エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」
ライター渡部のほうです。
5月31日(日)まで六本木の21_21 デザインサイトで「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」が行われています。

b0141474_16162848.jpg


b0141474_1927878.jpg

テーマは、タイトル通り「単位」。
長さや重さや大きさや速さや、あらゆるところに単位が存在する。普段ほとんど意識せずに使っているものですが、考えてみると自然界にそもそもあったものではありません。社会生活の中で「あれくらい」「これくらい」を共有するために生まれてきたものです。
また、普段当たり前に使っている単位を基準に考えていると、違う単位で計った時に「?」となることがあります。
展覧会企画チームの1人、前村達也さん(21_21 デザインサイト エキシビションプランナー)は、「テマヒマ展」や「コメ展」などを手がけた時に、日本の昔からある物を作る、見るのに、メートル法ではなく尺貫法が通用していて、かつ、尺貫法で考えた方が分かりやすいことに気がついたそうです。
伝統的な方法でなくとも、例えば建物や敷地の大きさに「東京ドーム何個分?」と聞くとなんとなく分かりいい時があるのもそんな例でしょう。

今回の展示では寺田尚樹さんが、21_21の敷地をテラダモケイで別の尺度からみせてくれました。メインの展示スペースはおおよそテニスコート1個分。
b0141474_19224558.jpg


b0141474_19231478.jpg

岡崎智弘さん(写真)と+Think the Earthの作品「1秒の世界」は、台の上に乗っている間、目の前の動画が動きます。降りると、
b0141474_19233764.jpg

何秒乗っていたか、地球がどれだけ移動したか、ハチドリの羽ばたきなど数字で見せてくれる、というもの。動画が気持ちいいのでずっと乗っていたりしますが、そんなあっという間に地球がぐんぐん動いている、1秒ってすごいかも、という驚きを感じる作品です。

b0141474_1924539.jpg

岡田憲一+冷水久仁江(LENS)、播本和宜+渡邉啓高(studio仕組)、劉 功眞(LIUKOBO)(ごめんなさい、敬称略)の作品は単位展の施工の様子を上から俯瞰で撮った動画を合成してある作品です。見ている人の手元にあるインターフェイスで拡大率を変えることが出来ます。
これは単位がどうこうというよりは、準備風景を見ているのが実は楽しかったです。寄って行くと細かい作業をやっていることが分かるんですが、俯瞰すると人間小さく見えるものですね(当たり前か)。

会場構成監修を手がけたトラフ建築設計事務所の鈴野浩一さんのメッセージの中に「あまり難しく考えず」というのがあったのですが、そこがこの展覧会のよいところだと思いました。数字が相手だと、難しくすることはいかようにも可能で、そうするとどんどん分かる人が減っていっちゃうと思うのです。
(そういえば最近トマ・ピケティ著『21世紀の資本』みすず書房刊を読んだのですが、数字の部分を全部解読しなくても楽しく読めるところが素晴らしい本でした。まあ、つまりかなりすっ飛ばして読んでたということではあるけれど)

今回の展示は日常で見る物がとても多くて分かりやすい。
メイン会場の奥に並ぶ、駐車場のコーンや一斗缶や消しゴムは、展覧会企画チーム/構成:寺山紀彦さん(studio note)の「長さの比較:1から100のものさし」で、日用品で1センチから100センチまでを見せるもの。1本100円くらいのボールペンにはどれくらいのインク量があって、どれだけ書けるのか、を見せる椛田ちひろさんの「ボールペンと距離」。複数の人が提案した「わたしの単位」の中の、ヨシタケシンスケさんのイラストによる新しい単位の紹介(りんごの皮むきで1剥=1peel、とか)も面白かったです。

