシーンが盛り上がっていた頃。大規模な広告キャンペーンも多く、デザイン年鑑を賑わせていました。

そのころ編集部では、頼りになる先輩編集者たちが相次いで退社し、同年代の同僚編集者と2人でがんばらざると得ない状況になっていました。あまりに長い時間、一緒に会社に居すぎて、お互い話す内容や着ている服がシンクロするという不思議な現象も体験しました。幸いデザインシーンが非常に刺激的な時代でもあったので、貴重な取材体験を数多く積めたのもこのころです。

在職期間中、実売部数がいちばん多かったのも2000年代前半です。時代の勢いと編集部の情熱、読者の関心がいい感じで高まっていたころだと思います。

2004年にデザイン携帯が数多く発売され、「デザイナーズなんとか」が一般にも浸透してくると、
新しい局面を迎えます。

それまで一部のものだったデザインが大衆化されることにより、一般誌でもデザインが扱われるようになったのが2004〜2007年ごろです。デザイン雑誌もいくつか創刊されました。

対象となる読者が増える分、部数も増えるかというとそううまくはいかず、かえって読者が分散してしまい、思うように部数が伸びなかったのもこのころです。すでにデザインブームは去っていたのです。

そして2008年以降。
リーマンショック後、経済の落ち込みと同時にデザインの仕事自体がだんだん減ってきて、広告の大規模キャンペーンも極端に減りました。そうすると取材対象自体が減ってくるので、必然的に記事も小粒になってきます。

私は2007年に体調を崩して編集部から離れ、連載だけ担当していたので詳しくはわからないのですが、特集企画を考えるのも大変だったと思います。

そんななか2008年に企画された「世界を救うためにデザインができること。」はいい企画でした。NY MoMAで開催された展覧会「Design for the other 90%」(世界中の90%をしめる発展途上国の人々のためのデザインを集めた展覧会。泥水を飲料水に変えるストローや、転がして大容量の水を運ぶ容器などを展示)のほか、トリアージタグや担架、ヘルメットなど災害時に必要なデザインなど、社会的意義の大きいデザインを紹介した特集でした。大災害を経てソーシャルデザインが注目されている今ならその重要性にすぐ気づけますが、当時は特集するのが早すぎたのかもしれません。

そして2009年。経営陣が同席する編集会議が頻繁に開かれるようになり、事態が急展開していくことになるのです(続く)。
[PR]
by dezagen | 2013-12-26 07:05 | | Comments(0)
『デザインの現場』のこと(1)
編集宮後です。
最近、『デザインの現場』のことについてよく聞かれます。
公式ページがすでに残ってないことに加え、休刊した理由がよくわからないからかもしれません。

『デザインの現場』(以下、デザ現)は、月刊『美術手帖(BT)』の別冊として『デザインの現場から』という雑誌名で刊行されました。BTと同じA5サイズです。その形態で3号出たあと、1984年1月号から『デザインの現場』に名称変更され、B5判の隔月刊定期刊行誌となります。

創刊1〜5号目までの特集記事を見ていくと、
「GK設計」(1984年1月号)
「資生堂」(1984年3月号)
「ミュージカルキャッツのデザイン」(1984年5月号)
「トミー(注:玩具製造会社のほうです)」(1984年7月号)
「ダイハツ」(1984年9月号)
「松下電工」(1984年11月号)
と企業関係の取材が並んでいます。

たとえば、資生堂の取材では社内デザイン部(宣伝制作室といいます)の仕事場の写真が掲載されているなど、まさにデザインが生まれる現場とそれにたずさわる人を取材していたようです。

創刊編集長に当時の編集方針を聞いたところ、とにかく写真でリアルに現場を伝えることを主軸に
徹底的に現場取材をしていたそうです。まだ職場にコンピュータがない時代なので、仕事場にはいろいろな道具や模型もたくさんあって写真映えすることも幸いしたと思います。
(今だとパソコンが目立ってしまってどの職場も似てしまうのではないかと思います)

1985年からは、木やガラスなどの工芸、コンピュータ、イラストなど、より多彩な特集が組まれるようになります。それ以降も編集長が変わるたびに、内容が変化していき、90年代半ばにリニューアル。90年代後半には再びがらっと内容が変わり、印刷や文字などのテーマが本格的に取り上げられるようになっていきます。私が参加したのはこのころです。
(ちなみに雑誌デザインは、1984年創刊〜1995年まで中垣デザイン事務所、95〜96年あたりが坂哲二さん、96〜2010年休刊までをマツダオフィスが担当しました)

内容が変わっても、創刊当時から貫かれている基本コンセプト「あらゆるジャンルのデザインを取材して紹介する」という指針は変わりません。グラフィック、プロダクト、インテリア、建築、ファッション、写真など、取材対象は多岐にわたりました。

