エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2014年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
「ここをホッチキスでとめてください。」
編集宮後です。
1月17日からクリエイションギャラリーG8で、トラフ建築設計事務所による展覧会「ここをホッチキスでとめてください。」が始まりました。

すでにSNSなどで話題の展覧会なので、あらためて説明するまでもないかもしれませんが一応。

トラフ建築設計事務所は、建築の枠を超えて、さまざまなジャンルで活動を続けている建築家。
建築・インテリアのお仕事のほかにも、プロダクトデザイン、舞台デザインなどその活動内容は多岐に渡ります(詳しくはウェブサイトをご覧ください)。

普段はグラフィックデザインやイラスト、写真など、平面系の展示が多いG8で、建築家が展示すると聞いてどんな展示になるのか、とても楽しみにしていました。

展示空間写真はこちら。
b0141474_1683154.jpg

b0141474_1684310.jpg

会場に木材を運び込み、その場で組み立てていったそうです。
(設営に約1週間かかったとか)
そこにトラフがいままでに発表した仕事やさまざまな仕掛けをほどこし、それぞれの展示を来場者が触って体験できるように構成されています。

入口の紐を引っ張ると打楽器のように缶が鳴ったり、伊千呂の「コロロデスク」に座って
かみの工作所の紙のゲームで遊んだり、一つ一つに遊べる仕掛けが施されていました。

展覧会名「ここをホッチキスでとめてください。」は展示ポスターの中に記載されていた一文からとったそうです。ポスターを折り畳んでホッチキスでとめるとカタログになるというすぐれもの。
会場でポスターを購入し、その場でカタログをつくって持ち帰ることもできます。
(ポスターデザインは、トラフと一緒に数々のプロジェクトを手がけているデザイン事務所「TAKAIYAMA inc.」)
b0141474_169306.jpg


その隣では、トラフ関連グッズが当たる豪華なくじびきも用意されています(1回500円でハズレなし!)。同行者はTシャツが、私は本が当たりました(自分が担当した本じゃなくてよかったw)。
b0141474_1685815.jpg


楽しい仕掛けは隣の部屋にも続きます。
二人向かいあわせで座ると....何かが起きる鏡や紙でつくった舞台美術の模型展示など、遊園地のおばけやしきのように次から次へといろいろな仕掛けが飛び出してくる感じといったら分かっていただけるでしょうか。大人も我を忘れて楽しめる展示でした。
(子供と一緒に行くとさらに楽しいと思います)

建築、デザイン系の方々には、「楽しかった〜」で終わらずに、「楽しい」の裏にあるトラフの考え方やアイデアを感じとっていただけるとよいかなと思います。

あまり詳しく書くとネタばれになるのでこのへんで。
展示はクリエイションギャラリーG8で2月13日まで開催。
日曜日はお休みなのでご注意ください。
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/g8_exh_201401/g8_exh_201401.html

展示に行かれる前にはG8のFacebookやトラフのTwitterで現状を確認されてから出かけると
さらに楽しめると思います。
https://www.facebook.com/creationgalleryg8?fref=ts
https://twitter.com/_TORAFU
[PR]
by dezagen | 2014-01-28 07:36 | 展覧会 | Comments(0)
クリエイタ−100人からの年賀状展 vol.9
編集宮後です。
続けて、神保町の竹尾見本帖本店で開催されている「クリエイタ−100人からの年賀状展 vol.9」です。

会場写真はこちら。
b0141474_16205265.jpg


毎年このブログでもご紹介し、すでに定点観測と化していますが、毎年続けて見ることが大事なので。

見続けていて気づいたのは、特殊印刷加工が減ってきたというのと毎年同じフォーマット(?)を踏襲している事務所が多いかもということ。「あの事務所から来た」と認識してもらえるので
一つテーマを決めて毎年展開していくというのもよいかもしれません。

個人的には「今年はこんな仕事をしました」みたいな年賀状をいただくとうれしいです。Facebookなどで近況はわかるものの、やはり本人から直接いただくとうれしいので。

