エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
スイスデザイン展
ライター渡部のほうです。

オペラシティで行われている『スイスデザイン展』に行ってきました。
http://www.operacity.jp/ag/exh172/

スイスの交通機関(鉄道、航空)、Victorinox(スイスアーミーナイフ)、Sigg(水筒)、USM(システム家具)、Neaf(木のおもちゃ)、Freitag(トラックの幌を使った鞄製品)、swatch、スイスタイポグラフィー、ル・コルビジェなど、皆さんおなじみの、というものが並びます。また日常の生活で見る文具や日用品も並べられています。

面白いのは、こうやって「スイス」と地理的な制約でモノを集めて見ると、その土地ならではの特徴が浮き彫りになってくるということ。

展覧会図録の「生活のなかのデザイン」の説明にも書いてありますが、「スイスのデザインには、堅実で実用的なものを好むスイス人の特徴がよくあらわれて」います。
北欧やドイツのデザインも、実用的、合理的、機能的、汎用性といった特徴がありますが、スイスのデザインは、グリッドデザインに代表されるように、非常にミニマルである、という特徴も見いだされます。
真面目なことを「四角四面」(英語でもsquare )といいますが、正にそれ。
国旗からしてそうですし。
分度器には90度と180度さえ書いてあればいいのかもしれない。

b0141474_9404630.jpg

USMのパーツで作られたスイス国旗。

システム家具のUSMの説明映像で、方眼紙に書かれた設計図からシステムが出来ていく様子は、ああ、スイスってグラフィックからプロダクトまで、四角い…。
四角くはないですが、Sigもswatchも、最小限のパーツで効果を出す点で非常にミニマル。
(展覧会の名前が「スイスデザイン展」というのも、ミニマルだわ)

ミニマルなデザインと言うと堅苦しく感じそうなのですが、基盤をきっちり作っておくことで逆に自由を生み出す効果もあります。
swatchは分かりやすい例ですが、51個のパーツだけで成る簡素さがあるからこそ、ベルトや文字盤にアーティストの作品を盛り込んだり、その年毎のバージョンを出したり、という応用が可能となります。
水筒のSigも筒の外面はほとんど何も書いてないので、企業のロゴを入れたり、イベント用特別バージョンを作ったりと自由が利きます。

しつこいようですが、もう一つ例を挙げると、スイス インターナショナル エアラインズは、エコノミーでも安心していられます。
最近飛行機はアジア系に乗ることが多くなってきたのですが、エコノミーが狭いと感じるのは、過剰なサービスがあるせいでもあります。あれこれ余計なものが多すぎる。どうせ狭いスペースなのですから、あれもこれもやろうとすれば床に落ちて拾うのが大変だ、とか、逆にストレスになってしまいます。
スイスのエコノミーはすかーっとしていて、無駄がない分、視覚的にうるさくない分、10時間くらいのフライトもそんなに辛くない。

なぜこんなにミニマルなデザインに行き着いたのか、という点はもう少し勉強したいと思いました。先に北欧にもドイツにも合理的な機能的なデザインがある、と書いたのですが、スイスのデザインほど「究極ミニマル」なわけでもない。
北欧には手作業、クラフトのルーツが色濃く残っていますし、ドイツには(土地が広いせいもあるけど)ストイックなデザインもある一方で、華麗なる貴族文化の名残や、あるいはきちっとしたものに対するカウンターカルチャーの流れもデザインに反映されてきます。
スイスはなぜそうした雑味もそぎ落とす力があるのか、風土気候歴史政治などを調べてみないと分からなさそうなので、調べてみることにします。

でも、ダダの中心地であったキャバレー・ボルテールはチューリッヒですからねー。
地下的に、スイス人の心の潜在的に、雑味もどこかにあるはずではありますが。
はてさて。

