エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
鈴廣かまぼこのデザイン
ライター、渡部のほうです。

お土産にもらった小田原鈴廣のかまぼこ。これが素敵な紙袋に入っているのです。

b0141474_7495520.jpg


 威勢のいい魚(トビウオ、ヒラメとホウボウ)の姿も顔もいいけれど、その間に鈴のシンボルマークと「江戸のころより 味づくり一筋」の文字をくいっと入れても一体感を感じさせるバランスの良さ。
 スタイルとしては芹沢圭(金偏に圭)介風だけれど、どうも確証がない。誰がデザインしたの?といつもの疑問が湧き、久々にブログ相方宮後さんと一緒に鈴廣かまぼこ本社に行ってきました。

 袋だけでも感動モノなのに、まあ、出て来る出て来る資料の数々。お得意様に配っていたという月ごとのカレンダー、絵暦、御絵布(ハンカチサイズのてぬぐい)に、年賀はがきに暑中見舞い、各種パッケージ、そして各種袋、まだまだ続く。昭和30年頃から現在まで、この独特なスタイルは脈々と続いています。

b0141474_1811266.jpg

b0141474_18114227.jpg

b0141474_18114812.jpg

b0141474_19571321.jpg


 刀のようなキレと、滲んだように波打つ線が特徴的。木版画にも見えるが「型染め」という方法だそう。
 下絵を描いて、型紙を彫る。そこに紗という絹の布を貼り、型紙の完成。
b0141474_22314680.jpg

(型紙)

この型紙を印刷する和紙に当て、糠や糯粉(もちこ)を炊いて作った糊を置く。型紙を外し、糠の色のついた糊部分の間に、大豆粉を混ぜた絵の具で彩色。最後に糊を水で洗い流せば、糊の糠色が抜け、色を縫った部分だけが残る、という方法。
b0141474_7505021.jpg

b0141474_750292.jpg

(鈴廣の社内誌より)

こんなに手間の掛かる作業、どなたが?と聞くと
「昭和30年頃から始まったのですが、最初は鳥居敬一さんです。その後、森川章二さんが徐々に手がけるようになり、平成の前後でほぼ森川さんに。今は森川さんと、森川さんのところで勉強させてもらっている私も少しずつ手がけるようになってきました」
と、答えるのは鈴木結美子さん。弟子から弟子へとバトンタッチしていき50年。素晴らしきかな師弟愛。古い物と今のものを並べても、民芸風な雰囲気は変わらない鈴廣テーストを貫いています。

b0141474_1811525.jpg

b0141474_18111549.jpg

b0141474_1810435.jpg


「当時の社長(現会長の鈴木智恵子さん)は、もともと女学生の頃から民芸に造詣が深く、自分でも染め物を作るほど好きだったそうです。小田原はかまぼこメーカーが沢山あり、その中で差別化できるよう民芸のスタイルを取り入れようと、鳥居敬一さんに直接お願いしにいったことから始まりました」
 他競合との「差別化」すなわち鈴廣ブランディングは、近隣小田原のかまぼこメーカーだけでなく、全国レベルで見ても際立っています。

 単に民芸調を取り入れているだけではなく、その時代に合うよう変化することも重要。鳥居さんが作った最初のロゴも時代に合わせて少しずつ変化しています。

b0141474_22283721.jpg

(ロゴの変遷 右から1960年代、70年代、80年代、現在のもの。鈴廣社内誌より)

 鳥居さんはシャープでダイナミック、森川さんはやや柔らかめと、それぞれの個性もうかがえる。鈴木さんは森川さんよりさらに柔らかな雰囲気ですが、鳥居さんのようなシャープな作風にもチャレンジしてみたいといいます。今の若い人たちにもかまぼこを身近に感じてもらうため、ネコや指輪などの身近な柄を型染めの手法で描き、パッケージに採用するなどテーストを変えることなくデザインの工夫を行っています。
 創業150年の老舗。伝統を守るだけではなく、育むというのはこういうことなのだと感じた取材でした。
[PR]
by dezagen | 2015-06-26 23:01 | これ誰取材記事
インテリアライフスタイル展
ライター渡部のほうです。