こちらは2月28日まで。土日お休みなのでご注意ください。
http://www.takeo.co.jp/site/event/central/201310.html
[PR]
by dezagen | 2014-01-28 07:18 | 展覧会 | Comments(0)
女子の自己愛はどこへ行くのよ
相変わらず仕事が詰まっているのに全然終わらない、ライター渡部のほうです。

先日、Kpop の「AOA - 짧은 치마 (Miniskirt) Music Video Full ver.」


を見て
「韓国女性アイドルグループのセクシー路線は、女性が描く憧れの女性像に見えるけど、よく分からないのは「セクシーな私、素敵」という自己愛が強いのか、「ここまでやっていい男を釣ろう」という餌の意味が強いのか、どっちだろう。」
とツイッターでつぶやいたところ、「自己愛」という反応をもらったので、思い出したのだけれど、昔、某女性用下着メーカーに取材に行ったときに、ピンクが圧倒的に人気で、人に見せることが目的ではなく、かわいい下着を着ている自分がかわいい、と思うため。云々という話。

デザイン史を勉強していくと、女性が「男性から評価される存在」から「自分を評価する存在」という流れが分かってくるのだけれど、その時に使われる小道具として、先に出したAOAのような、ミニスカート(ってタイトルの曲だし)から見える脚線美、ピンヒール、ガーターベルト、レース、というような割と古典的な道具、つまり男性から評価されている女性が使う道具、が使われているのが面白い。

(1960年代ミニスカートの出現に一役買ったマリー・クワントは、自分達で自分達の好きなものを着るわ、というユースカルチャーの1つだったけれど、そのミニスカートから出ている足は、女性的な脚線美というより、ツイッギーを代表とする少年か少女か分からない未成熟な脚だった)

むろん、細かいところでは進化(?)していて、マニキュアが「男性に不評な」ネイルアート(これもツイッターで教えてもらった)、デコってるつけまつげ(あれ、まばたきするとき重くないのかな)、カラコンなど、新しい武器を手に入れているのだけど。

ホントはここで、Kpopの女性アイドルが日本のアイドルよりも、主にアジア全域を中心として世界的に評価が高いのは、古典的記号を使っているから、というところまで持って行きたいのだが、それでは話が飛躍しすぎで、中間の考察が抜けている。

現状言えることは、
1)韓国のアイドル業界のように競合が多い状況では、さらに上をどんどん目指さないといけないのだろうけど、段々重苦しくなってきて、どこを目指しているのか分からなくなってきていること(うちはこれ持ってる、って物量—この場合はモリモリの記号の量—の自慢は負担が大きくなるだけだと思う)、
2)女性の自己愛が拡張すればするほど、古典的(とはいえ1950年代くらいか)な道具が出て来る、というのが興味深い、
というところまで。

別な話になるけれど、最近男性アイドルもセクシー路線が行きすぎているというか、ジャケットの下に何も着ていないとか、妙なカットで肉体見せてるとか、「何か着忘れてますよ」と言いたくなる状況を越して、ブリーフ一丁、というのを見かけるのだが、

[MV] HISTORY(히스토리) _ What am I to you(난 너한테 뭐야): http://youtu.be/sYY_rV78pLk

AshGray (애쉬그레이) - 어린왕자 (The Little Prince) MV: http://youtu.be/0qensUD8eyE
(これはこれで目隠し+ブリーフ一丁でなんだか気持ち悪いビデオなんだけど)

これも女性へのサービスなのか、自己愛なのかよく分からない。

私としては若い男性にはちゃんとこぎれいな服着てくれたほうがいいのだが、視聴者として40代女性は入ってないはずなので、それは多分どうでもいい。
もう少し言うと、男子の「何か着忘れ」「肉体自慢」をされると、「ああ、鍛えないと」とジムの予約をしてしまう、男性体型というか筋肉付きやすいどっしり型農民体型な私なのです。
[PR]
by dezagen | 2014-01-28 07:04 | その他
台北、街の味なもの
ライター渡部のほうです。