関連イベントとしてトークも行われます。第一回は終わってしまいましたが。
● 第2回 2月1日[日]「スイスのグラフィックデザイン」
ゲスト:橋本優子(宇都宮美術館主任学芸員)
● 第3回 2月7日[土]「スイスのモダンデザイン群像」
ゲスト:柳本浩市(デザインディレクター、Glyph.代表)
● 第4回 2月15日[日]「スイスデザインのいま:最前線を歩く」
ゲスト:土田貴宏(デザインジャーナリスト)
http://www.operacity.jp/ag/exh172/j/event.php
全部行きたいけど、全部スケジュールと被ってるわ、私。ありゃー。

余談ですが、最近よく着てるセーターもスイス、チューリッヒのフリマで買ったもので、
若手デザイナーの作品、と言われたような気がするのですが、
調べて見たら、スーパーマーケットMIGROSのブランドでした。
なんつーか、どこまで行ってもスーパーなのか、私。
この柄です
http://www.m-fanshop.ch/chocoglace-t-shirt-bar-kids.html
[PR]
by dezagen | 2015-01-31 10:27 | 展覧会
妄想書店
編集宮後です。
書店さんから「本が売れない」という話をよく聞きます。いつもお世話になっている書店さんになんとか本を売っていただきたい。そのためにいろいろ考えていたら妄想がとまらなくなってきたので、「こんな書店があったらいいな」というのをつらつらを書いてみます。

スクール+書店
紙の本を買わざるをえないジャンルといえば資格試験でしょう。最近では英語だとTOEIC関連の本が売れているようですが、やはり資格ものは強い。というわけで、英語学校併設の書店があったらいいなと思います。英語の学校に通うついでに英語の参考書も買うとか。弱点別におすすめの参考書を教えてくれるとか。これはかなり親和性が高いと思いますが、どうでしょうか?同じ要領で、簿記や会計、MBA、受験のための進学塾なんかも展開できそうですね。書店内で模試が受けられればさらに良いです。

カルチャーセンター+書店
カルチャーセンターの中に書店があるといいなあと思います。楽器、コーラス、料理、絵画、スポーツなど、さまざまなジャンルがあるので、実用書を中心によく売れそう。講師の先生の本も売れるので、一石二鳥ではないでしょうか。

出版社+書店
すでに実行されている出版社もありますが、ジャンルを絞った専門書店が増えていくといいですね。編集者がお客さんの本づくりを手伝ったり、編集という作業が出版社の外に解放されていくと面白いんじゃないかと思います。編集者が指導しながら、みんなで本をつくるのも楽しそうです。

要するに、知識を提供するサービスと本を結びつけたところにビジネスチャンスがありそうです。いくつかフロアがある書店さんなら一部の階をスクールに貸すとか、書店とスクールが事業提携するとか、いろいろ考えられそう。
[PR]
by dezagen | 2015-01-26 21:21 | | Comments(0)
ネパールとインドに行って考えたこと
ライター渡部のほうです。

年末にネパールのポカラとカトマンズ、1月中旬にインドのチェンナイに行ってきました。
ネパールのことはこのブログでも書きましたが、「デザインないなー」という感想。
デザインという言葉は広い意味がありますが、この場合は簡単に言うと「デザイナーの仕事が全然見当たらないなあ」です。

一方、インドのチェンナイは急速なスピードで成長している国、都市だけあって、モノに溢れていました。過去にマドラス(1640年〜1996年)として知られた工業、産業の発達した地域なので、もともと豊かな街なのでしょう。

行く前はネパールもインドも同じ西インドくくりで考えていたので、かなりなにもない街と、モノに溢れた街のギャップに驚きました。が、このモノに溢れたチェンナイでも「デザインないなー」という気分にさせられました。デザインない、というより、デザインされてない、というべきでしょうか。整然としていないのです。
(とはいえ、チェンナイでは中心部から少し外れたところで、ほとんど外出してなかったので、中心部にいたらもう少し違った印象だとは思いますが)