創刊当時の号を見ていて、こんな文章を目にしました。
「モダンデザインから伝統工芸まで、個人のイラスト・絵本からメーカーの機械製品、建築やファッション、舞台デザインまで、わたくしたちの生活にかかわるあらゆる分野を多岐にわたって紹介」。

先輩から面と向かって教えられたことはないですが、無意識のうちにコンセプトを共有していたように思います。誌面は変わっていっても、はずせないコンセプトだけは編集部という場を通じてしっかりと共有されていくのでしょう。

2000年からは文字や印刷などグラフィックデザイン周辺の実用的な情報中心に、読者に役立つ誌面づくりを目指しました。タイポグラフィ、印刷、造本、独立などのテーマは特に人気があり、よく売れましたが、当時から10年以上経ち、社会が変わっている現在も同じようなテーマの特集が繰り返されているのは不思議な気もします。

私たちも最後のほうはそうした特集をリピートをしてましたが、それだけが原因ではない気がします。2000年代のデザイン業界を振り返りつつ次に休刊までのあしどりを追ってみます。[続く]
[PR]
by dezagen | 2013-12-23 22:37 | | Comments(0)
タイポグラフィーライブ&mt ワークショップ開催のお知らせ
ライター渡部のほうです、というか、東京造形大学教員の渡部千春のほうです。

東京造形大学の2013年度、最後の授業日にワークショップを行います。
大学外部の方も参加大歓迎。

で、どのような内容かと申しますと、
b0141474_19381272.jpg


アルファベットのプリントアウトを切り貼りして、タイポグラフィーのコラージュを作る、というのが主旨。
プラス、私が昨年度から学校を中心にやっている、mtワークショップ(mtで好きな作品を作ってもらうもの)を、組み合わせたものになります。
2時間程度の間に、アルファベットとマスキングテープでどんなコラージュが作れるだろう、というものなのです。

時間は
1/11(土)1:30PM〜(2時間程度の予定)
東京造形大学 8号館 8-205・206(グラフィックデザイン演習室)

さらに、ゲストがいらっしゃいます。
ゲスト:高谷廉(AD&D)
グラフィックデザイナー/アートディレクター
1976年仙台生まれ。1999年東北芸術工科大学彫刻科卒業。good design companyを経て、2011年AD&D設立。ポスターなどのグラフィックを中心に、ロゴやサイン、ショップやキャンペーンのアートディレクション及びグラフィックデザインを手掛ける。主な受賞にNY TDC 審査員賞(’11, ’13)、ONE SHOW DESIGN Merit (’11,’12)、The Brno Biennial 2012 Visitors’Award、91st NY ADC Silver、D&AD IN BOOK(’12)、JAGDA新人賞(’12)、日本タイポグラフィ年鑑ベストワーク賞(’12)、グランプリ(’14)ほか受賞。www.ad-and-d.jp

司会進行:カイシトモヤ、渡部千春(東京造形大学)

参加費無料
当日現場にお越しになれば、どなたでも参加できます。
美術学生、デザイン系の方だけでなく、中高生や一般の方など、どなたでも楽しめます(対象年齢10歳以上)。

当日持参して欲しいもの(●についてはなるべく各自で持参ください)
●はさみ、カッター、カッターマット、のり等の切り貼りに使う道具。
○コラージュ素材として使いたい紙ものがあれば(不要な雑誌など)
○下地のA4上質紙、文字素材やマスキングテープはこちらで準備しますが、下地用に好きな種類のA4サイズの用紙があれば、持参可。

というような内容となります。

参加費無料、予約不要ですので、当日飛び込み参加で結構です。
東京造形大学 アクセス http://www.zokei.ac.jp/smenu/access.html

フライヤーのダウンロードはこちらから。
http://share.room-composite.com/typelive.pdf

不明な点があれば info@room-composite.com までお問い合わせ下さい。
[PR]
by dezagen | 2013-12-18 19:51 | イベント
これ誰フェア開催
編集宮後です。
代官山の蔦屋書店 デザイン書売場で
「これ、誰がデザインしたの?」フェアが始まりました。
このブログを書いている筆者の渡部さんと
担当編集者の宮後の関連書籍を展示していただいています。
b0141474_0362332.jpg

(https://twitter.com/DT_architecture/status/412202538843123713/photo/1
より写真をお借りしました)

私は編集担当の書籍内で文章を書くことは多いんですが、
著書がないので、編集担当本を置いていただきました。

展示されているのは渡部さんの新刊
『スーパー!』(装丁:溝端貢)
『続これ誰がデザインしたの?』(装丁:TAKAIYAMA inc.)
『日本ブランドが世界を巡る』
宮後編集担当書
『まちモジ』『フォントのふしぎ』(装丁:cozfish)
『TYPOGRAPHY01-04』(装丁:atmosphere ltd.)
です。