本当はブログなんて書いている場合ではない、ライター渡部のほうです。
自宅パソコンの左側には未処理のファイルを置いておくのが、段々パソコンの大きさを超してきていて、猛烈焦っている渡部のほうです。
どの仕事を優先すればいいのか分からず、ぽかーんとしたまま、起きてからすでに1時間経っている渡部のほうです。
ああ、どうしよう。

とりあえず、原稿はこの直後に書くとして、台北で見つけた「味な物」。

b0141474_81718.jpg


b0141474_811938.jpg


facebookのほうに上げたりしていたのだけれど、何度見てもこの文字はいい。
最初、「壬木春」と読んで、ああ「木春」じゃなくて「椿」か、すごい文字だな、と思って側面を見てみたら、もっとオツな文字だった。

成の字って「戈(ほこづくり)」だったのか、そうか(小学校4年生レベル)。
炭の中の「火」が傾いでいるせいで、なんだか人の顔に見えてくるし(ちょっと怒ってる顔ね)。
えーっと横棒と縦棒が同じ太さの場合は横棒のほうがやや太って見えるので、少し細めにするのだったっけ、というか、楷書だと縦棒が太くなるんだったか、あれ?
本当にこのパーツのつながりでよいのか、中国語辞典や、国語事典を見直したり、書き順サイトを見たりさせられられる。

のだが、結局のところ、この文字はノールールなのだろうな。
手描きかと思ったのだが、水平垂直の文字は定規で引いたように真っ直ぐだし、よく見るとMADE IN INDONESIAと書いてあるが、インドネシアの人が見よう見まねで書いたのだろうか、それにしては上手い。
どうやったらこの文字が作れるのか、このフォントがあるのなら欲しいところだ。

実際、この段ボールが欲しかったのだが、所有者が見当たらず、中の炭ごと持って行ったら犯罪なので、写真だけになってしまった。悔しい。

一応会社のHPがあった。
www.charcoal.com.tw
このサイトも写真がなんとも臨場感があっていい。

も1つ、
b0141474_843282.jpg

改造車、とまでは言わないか。
木箱を足下に置いたバイク。
木箱の手作り感いいなあ。
[PR]
by dezagen | 2014-01-19 08:58 | グラフィック
今度は景観について考え中
今台湾にいてこれから東京に戻る、ライター、渡部のほうです。

いま抱えている仕事の一つが「街の景観とお店の外観、看板など」というテーマ。
台北の街中は地図上では格子状に作られ、都市計画に基づいて作った印象もあるのだが、実際歩いていると、全体的な景観を意識して作った、というよりは、個人のビルオーナー、家主が好きなように、地形に合わせて作ったなあ、と思わせるものが多い。

特に今回は山の中(とはいえ、中心地から地下鉄で20〜30分ほど)にいたので、傾斜地に作られた民家の強引な作り(中に『マルコビッチの穴』みたいな半分階がありそうな)に驚き、かつ、それがどうも50年くらい経っていそうな物件だったりして、すでに風景と化している感じがたまらなく良かった。

家、土地バブルがまだ続いているようで、新聞を見ても1面広告で新しい高層マンションの広告が、見開き毎にあったりするのだが、恐らく住宅地や商店街の中に突然古代ギリシャ風コリント式、だったり、ヨーロッパ宮殿風だったり、その突然感がすごい。
こういうのも、ビルオーナーの趣味で作っちゃったんだろうな、と思いつつ、自分では住みたくないけど、そんな突然と強引(他人様の土地に向かって失礼ですな)の組み合わせに、また感心してしまうのだった。

(というところまで書いたら、フライトの時間になってしまったので、今東京。)