例えばタミル語の新聞を見ても(読めないけど)、とてもフォーマットが決まっていると思えないレイアウトで、広告がいっぱい入りすぎてどこが本文か分からないブログ記事みたいな作り。ちなみに全国版の新聞は英語でしたが、こちらはフィナンシャルタイムスのような感じ。
パッケージは洗練されているものが多くありましたが、これまたどこかで見たよね、というヨーロッパ風のものでオリジナル感はありませんでした。
サイン計画はかなりひどかったです(空港で迷いまくった)。

ネパールもインドのチェンナイも別の意味で、デザインないなあ、という印象を受けつつ、実は学校の課題テストの採点をやってたんですが、そういう状況にあると、学校で教えていたり自分で考えていたりする「デザイン」って何なのだろう、という疑問が湧いてきます。
デザインというよりインフラが整っておらず物資も少ないネパールは、現状モノの形云々よりは、モノの物量のほうが大事なんだろうなとは思います。でも、モノに溢れているのに形はそんなに重要視されてなさそう(実際、キラキラしていたり色鮮やかだったり派手だったり重要視されている形や色はあるはずなのですが、衝撃度が強ければいいように見えて、細かい作りとかはどうなのかよく分からなかった)な場所にいると、改めて、日々「デザインが大事」と言っている自分の根拠を探さないといけないと思ってしまいます。

などなど、ちょっと考えるところあったものの、日本に戻って、すんなり空港の使い方が分かる、モノの形で何がどうなのか判断できるって素晴らしいと実感したことも事実です。
[PR]
by dezagen | 2015-01-26 02:28 | その他
D&AD Awards 2014展
編集宮後です。
今年もよろしくお願いいたします。

年末にアドミュージアムで見たD&AD展で印象的だった広告をご紹介します。
D&ADはイギリスで開催されている世界的広告デザインのコンペティションで
コマーシャルフィルムのほか、メディアを横断した最新のキャンペーンから
手作業的アナログポスターまで、多彩な部門が設置されているのが特徴です。

展覧会のいいところは受賞映像作品をまとめて見られること。
検索すればネットでも見られますが、字幕付きで一度に見たほうが効率がいいのです。

2014年の受賞作で印象的だったのは以下の作品。リンク先に映像もあるので、お楽しみください。
社会的テーマのものが多かったのと、Facebookなどのソーシャルサービスを
当たり前のように連動させて、より大規模な波及効果を狙っているのが特徴的だと思いました。

まず2014年のBlacl Pencil(最高賞)の中から印象的だったものから。

NS/ProRail – Improving Safety and Comfort on Train Platforms
http://www.dandad.org/awards/professional/2014/digital-design/23017/nsprorail-improving-safety-and-comfort-on-train-platforms/
オランダの駅で実際に導入された告知システムで、これから到着する電車のどの車両がどのくらい混んでいるのかをプラットフォームに電光表示するシステム。混んでいる車両を避けて電車待ちすることができるので、日本でもぜひ導入してほしい。こういう公共のデザインがきちんと評価されているのも好印象。手がけたのはEdenspiekermann。

Sweetie
http://www.dandad.org/awards/professional/2014/white-pencil/23970/sweetie/
「Webcam Child Sex Tourism」(先進国の男性がお金を払って、貧しい国の子供たちにネット上で性的行為や猥雑行為をさせること)を取り締まるため、CGでつくった架空の10歳の少女Sweetieをおとりにした社会的プロジェクト。少女に猥雑行為をさせた男性約1000人が国際警察に検挙された。CGがあまりにリアルなので、CNNほか大手メディアで大々的に報道され、話題になった作品。

以下、Black Pencil以外の映像。

Dill -The Restaurant-
http://www.dandad.org/awards/professional/2014/branding/23348/dill-the-restaurant/
スウェーデンの安売りスーパーマーケットの売り上げを上げるために考えられたキャンペーン。有名シェフを招いて3週間限定のレストランをオープンさせ、ニュースで紹介されるなど話題づくりをしたあとで、そのレストランで使われていた食材がすべて安売りスーパーで売られている商品であることが種明かしされた。単にスーパーの広告をつくるのではなく、実際にレストランまでつくるというアイデアがすばらしい。