ブログ相方、宮後さんのポストにも書かれていましたが、今年のインテリアライフスタイル展。
かなーり時間が経ってしまってますが、渡部が気になったものをいくつか。

b0141474_538942.jpg

FIVE GOKAYAMA http://www.five-gokayama.jp
デザインチーム minna http://minna-design.com がデザインした和紙製品シリーズの一つ。顔料で染め、こんにゃく糊で揉み込んだ和紙を使ったカードケース。蛍光色が鮮やかに出ています。
和紙のステーショナリー、日用品は、深澤直人の「SIWA・紙和」シリーズなど様々出ていますが、地味な色味が多かったところに、新しい視点を持ち込んでいます。

b0141474_5384727.jpg

b0141474_53961.jpg

INSTANT JEWEL http://www.instantjewel.jp
宮後さんもチェックしていたこちら。やはり飛び抜けて良かったブースの一つです。
日本の工場が持っている技術、すでにある金型などを活かして、新しい発想のプロダクト=ジュエリーを作る、というもの。
プラスチックパーツを作っているのは、普段自動車、電気機器、医療用などの部品を製作しているツルミプラ http://www.turumipla.co.jp/
今回の新商品金属線のものはどこのメーカーのものか聞き忘れてしまいました。ごめんなさい。
INSTANT JEWELはブースのプレゼンテーションが非常にうまい。実際に売られる状態と同じ真空パックを壁に並べ、透明な袋に印刷された黄色、中のジュエリーのカラフルさが目立ちます。関係者に送られていた招待状もこの黄色印刷の透明袋に入っていたので、「あのDMを送ってくれたところだ」とすぐ分かります。
ジュエリーのデザインからブースのデザインまで手がけたのは大友学さんと小澤真奈さんのstagio http://stagio.co.jp 。大友さんはプロダクトがメインのデザイナーさんですが、数々の展示会に出展した経歴があるだけに、いかに見せるか、のツボを押さえています。

b0141474_5401159.jpg

光伸プランニングのmonopuri http://monopuri.jp
かみの工作所もそうですが、通常は印刷加工業や製造業をやっている会社/工場が自発的に発信したプロダクトが増えています。
光伸プランニング  http://koshin-p.jp は普段屋外広告やサイン・ディスプレーの印刷を行っている会社。紙だけでなく様々な素材への印刷技術に長けていることを活かし、デザイナーと協力し、アクリルやメッシュに印刷加工をした小物を製作、販売しています。今回の新作「POT」は波打つ形のコンクリートに印刷した小物入れ。
「これはどうやって印刷してるんですか!?」と思わず聞いてしまったのですが、教えてもらえませんでした(笑)。取材で聞きに行きたい。

b0141474_544042.jpg

b0141474_5441952.jpg

POLS http://pols.jp はできたてほやほやのテキスタイルブランド。
高度なジャガード織り技術を持つ兵庫の老舗テキスタイルメーカー丸萬 http://www.maruman-inc.jp とテキスタイルデザイナー梶原加奈子さん http://www.kajihara-design.com が協力し作られた製品は、異なる柄が織機で1回で織れてしまったり、4枚の布を合わせたように見えるのにこれまた1回の織機で出来てしまう、といった驚きの布地を活かしたもの。
梶原さんはすごいアクティブな人なんですよ、と聞いてましたが、今回初めてお会いして納得。お話をしてるだけでも、色んなアイデアがばんばん出て来るのですごいです。北海道と東京と産地をほぼ毎日のように移動しているという体力にも頭が下がります。
グラフィックデザイナーに白井陽平さん、コピーに安藤隆さん、とサン・アドの方々が参加。パンフレットは素晴らしく美しいです。

b0141474_5451712.jpg

proef http://proefdesigns.com のストッキング。ストッキング生地にフロッキーやメタリックのプリント。印刷で乗せている部分がかなり厚いので伝線しそうですが、伝線しないような柄、柄のサイズなどをストッキングメーカーと試行錯誤しながら作っているとのこと。

b0141474_546262.jpg

Acrylic Resin は、樹脂の機械パーツなどを作るワイザーリンケージ http://www.wiser-l.com/ の技術と、サン・アドのアートディレクター高井薫さんの発想で生まれたアクリル板の雑貨シリーズ。
モチーフがかわいいコックさんに蚊取り線香にカセットテープにでっかい盆栽、って、おしゃれーなインテリアライフスタイル展の中で突然膝がっくんをされたような、緊張をほぐす力の抜き具合。高井さんの、この塩梅の巧さにはいつも感激してしまいます。

b0141474_5465346.jpg

他にも色々面白いものが溢れていた今回のインテリアライフスタイル展ですが、やはり一番良かったのはアトリウムの展示。気持ちよかったです。
[PR]
by dezagen | 2015-06-24 05:47 | 展覧会
シャンプー、コンディショナー、柔軟剤
ライター渡部のほうです。