東京に戻ってくると、もしくはヨーロッパなど行くとなおさら、「土地計画」という言葉が思い浮かびそうな整然とした家、マンション、ビル、街並みで、驚きがない。
もちろん住む側に取ってみれば、毎日驚きながら住むよりは、安定している方が住みやすいわけで、他人からあれこれ言われたくはないと思うのだけれど、とはいえ、街としての「味」に欠けるなあ、と思ってしまう。
台北(は最近都市開発が非常に進んでいるけれど)やバンコク他、アジアの街を歩いていて、いきなり歩道がなくなっていたり、突然の段差に足をぶつけてみたり、細い小路を抜けていくはずが、最後は身体を横にしないと抜けられない状態になっていたり、と、味ばかりの街では、困ったことになるのだろうなあ。

そもそも、街、というのは自治体に「作られるもの」なのか、個人が「作るもの」の集合体なのか、というのも、気になるテーマではある。

「街の景観とお店の外観、看板など」についての原稿は、普通に考えて全体的な統一感や、歴史ある街の美観などをどう作るか、という流れで書く予定だけれど。
[PR]
by dezagen | 2014-01-18 20:26 | その他
本屋について考えたら
ライター渡部のほうです。

スパルタ美術学校の妄想はこの辺でやめることとして(いや、また妄想がぶり返してくるかもしれないけど)、実際の学校、私が教員として勤務している東京造形大学で出した課題「本屋さんのCI計画」について。

町中の書店がどんどん減っているいる今、既存の書店の問題点や課題を考え、それを解消するような書店を新しく考える、というテーマを去年と今年課題として出した。

この課題を考えた当初は、オンラインショッピングとの連動や、ネット上とは異なり実際に本を触れる利点を活かしたサービス、高齢化社会に向けたサービスなどが上がるのかな、と勝手に想像していたのだが、学生と接していて面白いのは、自分にない考えを持ってくるところで、やはり、自分の想像とは全然違うものが上がってきたのだった。
アート専門書店、児童書専門店、音楽専門書店、手紙関連書籍専門店、恋愛関係書籍専門店など、個々にはかなり異なるアプローチだったけれど、ざっくりまとめると
「専門書を扱い、関連する物も販売。イベントなども行い、カフェやバーなども併設するスペース」
という提案が多かったのが特徴的だ。

昨年度も今年度も少人数のクラスだったので、これが世間一般のメジャーな声とは言い切れないが、書店に対する考え方の変化が表れていると感じた。

私(40代、地方都市出身)からすると、書店は情報の源であり、知識や知性を得るための場所。書籍は現実の生活では知り得ない世界を見せてくれる新しい世界への入口だった。自宅にいてもテレビや新聞があったが、それよりもさらに踏みこんだ世界、大げさに言えば「知を得るための場所」だった。
(今考えると、公立図書館という選択肢もあったのに行ってなかったことは悔やまれる)

知識を得るということに対しても、今よりステータスがったように感じる。
友達に言わせると「頭がいいとか知識があるとかが“お洒落”なネオアカ(分からない人はググって下さい)の世代なので、見せかけの知性」だそうだが、それでも、だ。

話が逸れそうなので、もう一度まとめると、書店は知性の象徴、という意識があった。

現在の学生(20代)からすると、書店に対するステータス感はほぼないに等しい。
聞けば、ほとんど書店には行かないそうだ。
言われてみると、自分自身もなかなか書店に足を運ばなくなった。
欲しい本があればオンラインで注文する。
そうでなくとも、情報はネット上に溢れている。
美術書など物としての書籍を楽しむ特殊な場合を除き、書店でなければ、という必然性が薄れている。

学生が提案してくる「専門書店」の目的は、同じ目的や趣味の人々が集まることのできる共有空間であって、その中で販売される書籍は空間アクセサリーの一部でしかない。
書籍販売をテーマにした課題だったが、見えてきたのは、彼ら、というより自分も含めて私たちは、同じ感覚を共有できるスペースの必要性を感じているということだ。