You Are My Son
http://www.dandad.org/awards/professional/2014/direct/23440/you-are-my-son/
ゲリラに参加したまま家に帰らない兵士に向けたキャンペーン。兵士の子どものころの写真を実の母親から提供してもらい、「クリスマスには家に帰ろう」というコピーをつけたポスターをつくり、戦地に掲出した。母親しか知らない子どものころの写真を掲出することで、兵士に投降をうながすキャンペーン。クライアントはコロンビア防衛省。

Trial by Timeline
http://www.dandad.org/awards/professional/2014/direct/23446/trial-by-timeline/
普段我々が普通に行っていること、たとえば、お酒を飲んだり、集会をしたり、といった行為が有罪になるような、人権を無視した国家があることを知らせるFacebookのアプリ。自分がFacebook投降した行為が別の国では有罪になることを知らせてくれる。有罪になったときの画面がけっこう怖くて衝撃的。

Food Photos Save Lives
http://www.dandad.org/awards/professional/2014/mobile-marketing/23774/food-photos-save-lives/
Facebook上にアップした食事写真をシェアすると、ユニセフのフードエイドパック(食料危機にひんした国への食料援助セット)が寄付されるというFacebook上のキャンペーン。FBに食事写真をアップする人が多いことから発想した興味深いアイデア。クライアントはユニセフ。

Real Beauty Sketches
http://www.dandad.org/awards/professional/2014/integrated-earned-media/23047/real-beauty-sketches/
自分の顔を本人に言葉で表現してもらい、そのとおりに描いた似顔絵と、第三者に表現してもらって描いた似顔絵を比較するという広告。自分の言葉による似顔絵よりも第三者の言葉による似顔絵のほうが明るくポジティブに描かれているという実証実験をとおして、自分を肯定的に見つめようというメッセージを伝えている。クライアントはユニリーバ。FBでも話題になっていたので知っている方も多いかも。

展示は2015年3月1日まで、東京汐留のアド・ミュージアムにて開催。
新しいコミュニケーションのあり方や最新の広告表現を知る上で必見の展示です。
http://www.admt.jp/exhibition/program/2014_dandad2014.html

追記:2015年1月以降はブラックペンシル(最高賞)のみの展示になりますので、ご注意ください。
[PR]
by dezagen | 2015-01-05 07:35 | 展覧会
ネパールのゴミ
ライター渡部のほうです。

ネパールネタもこれで最後にしたいと思います。
世界を飛び回るパッケージデザインハンターを泣かせる国、ネパール。
だってバラ売り、計り売りの世界には、パッケージがないんですもの。くっすん。

道に落ちているゴミがいい感じで、ゴミばっかり撮っていました。

b0141474_18315933.jpg

b0141474_18321520.jpg

b0141474_18323480.jpg

b0141474_18325121.jpg

生理用品の袋から何から、全部道に落ちてます。
行く所に行けば、こうしたパッケージされた商品があるといえばあるのですが、どうも単体で見ると魅力がない。ちょっといいなと思うとインドの輸入品ばっかりだし。混沌とした集合体としてわーっとあるところに魅力がある商品、パッケージデザイン、というのは私の中では新ジャンルです。

ゴミが面白く見えてきたら、もう袋一個でも面白く見えてきたんですけど。
b0141474_1841152.jpg

あと、これはゴミじゃないけど、道端のセメント(?)の袋。
b0141474_18414284.jpg


ゴミが落ちてる汚い町と思われそうですが(実際汚いところは汚い)、朝起きるとみんな家の周りを掃き掃除していました。しゃっしゃってほうきの音、東京に住んでいるとなかなか聞かなくなりました。