このブログでもたびたび書いているような気がするのだけれど、ドラッグストアにおける女性向け妖艶デザインに違和感を覚えている。

シャンプー、コンディショナーの売り場に行くと8割から9割が、白地に花柄、とか、ピンク、紫、金で彩られたゴージャス系のパッケージで埋まっている。

男性が買えるヘアケア製品ってほとんどないんじゃない?と、学生に聞いてみたところ、
自宅から通っている学生は、まあそのまま違和感なく使っている様子。
「髪がさらっとして結構いいです」
そうなのか。そうか…。

一人暮らしの男子(というか成人男性だけど)では、紫ゴージャス系のシャンプー、コンディショナーの詰め替え用を買い、無印良品のボトルに詰め替える、という人も。
それ、パッケージの意味ないな。

昨今の柔軟剤も、アロマ押しで、かなり濃厚。厚化粧を重ねた熟女っぽい。
そろそろ揺り返しで、アロマなし、さっぱり系が出そうな気もしなくはないけど。

普通に、男性とか女性とか関係なく使える、適度な値段のものが欲しい、プリーズ。
[PR]
by dezagen | 2015-06-23 14:31 | プロダクト・パッケージ
LCX X TAKORA Kimiyoshi Futori 香港にて
 ライター渡部のほうです。

 2週間ほど前、1泊2日の弾丸で香港に行った際に見て来た展示がこちら。
『LCX X TAKORA Kimiyoshi Futori』 
http://www.lcx.com.hk/eng/what-s-new/details.php?n=35989
会期が4月15日〜6月14日と、すでに終了しているので、このブログ記事見てる方には申し訳ないけど。

b0141474_23544338.jpg

写真提供 太公良

「ヴィジュアルクリエーター/アーティスト」を名乗るタコラこと太公良(ふとり・きみよし)の個展。
今回の展示が行われたLCXは、香港の中心部、尖沙咀(チムサーチョイ)エリアにある巨大ショッピングセンターハーバーシティ・オーシャンターミナルの中、若者向けのファッションや雑貨など70余りの店舗を抱える場所。
そんな巨大フロアの中、中心を直線で繋ぐ広いフリースペースを使い、オブジェの展示、ファッションデザイナー濱田明子さんとのコラボレーションプロジェクト「TAKOLABO」の展示、さらにチャリティ用グリーティングカード、ポイントカード、特別プレゼントスーツケースのデザイン、トートバッグDIYワークショップなど、その告知広告も展開され、フロア全体でタコラのデザインが見れる、という大がかりなもの。

b0141474_2241511.jpg

フロアの途中ででくわす、オブジェ展示
b0141474_2264470.jpg

TAKOLABOの展示

テーマは『PATTERNS & SEQUENCES(パターンと繋がり』。印刷物や布モノに使われるパターンがポップアップブックのようにオブジェとして立体にもなって現れる、逆から見れば、立体で見たキャラクターが館内至るところにある平面に潜む面白さを目指した。

b0141474_064817.jpg

展示の告知
b0141474_071219.jpg

ポイントカードの告知
b0141474_084946.jpg

ポイントをためてもらえるタコラグッズ

また、これはタコラの作品に一貫していることだが、見ている人に幸せな気分、楽しい気持ちになって欲しいというのも重要なポイント。彼の作品の特徴である鮮やかな色彩の組み合わせが見る人をぐいぐい引きつける。オブジェと共に遊ぶ子供ら、前で記念写真を取る家族やカップルが引きも切らず。
というわけで、私のカメラでは、展示の裏側、遠くから撮るしかなかった、という次第。

b0141474_2275774.jpg

[PR]
by dezagen | 2015-06-22 00:09 | 展覧会
変わりつつある展示会
編集宮後です。
立て続けにもうひとつ。最近見てきた展示会の話題から。

b0141474_21263130.jpg


こちらはH.P.FRANCEが運営する展示会「場と間/BATOMA」。通常の商品受注展示会とは一線を画し、BATOMAのキュレーションを経て編集されたクリエイティブなモノやコトが展示されるイベントという印象。5月にクリスマスの合同展示会「BATOMA CHRISTMAS」、10月にデザイン・アート・プロダクトの合同展示会「BATOMA TRADESHOW」と情報発信イベント「BATOMA information」が開催されています。