100年くらい前のヨーロッパだと、主催者のマダムがいて、マダムが気に入ったアーティストや文人が招かれるサロン、あるいは政治的な主義を共にするメンバーが集うクラブ、結社、みたいなものだろうか。
そこまで濃厚、過激なものではないのだろうけど。

同じ目的や趣味の人々が集まる、というだけなら、既存の、例えばアートが好きならばギャラリーがあり、音楽ならばミュージックショップがありフェスがあり、料理が好きなら料理教室、語学をやるなら語学教室、編み物クラス、手芸工房などなどが存在している。

だが学生が提案するスペースでは、ワークショップやカフェスペースなど、もっと会話やコミュニケーションを楽しむ要素が盛り込まれていた。
現実にこうしたコミュニケーションを促すスペースに需要があり、不足しているのであれば、これは1つのビジネスとしてありうることなのだろう。

その場合、書籍は必ずしも必要不可欠な要素とは言えないのだが、そのコミュニケーションのテーマを表す媒体として、書籍の形態は分かりやすい。
例えば文具好きの人々が文具について語りたい場合、文具だけが揃っていても、単に文具店と扱われるだけだが、文具に関する書籍が並んでいることで、ある程度時間を割いて、文具に関する知識を得る場所だと認識できる。

知を集成した書籍形態というより、人々にその意識を形あるものとして示す、いわば看板的な存在としての書籍形態。こうしたものが必要とされるのであれば、書籍の、プロダクトとしての形、重量、見かけ、そんなものも変化していくような気がする。
[PR]
by dezagen | 2014-01-14 07:09 | その他
スパルタ美術学校     があったなら その2
ライター渡部のほうです。

「スパルタ美術学校     があったなら」と書いて、アップして、寝た。ところで、なんとなくまだ創造力が乏しいような気がし、寝床でスパルタ学校に足りないものとはなんぞ、というのをぼやーっと考えていたのだが、やはりこれだろうか、と思いついたのは
「鬼軍曹」
とはいえ、軍隊ではないので、我々の世代なら記憶にある中学の頃までは確実にいた
「木刀か竹刀を持ってる先生兼生活指導の先生」。

後者ではあだ名として長すぎるので、影のあだ名「鬼軍曹」としておこう。
そんなキャラを想像すると、スパルタ美術学校も色が付く。

スパルタ美術学校は寄宿制なので(勝手に想像中)、プライバシーもへったくれもない大部屋に二段ベッドが並んでいるところで学生は生活をしている。
朝は二段ベッドの柱が鬼軍曹の木刀でなでるように音を響かせる、カコーンカコーンというエコーおよびその振動で目が覚める。当然そんなことを毎日毎朝御軍曹がやるので、二段ベッドの柱も特定の場所に木刀の跡が付いている。しかも1ミリも狂わず木刀のサイズだ。ああ怖。

鬼軍曹の指導方針には、学生の個性などは邪魔なので「お前らの個性なんて地中の蟻ほどの価値もない。せいぜい地中に出られても、女王蟻のためにご飯を探してくるくらいが関の山だ」などと言うのだが、果たしてその蟻の話は何かの比喩なのか、さっぱり分からない。ぽかーんとしていると、睨まれる。うっかりご飯などこぼそうものなら「お米一粒に七人の神様だ。残さず喰え」と床に落ちたご飯まで食べさせられる。

って、私は一体何の想像をしているのだろうか。
こんな鬼軍曹がいてもいいが、何の教員なのだろう。やはり生活指導担当だろうか。
教室の後ろに立っていて、気の緩んだ学生を見張っている役だろうか。

ちなみにさきほどのポストで「pantone」を「panton」と書いていたのに気がついて、さっき直したのだが、鬼軍曹ならばそんなことは絶対に許さないであろう。
こういう失敗があろうものなら、pantoneの歴史を明日までに暗唱、という課題を出されるに違いない。
[PR]
by dezagen | 2014-01-14 04:55 | その他
スパルタ美術学校     があったなら
ライター渡部のほうです。