落ちていた新聞紙に「study in Japan」の文字が見えますが、ネパールの人は日本に来て、何を学んでいくのでしょうか。建築技術とか、インフラ作りとか、色々ありそうですが、デザインを勉強しに来てくれる人はいるかなあ。
[PR]
by dezagen | 2015-01-03 18:46 | プロダクト・パッケージ
ネパールの建築工事
ライター渡部のほうです。

引き続き、ネパールで気になったもの。「建築」
とはいえ、特定の「建築物」がすごい、のではなく、建物を作るってこんな大雑把なのかあ、という話。

どうも典型的らしい工法。四角のブロックを1ユニットとして、それを上に横に重ねていく方式。
b0141474_17333411.jpg


ちょうど工事中の物件が。
b0141474_17345183.jpg


中を覗くと、
b0141474_17352792.jpg

このように地下部分を掘り、コンクリートを流しで地盤作り。
四角のユニットの4点に鉄筋を差し、それをコンクリートで固めた柱を作る。
最初の写真のように、壁を煉瓦で埋めていき(窓は適所に作る)、コンクリートで上に蓋をするような方式で、2階、3階と延びることを考え、鉄筋は伸ばしておく。

ということらしい。
簡単だな−。
この現場の向かいの空き地に壊れた家具が集まってる、と思ったら
b0141474_17422181.jpg

家具作業場でした。
b0141474_17424245.jpg

古い家具や建材を持ってきて、建築物の壁が出来る前に入れるのか、後で入れるのか。
いずれにしても、できたらすぐ家具入れる、みたい。

こちらは別の物件。
b0141474_1746315.jpg

コンクリート用の砂利を女性が運んでいて、男性もそうだけど、素足(にビーサン?)で、わー、危ないよ〜、とヒヤヒヤする。人力すぎる。

ヒヤヒヤするといえば、ランチを食べたカフェのトイレが3階だというので、3階に上がったら
b0141474_1747498.jpg

空筒抜けの改装中。
下では普通に客がご飯食べてましたが、上はバリバリに工事中。
騒音がしなかったのは人力によるためでしょう。
足場の底が階段の上に煉瓦を置いただけ、というのが怖い。

もっとヒヤヒヤしたのが、この建築物の足場。
b0141474_17483377.jpg

もう垂直も水平も何もないな。
危なっかしい、この足場はカトマンズ(首都です)の国内線空港の拡張工事。
日本で言えば羽田。

建築とはちょっと違うけど、これは怖い。
b0141474_17561347.jpg

電柱にからみつく電線。なにがどうするとこういう風になるのか、そもそもどう電線を付けているのかが全然分からないのですが、カトマンズの中心部ではすべての電柱がこんな感じ。
そこに鳥が止まってる。鳥から見て人間はどう見えるのかなあ。

さらに怖いこの状況。
b0141474_17592778.jpg

電線が巻き付きまくっている電柱の地盤がぬかるんで、倒れる一歩手前。
雨期じゃなくてよかった。
[PR]
by dezagen | 2015-01-03 18:01 | その他
ネパール、もろもろ。
ライター渡部のほうです。

先ほどの続き。

ネパールの写真として、こういうのも上げておいたほうがいいよな、と思うので。
b0141474_15495668.jpg

こんなところに6日間くらいいました。

そもそもフライトチケットを取る時、「カトマンズ」(首都名)と「シャングリラ」(理想郷)を間違え、「え、行けるの?」と思ってたくらい、何も分からず勢いで行きましたが、(この写真はカトマンズじゃなくてポカラという町ですが)まあ、あながち理想郷として間違ってもなさそうに見えます。
ポカラの町は、世界中の登山客やリゾート客が集う、観光地。です。

こんな場所も、エキゾチックアジア気分を盛り上げてくれるのでしょう。
b0141474_15541285.jpg

b0141474_16173425.jpg

Chetana Women Skill Development ProjectというNPOのお店の工房。
その場で織って、縫って鞄などの小物を作っていました。
ヤクなどの毛糸については分からなかったのですが、コットンは白い糸をインドから仕入れ、ネパールで染織し、使っているそうです。