今年5月のクリスマス展示会の会場写真。アートディレクションはDRAWER。会場デザインもすばらしく、ここに置かれるだけでワンランク上の製品に見えそうです。とにかくおしゃれ。

b0141474_21265081.jpg

長崎県波佐見の岩嵜紙器と「食とデザインとアート」を中心に活動するholidayによるテーブルウェアブランド「TABLEWEAR CLOSET」。波佐見焼で作られたプレートにはそれぞれメッセージが書かれており、紙器メーカーによるパッケージもセットになっています。
http://www.total-package.jp/

b0141474_21351496.jpg

ベルギーのチョコレートDolfineの輸入代理店のブース。Dolfineのチョコレートはパッケージもきれいだし、いろんな味があって本当においしいです。
http://www.dolfin.be/

一方、こちらは6月に開催された「インテリア ライフスタイル」展。同展は、インテリアから生活用品、デザインプロダクトに至るまで、ライフスタイルに関する幅広い製品が展示されるのが特徴。毎年この時期に東京ビッグサイトで開催されています。今年の来場者は3日間で3万人と、過去最高だったとか。いわゆる大きな国際展示場で開催される見本市なのですが、最近では会場の中央にセレクトショップのような特設エリア「アトリウム」が設けられています。それがこちら。アトリウムの会場構成は、設計事務所ima、グラフィックデザインはTAKAIYAMA incが担当。中央におもな出品製品が並び、左右に規則正しく各ブースが配置されるという構成で、実際にまわってみると、非常に見やすかったです。できれば来年もそうしてほしいくらい。

b0141474_21353830.jpg

b0141474_21354933.jpg


b0141474_2136920.jpg

プラスチックなどの素材を使った、カスタマイズできるアクセサリーブランド
INSTANT JEWEL」。

b0141474_21361597.jpg

極薄の用紙に印刷されたノート「PALEVEIL」。オフセット輪転機の薄紙印刷の特許を持つ岩岡印刷工業が製作。デザインはSAFARI。ちなみにインテリア ライフスタイルのキービジュアルもSAFARIのデザイン。
http://www.iwaoka.co.jp/news/2015-06-09-1639.html

b0141474_21362134.jpg

ポーランドのデザインブランド「ZUPAGRAFIKA」。モダン建築と工業デザインをモチーフに、さまざまなペーパーアイテムを発表。以前、渡部さんが教えてくれた製品が日本にも輸入されてました。
取り扱い:http://www.atexcorp.net/

知り合いのブースなど、ほかにもまだまだご紹介したい製品はあれど、全体を通じて感じたのは、最近の展示会がものすごくおしゃれになってきているなということ。数年前では考えられないくらい格段にレベルが上がってきているのは確か。製品をちょっとおしゃれにしたくらいでは太刀打ちできないくらいのハイレベルな競争の場になってきてると思いました。

知り合いのデザイナーさんからも、最近、地場産業や地域の特産物を売る企業からの仕事が増えているという話をよく聞きます。デザイン賞の受賞作品にもそうした種類のものが増えているので、なんとなくは感じていたんですが、やはりそういう傾向が強くなってきているようですね。デザインの力がより多くの人に理解され、結果として全体的に底上げされていくのであれば喜ばしいことです。
[PR]
by dezagen | 2015-06-21 23:44 | イベント | Comments(0)
Schweiz 日本 Japan スイス
編集宮後です。
7月5日まで、西麻布のCALM&PUNKでスイスと日本のデザイナーによるポスター展「Schweiz 日本 Japan スイス」が開催されています。スイスと日本の国交樹立150周年記念をきっかけとした両国のデザイナーを結ぶ文化貢献
プロジェクトだそうで、Grilli TypeのNoel Leuさんやグラフィックデザイナーのステファニー・グエレルさんを中心に企画され、日本とスイス12組のデザイナーが参加しています。