ブログ相方宮後さんとは主にメールと電話でやりとりしていて、なかなか生宮後さんと喋る機会がないのだが、先日一緒に取材に行き、つかの間の逢瀬に久々無駄話を楽しんだのであった。

その中で出た話題。
「スパルタな美大があったらいいかも」

デザイン事務所なり、広告代理店なり、デザイン系の学校を卒業して働く職場は、タイトなスケジュールと膨大な仕事量があって、できれば即戦力が欲しい。
で、この学校を卒業したら、もう絶対保証付きで即戦力になる、確実にいい仕事ができる、精鋭を育てる学校が仮にあったらすごいかも〜、という無邪気な発想だったのだが、そこから色々想像してみた。

体育会系並に無駄に厳しく、脱落者が多いために、ものすごく卒業資格を所得するのが難しい。
英国のSAS(特殊空挺部隊)並に。
例えば、今の即戦力には繋がらないけどカラス口0.1mmで1mmの罫の中に5本均等に線を引く練習を延々やるとか。
ラフスケッチの段階で相手に見せても分かるものを作れるよう、デッサン力も重視。コンピュータを使わずにパース画も書ける。
版下指定紙が作れる。
デジタルスキルで必要とされるソフトウエアの使い方は、すべて1週間以内で覚えること。
発想力のため、一週間で(これでも長すぎるような気もするけど)1000案の企画を考える。
1つの課題に対して、案は5案。一週間でプレゼンできる状態に持ってくる。

なんか普通だなあ。もっとスパルタっぽいのってどんなのだろ。

体力勝負なので、まず健康チェック。
弱いところがあればすぐ落第。
特に弱くなりがちな肩(凝り)と腰の筋肉を鍛えるため、2日に1回筋トレ。

視力検査のように、出てきたフォントの名前がすぐ言える。
また、そのフォントの特徴を即座に述べること。

色チップを見て番号を言える。pantoneとDIC。

目隠しをして紙を触って紙の種類、斤量、T目Y目が言える。
紙の種類、製造方法を覚えるため、2ヶ月製紙会社でインターン。

印刷物を見て、印刷技術がすぐ言える。
また、同じ印刷物を作るための、印刷所、加工所などの知識がある。
印刷技術を覚えるため、2ヶ月印刷会社でインターン。

海外でのコミュニケーション力を鍛えるため、最低限、英語と中国語がネイティブとやりとりできるレベルに。TOEIC800点以上(他英語検定同等)。中国語はHSK5級もしくは繁体字を主流とする場合はSC-TOP流利級以上。

というような授業内容を作るため、講師もガチで出来る人でなくては。
プロ並の仕事量を課題として出し、その期待に応えるものが出てこない場合は落第。
編集デザインであれば実際の月刊誌を作っている編集者とデザイナーが講師。
サインデザインも現場のデザイナーと建設会社の人が講師。
パッケージデザインはデザイナーと素材のエンジニアが講師。
ブランディングも文具メーカ−、その他メーカーも広告代理店も、全部現場の方が講師。
こういう人は本気で忙しいので、無駄な時間はないし、無駄なものは見ない。
ってことは、学校に講師が来てくれるのではなく、その人達の事務所や会社に行き、せいぜい時間が取れる1時間くらいが授業時間。
授業時間外で質問しようと思っても、もう仕事に戻っているので無理。

とか、色々考えてみたけど、今イチ「スパルタ感」が伝わってこないな。
一番重要だと私が考えているのは「締め切り」。

学校だと課題提出日の後に出しても、かろうじて許されたり、などということがあったりするけど、プロの現場で「締め切りに間に合いませんでした」は、編集の場合だと、そのページは白紙になるし、パッケージだったら工場の稼働まで止めることになる大事(おおごと)。
なので、課題提出の締め切り1分でも遅れたらアウト=落第。
これが一番のスパルタだと思うだけど、どうでしょう。
[PR]
by dezagen | 2014-01-14 00:07 | その他