二人でつくった書籍『これ、誰がデザインしたの?』が
版元在庫切れで入手できないのは残念ですが、
『続これ、誰がデザインしたの?』の色にあわせて
ピンクにペイントしていただいております。

二人の手書きPOPもつけてありますので
お近くにおいでの際はぜひご覧ください。

代官山蔦屋書店
東京都渋谷区猿楽町17−5
(3つある棟の中の真ん中、奥のデザイン書コーナーで1月中旬まで開催予定)
http://tsite.jp/daikanyama/store-service/tsutaya.html
[PR]
by dezagen | 2013-12-16 00:37 | イベント | Comments(0)
Not Another Bill
ライター渡部のほうです。

以前、今年のロンドンのデザインイベントのブログで http://blog.excite.co.jp/dezagen/21097893/ ちょっと書いた、NOT ANOTHER BILL www.notanotherbill.com

定額を支払うと毎月サプライズギフトが届く、というもの。
先月はロンドン在住スウェーデン人のLotta Cole www.lottacoledesign.com のNOT ANOTHER BILL オリジナルデザインドアストッパー、今月はBAGGUのDUCK BAG www.baggu.jp/lineup/duckbag.html が届いた。

b0141474_1563172.jpg

バッグの包み紙にNAB(NOT ANOTHER BILL)のエンボスが押してあったり、パッケージがかわいい。

楽しいし、割と趣味に合うんだけど、ロンドン発なため、日本までだと1ヶ月30ポンド(現在5000円強)。
うーん、高いかなあ。かわいいんだけどなあ。
[PR]
by dezagen | 2013-12-07 15:10 | デザイナー紹介
BILLA CORSOのパッケージ
ライター渡部のほうです。

取材をしていないのだけれども、とりあえずこれすごいよ、という話。

オーストリアのスーパーマーケットの中で燦然と光り輝いて見えた、プライベートブランドのシリーズ、BILLA CORSO
b0141474_1435921.jpg

www.billa.at/BILLA_Marken/BILLA_Corso_Marke/Corso/dd_bi_subpage.aspx

何がすごいって、イラストレーションがただ事じゃないのです。
b0141474_14365571.png

ベーグル自転車に乗るおじさん
b0141474_14371265.png

パイナップル頭の兵隊さん
b0141474_14372551.png

蛸をバッグにするおばさん

もっと見たい、という方は上のプロダクト紹介サイトをご覧下さい。もしくはこちらからパンフレットがダウンロード可能。長いけど、時間掛かるけど。
https://www.billa.at//layouts/dd_bi_flugblatt.aspx?url=http%3a%2f%2fwww.billa.at%2fdownloads%2fflugblatt%2f2013%2fCorso_Folder&returnUrl=https%3a%2f%2fwww.billa.at%2fProdukte%2fBILLA_Corso_Marke%2fCorsooverview%2fdd_bi_subpage.aspx#/f8194cfd-fc84-476e-b081-0bd09826940d/0

オーストリアで広く展開するスーパーマーケットチェーン、Billaのプライベートブランドの高級ラインとして、BILLA CORSOは何年か前からあったようなのですが、このパッケージに変わったのは今年2013年の6月のこと。
国内ではかなり評判がよいようで、ニュースに上がっています。
来年のカンヌ広告賞に選ばれそうな予感。

パッケージの肝になっているのは、線画エッチングのようなイラスト。
ロンドンをベースにして活躍する、キャロライン・チャーチさんが手がけたそう。
実際はエッチングではなく、スクラッチボードと呼ばれる黒い塗料の塗ってある紙を、ナイフで白い部分が残るように削っていく方法。
www.illustrationweb.com/artists/CarolineChurch/view

こちらは動画を手がけたFrendly Fireのサイト。絵が動くと気持ち悪いです
http://friendlyfire.at/work.html#237-billa-corso.-delicate-compositions

ヨーロッパのプライベートブランドは最近頑張ってます。
でもスーパーマーケット中心で商品が展開されると、その国・地域内、どこへ行っても同じ商品ということになり、面白さに欠けてくるので、ナショナルブランド(特に地元の小さいブランド)も頑張って欲しいところ。
[PR]
by dezagen | 2013-12-03 15:00 | プロダクト・パッケージ
ウィーンのスーパーマーケットにて
ライター渡部のほうです。