こういう工房を見れるのは楽しいです。ですが、タイのこうしたプロジェクトもののの取材に行った時(あれもすごい山奥だったな…)にも思ったことなのですが、ただひたすら同じものを、それが売れてるのだから沢山作る、という感が否めません。
土地に伝わる手工芸を継続するのも大事なのですが、例えば糸の色を少し変えてみる、糸の質を変えてみる、そうした創意工夫ももう少し欲しいと思います。
タイのプロジェクトでは、フィンランド人デザイナーが入り、随分洗練されたものに変化させていました。
ネパールのこのプロジェクトも海外の支援や、バイヤーさんからのリクエストにも応え、様々な商品を作っているようですが、これを「観光土産」ではなく、きちんとした市場に出せるものにするところまで行ってくれるといいと思いました。

さておき。
他に気になったものなど。

歯ブラシ。
b0141474_16403536.jpg

店頭で吊って売ることが多いので、このような一個一個切り離して売る方式。
それにしても色がすごい。これ、買ってくればよかった。

この写真、ピントが思いっきりズレてて分かりにくいのですが、見て頂きたいのは、古新聞紙を使った小袋です。
b0141474_16415975.jpg

シャンプー類は1回分の小さいサシェットで売られているとか、お菓子や飴などもパックの中から一個売りとか、煙草も一本売りとか、所得の低い土地ではとにかくミニマムに売ります。
薬局ですが、薬も1錠から売る。で、パッケージはこの大体5センチ四方くらいの新聞袋なのです。

スパイス他小間物屋。
b0141474_165758.jpg

計り売りです。やはりここにも包装された製品およびパッケージデザインはありません。
パッケージデザインハンターとしては、かなり辛い旅でした。しくしく。
かろうじて、スパイスなどの粉を入れている缶、かしら…。

アップルなセーター。
b0141474_16452687.jpg

ネパールにアップルの正規店はないのですが、このアップルマークが何かの意味を持っている、高級ブランドの意味を持っている、ということは伝わっているようです。
アップルマークだけをプリントしたスウェットを着ている若い男性も街で見かけました。
現物は知らないけれど、その記号性だけが一人歩きし、全く別の商品にもその付加価値を付けることができる、面白い商品だと思いました。
[PR]
by dezagen | 2015-01-03 16:59 | プロダクト・パッケージ
ネパールの看板
ライター渡部のほうです。
あけましておめでとうございます。
本年も「これ、誰がデザインしたの?」ブログ、よろしくお願いいたします。

学校の休みにネパールに行っていました。
気になったものをいくつか。

まずは看板、壁画(?)などの手描きモノ。

店舗の名前看板だけでなく、壁面にも店名や広告が。
ペンキ屋さん、相当上手い。
b0141474_1534525.jpg

奥の黄色地の看板/壁画、なんて書いてあるのか分かりませんが、私はインスタントラーメンを思い出しました。
b0141474_15361355.jpg

コカコーラカフェ。

歯医者。
b0141474_15375548.jpg

横尾忠則はインドでこういう絵を沢山見たのだろうなあと。

猪肉屋。
b0141474_15411078.jpg

ネパールの看板、概して文字などは上手いのに、動物や人間はやや描写力が甘い。
屠殺された猪の頭や、まだ生々しい羊の解体なども町のあちこちで見かけましたが、その写真は上げないことにします。だって、看板のほうがかわいいしー。

写真にうまく撮れなかったのですが、手描きペイントのデコトラが素晴らしかったです。写真集、ないのかな。

ペンキ屋さんの技術は細かいところまで行き渡っていて、宿泊施設のナンバーとか、表示サインとか出来合いのものではなく、ペンキ屋さんが作っております。
b0141474_15444386.jpg


これもよかった。
b0141474_15443215.jpg

ネパール語に使われるデーヴァナーガリー文字のスタイルに合わせた、欧文のtoilet.

看板篇、以上です。
[PR]
by dezagen | 2015-01-03 15:48 | グラフィック