こちらは宮後さんの着目点。
b0141474_19282784.jpg

「わたしの単位」の中、大日本タイポ組合、
ハンコの達人ですね。美しい。

b0141474_19292657.jpg

造本見本帳(太田泰友+加藤亮介)の「嵩見本」
こんな極小および分厚い見本はないぞ、とは思いつつ、一度は作ってみたいサイズだったりする、そんな夢のような見本。

通常21_21の企画展は1人のディレクターが立つのですが、今回はチーム。しかも大勢。
さらに参加作家も多い。書き切れないので、21_21のページからコピペします(世の中便利だな)

展覧会チーム
企画:
中村至男/展覧会グラフィック
鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)/会場構成監修
稲本喜則(AXIS)/テキスト
岡本 健/会場グラフィック
菅 俊一/コンセプトリサーチ
寺山紀彦(studio note)/展示構成

学術協力:星田直彦
会場構成協力:五十嵐瑠衣
企画リサーチ協力:石黒知子、上條桂子、土田貴宏
ショップ監修:山田 遊(method)
企画進行:前村達也(21_21 DESIGN SIGHT)

参加作家一覧
[参加作家]
荒牧 悠、大西麻貴+百田有希/o + h、大野友資、岡崎智弘+Think the Earth、岡田憲一+冷水久仁江(LENS)、奥田透也、華雪、椛田ちひろ、桐山製作所、熊野 亘、佐野文彦+無印良品、Bryan Nash Gill(ブライアン・ナッシュ・ジル)、Helmut Smits(ヘルムート・スミッツ)、造本見本帳(太田泰友+加藤亮介)、大日本タイポ組合、寺田尚樹(テラダモケイ)、野老朝雄、冨井大裕、西本良太、Noritake、Maarten Baas(マーテン・バース)、パーフェクトロン、深津貴之、ヨシタケシンスケ、吉行良平と仕事
[特別参加]
葛西 薫、木内 昇、クライン ダイサム アーキテクツ、作原文子、高山なおみ、皆川 明、Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン)、柳本浩市

詳細はこちらでどうぞ。そして是非会場で遊んで下さい。
「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」
www.2121designsight.jp
[PR]
by dezagen | 2015-02-25 16:19 | 展覧会
ポーラ美術館
ライター渡部のほうです。

箱根ってなんであんなに美術館が多いんでしょうか。
箱根では「彫刻の森美術館」と「ポーラ美術館」に行ってきました。

ポーラ美術館、初めて行きましたが、建築からタイポグラフィ(サイン計画)まで行き届いている美術館という印象。

2002年に竣工。設計は日研設計。
ロゴタイプはポーラ化成工業株式会社デザイン研究所のサイン計画を下に、タイププロジェクトがブラッシュアップしたもの、だそうで、タイププロジェクトのウェブサイトに詳細が載っています。
http://typeproject.com/interviews/polamuseum
一流だなあ。

ポーラ美術館では3月29日(日)まで「紙片の宇宙」という展覧会が行われています。
www.polamuseum.or.jp/sp/shihen/
シャガールやミロ、ピカソといった美術史に出て来るような美術の大御所による挿画を施した書籍の展覧会。デザインの領域で書籍デザインや装幀を取りあげる時、大概は量産が念頭に入っているものですが、こちらの展覧会で紹介されているのはむしろ量産しない本。お金を持っていて、自分だけの蔵書を作るため、アーティストに依頼して本を作ってしまうという、庶民からすると夢のような物が世の中にはあるものなのですね。

浅生ハルミンさんのイラスト付コメントが一つ一つ気が利いています。
レオナール・フジタ/藤田嗣治の『海龍』(1955年)はタイトルからして「むっ」。なんかあるぞ、と思ったら、なんと、著者はジャン・コクトー。
1930年代、コクトーの日本旅行をもとにまとめられた本、というものがあるんだ、というだけでも驚きでしたが、そこに絵を付けているのが藤田嗣治(レオナールって言うのちょっと恥ずかしい)という贅沢。
これを浅生さんは、メモってなかったので言葉はそのままじゃなかったような気もしますが、「イクラ丼にウニを乗せて、さらに蒲焼きを付けたような」と表現しております。