ブルジョワの街(偏見)ウィーンなので、やっぱりオペラやワイン専門店じゃないと、なんてことはなく、そんな優雅な街でも、スーパーマーケットばかり行ってしまう。

b0141474_3461977.jpg

クラシカルなパッケージは何かと思えばマヨネーズ。
マヨネーズ和えサラダの多い国なのに、なぜかマヨネーズのパッケージは小振りなものが多かった。

b0141474_5431962.jpg

怖い、ミルカの鬼チョコレート。
こちらのクリスマスはサンタクロースより鬼(というより悪魔か)のキャラクター物をよく見る。
いい子にしていないと焼かれる。

b0141474_5445450.jpg

SUSHIはインターナショナルフードになっているのだが、枝豆(皮付き)にぎりは初めて見た。

b0141474_546155.jpg

砂糖の消費量半端ない。上の小さいパックが1キロ。
下の包みはいったい何キロなのか見るのも怖い。

b0141474_5471949.jpg

上のもそうだけど、Wiener Zucker、種類が多くてお菓子用などパッケージがかわいらしい。
www.wiener-zucker.at/index.php?id=6

b0141474_1023062.jpg

こちらはジャム・コンポート用。砂糖の量1に対し、フルーツ1倍、2倍、3倍で砂糖が違うらしい。
何が違うのかよく分からないが、パッケージが違うことだけは分かった。
上の棚は別会社だけれど、とにかく砂糖の種類が多い。

b0141474_554381.jpg

オーストリアはドイツ語圏だけれど、クマキャラは意外に少ない。ドイツでは石を投げればクマに当たるのに。

b0141474_604734.jpg

ロバが小麦を運んでる。

b0141474_611618.jpg

なぜヨーロッパの女の子には馬キャラなのだろうか。

b0141474_615497.jpg

ヨーロッパにおける正統派オリエンタルイメージ。

b0141474_62176.jpg

生活必需品は無骨シンプル。バター。

b0141474_623143.jpg

チーズ感のないパッケージ(好きだけど)。

b0141474_63796.jpg

牛のキャラクターは世の中で使い倒されて、実際の牛はもうどうでもいい、想像の生物の域に入っていると思う。

b0141474_643265.jpg

「チロリアンはギンガムチェックなんですよ」と言われて「?」だったのだが、よく見るとオーストリア産チロリアンなものにはあらゆるところにギンガムチェック。

b0141474_655896.jpg

スーパーマーケットの菓子売り場をぼーっと見ていたら現地のおしゃれお姉さんに「お土産ならMannerよ!」とアドバイスされるほど、というか、アドバイスされなくても一目瞭然で、売れているブランドだということが分かる、というより、このお菓子しか食べてないんじゃないかというほど多かった、ウエハース菓子のManner
www.manner.com

オーストリア航空の人にまで勧められるので、本店に行く。
b0141474_6114548.jpg

ピンクづくし。
実はこんなものを購入してしまった。
b0141474_6122622.jpg

Manner専用自動取り出し器。
で、店の前(とはいえ正面入口は人がすごかったので、店の横看板の前)で記念写真。
b0141474_614329.jpg


b0141474_6142583.jpg

世界に展開するスーパーマーケットチェーンSpar
オーストリアのプライベートブランドプレミアムラインSpar Premiumは、ピアース・ブロスナン(5代目ジェームス・ボンド)でプレミアム感お腹いっぱい。
www.spar.at/de_AT/index/spar-marken/PREMIUM/Produkte.html

b0141474_6225983.jpg
b0141474_622403.jpg

今回一番の出物であったプライベートブランドはBillaの高級ラインBilla Corso。
クロワッサンを吹く兵隊に葡萄カツラのおじさん、素晴らしいイラストレーション。
これに関してはまた別途。

b0141474_6252592.jpg

まずそう。うさぎの菓子。

さすがカフェ文化のある国、コーヒーの種類も多かった。
b0141474_6303254.jpg

地元ブランドで一番有名なJulius Meinl www.meinlamgraben.at クリムト風のパッケージがきれい。
3賢人のJ. Hornig www.hornig.at もルシアン・ベルンハルト風でいいなー。HPの映像もお上手。

渡部さんって、安いものしか興味ないのかしら、と思われても仕方ないのだが、今回はデザイナーのO島さんに教えてもらった、パッケージが鬼かわいいチョコレート専門店Altmann & Kühneにもちゃんと行ってきた。
b0141474_6293526.jpg

私が撮った写真は全部ブレてたので、HPでその愛らしさをご堪能下さい。
www.altmann-kuehne.at

とはいえ、基本スーパーばっかり行ってますけど。
『スーパー!』飛鳥新社 1500円(税込み)発売中です(宣伝)。
www.asukashinsha.co.jp/book/b146003.html
[PR]
by dezagen | 2013-12-03 06:44 | プロダクト・パッケージ