一流の環境で、贅沢な作品を見て、山椒のような浅生さんのコメントでぴりっと来る、という、素晴らしい場所でありました。
[PR]
by dezagen | 2015-02-15 09:32 | 展覧会
富士屋ホテル
ライター渡部のほうです。

12日、13日と箱根に行っておりました。
富士屋ホテル www.fujiyahotel.jp に滞在。普段ホテルにはあまり気を使わず旅をしているのですが、富士屋ホテルは登録有形文化財ということで、泊まってみようかなと思った、割と軽い理由でした。

b0141474_16571349.jpg


富士屋ホテルは、明治11年(1878年)日本初の、主に外国人向けの、本格的なリゾートホテルとして開業。火災のため焼失するも、1884年に再建を始め、現在残る本館(1891年)、1,2号館(1906年)を、1923年の関東大震災を乗り越え、1930年に食堂、1936年に花御殿、と棟を増やして行ったそうです。

建築のディテールや、ホテルそのものの歴史に関しては
富士屋ホテルのHP内の解説 www.fujiyahotel.jp/enjoying/index.html
『箱根富士屋ホテル物語』山口由美著 千早書房 に詳しいです。

予習で読んでいった『箱根富士屋ホテル物語』の中にあったフレーズ「西洋と東洋の融合—。富士屋が追い続けた美学(後略)」というのは、行くとすぐに実感できます。

窓から見える光景はこう。
b0141474_1659922.jpg

でも中は完全に洋室。
あとはディテール写真ですが、明治、大正、昭和、その時なりの和洋折衷が垣間見られます。

b0141474_1703382.jpg

チャペルの上のステンドグラスのモチーフが和風建築(恐らく富士屋)。

b0141474_1712193.jpg

洋風家具とも和風家具とも受け取れるけど、富士山のモチーフが来るともう和風に見えてしまう。

b0141474_1731944.jpg

資料室にあったもの。昔のラベル。でも今もこんな感じ。

ダイニングルームはすごかったです。これも富士屋のHPのほうで是非。
www.fujiyahotel.jp/enjoying/structure_spot/02/index.html
建物内観はかなり和風(特に天井)なんですが、テーブルと椅子で西洋料理のしつらえ。

b0141474_173519.jpg

洋食器。縁取りが富士山モチーフ。
他にもディテールの見所盛りだくさんで、1泊2日では写真に撮りきれません。

一言で言うと「エキゾチック」。
日本人の私が日本のものを見てエキゾチック、というのも何なのですが、外国人目線の日本なのですね。
で、思い出したのが1900年パリ万博の際の日本館。

b0141474_1710440.jpg

b0141474_17101917.jpg


デザインのモダニズムの文脈では解けない魅力があります。
この前まで「日本のデザインって何だろう」が課題でしたが、それに加え「エキゾチックって何だろう」が追加されました。

おまけ。
駐車場の富士山。
b0141474_17594596.jpg

[PR]
by dezagen | 2015-02-14 17:16 | その他
EXTRA PREVIEW と ててて見本市
ライター渡部のほうです。

先日、雑貨、小物の見本市、「EXTRA PREVIEW」と「ててて見本市」に行ってきました。
www.extrapreview.com
http://tetete.jp

気になったものなど

EXTRA PREVIEWのほうで

b0141474_6132849.jpg

アーバン オーレエコパーク www.urbanoleecopark.com
荒削りしてある木材を基に、自分で削って木のスプーンやフォーク、鳥小屋も作ろう、というDIYキット。
キットの中には木材、紙やすり、ワックス、クロスが入っています。
パッケージデザインもブースのデザインも分かりやすく、統一感があります。

b0141474_6134359.jpg

スレッドポート http://www.lecien.co.jp/threadport3/
一見、普通のグリーティングカードが並んでいるだけ、とおもいきや、紙に刺繍をして送るグリーティングカードキット。
面白いのは、ルシアンという刺繍糸のメーカーからの発想、オリジナル製品だということ。

かなり関係ありませんが、ここ数年刺繍、特にイギリスのご婦人が作ってしまうような愛犬や花の刺繍が気になってしょうがないのです。マルチーズとかテリアとかパンジーとかの刺繍を無地のセーターに自分で刺繍してみたい。
あんまりうまくてもよくない、ギリギリの感じで。
さておき。

EXTRA PREVIEWの会場で、私がぼけーっとしてるところに声を掛けられ「……あ、海野さん」と言ってしまった、MicroWorks www.microworks.jp の「海山」俊亮さん。
b0141474_6194442.jpg
b0141474_620089.jpg

竹とんぼのモビール。http://littlebitservice.com/?p=1891
モビール全体も揺らぐのですが、一個一個の竹とんぼを回すと吊ってある糸に沿ってくるくると旋回するのが気持ちいいです。

さらーっと見流してしまいそうなところを「これは見ておくといいと思います」と声を掛けられた、進藤電気設計の進藤正彦さん。
twodo http://twodo.jpという照明シリーズを手がけています。
b0141474_6201484.jpg

木のパネルと照明の組み合わせかー、と思ったらビックリ、木の部分がタッチパネルになっているのです。スマートホンと同じように、なでたりタップしたりすることで、on/off/調光できる、という仕組み。壁のスイッチやリモコンもなく、スマートなインテリアを作ることができます。

こちらはバッグ。
b0141474_6203065.jpg

このまるまるっとしたレース編みの塊を広げると
b0141474_6204682.jpg

こんな風にお米5キロも平気なバッグになります。
ブランド名はアイタリスト、と読むそうです。Italist http://italist.jp
レース編みってどこかレトロな感じがありますが、このバッグもおばあちゃんのタンスから出てきた、昔のバッグからインスピレーションを受けて作られたものだそうです。
一つ一つが手編みで作られるので、速い方でも1日1個が限度。
贅沢な製品です。

「ててて見本市」は、見所がたくさんあったのですが、見ているうちに「買い物客」の気分になってきてしまい(その場では購入できません)、写真を撮るのを忘れていました。
ててて見本市のほうが、より作り手、生産地がはっきりしていて、紙や金属、木など素材が活きている製品が多かったです。

ててて見本市に出ていた、G.F.G.S www.gfgs.net は完全オーダーのカットソーブランド。
b0141474_731920.jpg

(写真提供 G.F.G.S)
プレーンもしくは3種のボーダーを選び、色の組み合わせを選びます。ネット上ではカラープレビューもあり、オーダー前にイメージを確認できます。
シャツの素材がとても気持ちいいので、一着作ってみたいと思いました。ただし色を決めるのが、平面構成みたいで、高校生の頃平面構成がド下手だった私は自信がないので、誰か友達に決めてもらいたい。。。

以下は雑談。
先日「スイスデザイン展」を見に行った時にグリッド、ヘルベチカを見て「これぞスイス」と、見てすぐその国籍が思い浮かぶデザインってすごいなあ、と思い、じゃあ「日本らしいデザイン」「日本のデザインを代表するもの」とは何だろう、というのを考えておりました。そういうのが一つあるとその国(あるいは北欧、といった地域)は得な気がします。

むろんスイスも全部が全部グリッドでヘルベチカなわけではないし、例外はあるにしても、ドイツだとかっちりした工業製品が上手そうだとか、イギリスやオランダは変化球が上手そうだとか、フランスは色使いが上手だな、とか国の個性はそれなりに、個々のデザイナーにもイメージとしてついて回ります。

で、日本のデザインならではの個性はなんだろう、と考えているのですが、なかなか見えづらい。
この「見えない」ところが日本のデザインの特徴なのかもしれません。
さりげなさとか、細やかな気遣いとか、写真では分かりにくいけれど素材のよさとか。
見えないものをどう伝えるか、メディアが頑張らないといけないところだな、と思います。
[PR]
by dezagen | 2015-02-12 04:30 | 展覧会