参加デザイナー:
ボンボン(チューリッヒ)
クラウディアバーゼル(バーゼル)
デミアン・コンラッド(ローザンヌ)
フェリクス・ファエフリ(ルウェン)
ジョンソン/キングストン(ルウェン/ベルン)
服部一成(東京)
佐野研二郎(東京)
寺島賢幸(札幌)
プリル・ビヒェリ・クレーマス(チューリッヒ)
長嶋りかこ(東京)
植原亮輔〈キギ〉(東京)
原田祐馬(大阪)

b0141474_23375727.jpg


Noelさんは春にスイスから日本にやってきて、しばらく東京に滞在しながら展覧会の準備をしたそう。日本のデザイン事務所でインターンの経験があるステファニーさんがキュレーションを担当。日本のデザイン関連機関などの協力を得ながら展覧会をつくりあげたバイタリティには脱帽です。

6月25日(木)19時から出品作家によるトークイベントがあるそうのなので、こちらもぜひいらしてみてください。
[PR]
by dezagen | 2015-06-21 23:42 | 展覧会 | Comments(0)
mt 浅草花やしき
編集宮後です。
久しぶりにマスキングテープmtの話題です。

6月28日まで、浅草の遊園地「花やしき」でmtのイベントが開催されています。
http://www.masking-tape.jp/event/store/2015/asakusa.php

b0141474_2352376.jpg

b0141474_231322.jpg

b0141474_2313869.jpg

b0141474_2313145.jpg

b0141474_2313196.jpg


花やしきは、創業1853年。もともとは花園でしたが、戦後に遊園地となり、今年で162年目を迎えます。子どものころよく連れていかれましたが、基本的には当時の雰囲気とあまり変わってないです。現地に行かれたことがある方ならわかると思いますが、昭和っぽいというか、独特な雰囲気があるエリアです(たくさんあった映画館や見せ物小屋はなくなり、いまはJRAの場外馬券場があります)。

イベントの様子はこちら。3階の会場でmtの限定テープなどが販売されていました(エレベーターがない建物なので、搬入が大変だったそうです。夏でなくてよかったです)。窓からは、浅草寺とスカイツリーも見えます。メリーゴーランドやスワンなど、遊園地のアトラクションや輪投げコーナーもmtでデコレーションされていました。遊園地とmtの組み合わせはいいですね。ほかのテーマパークでも展開できそうです。美術館とか、スーパーマーケットとか、いままで貼ったことがない場所に貼られるのもおもしろそうです。次回の展示はまた公式サイトで発表されると思いますが、楽しみにしています。
[PR]
by dezagen | 2015-06-21 23:22 | イベント | Comments(0)
ミナペルホネン20周年
編集宮後です。
5月20日から6月7日まで、青山のスパイラルでミナ ペルホネンの展覧会『1∞ ミナカケル』が開催されました。ミナ ペルホネンは皆川明さんが1995年に立ち上げた服のブランドで(当初のブランド名は「ミナ」。途中から現在の名前に改称)、今年20周年なのだそう。

b0141474_18161428.jpg

b0141474_18162446.jpg

b0141474_18163046.jpg


いままでに発表されたテキスタイルや服の展示のほか、ミナ ペルホネンのテキスタイルやモチーフを使った生活用品に囲まれた宿泊施設の提案もありました。テキスタイルだけでなく、生活をとりまくプロダクトや空間にも広がりをみせていく様子が印象的でした。ブランドが大きくなるにつれて、どのように展開していくかというのはとても難しい課題です。ミナ ペルホネンの活動を見ていると、自分たちでできる規模で着実に続けられているのがとてもすばらしいと思います。

個人的に気になったのは、展示会場で販売されていた書籍。前回15周年のときに刊行された書籍は出版社から刊行されていましたが、今回はミナから刊行されていました。いまはコンテンツを持っている会社や個人が自分たちで情報発信するオウンドメディアの時代なんですね。
[PR]
by dezagen | 2015-06-21 19:19 | 展覧会 | Comments(0)
欧文レタリングのワークショップ
編集宮後です。
全然、ブログを書いていなくてすみません。

もう1か月以上経ってしまったんですが、5月中旬、東京で書体デザイナー、アレ・ポールさんとニール・サマワーさんのレタリングワークショップが開催されました。

アレさんはアルゼンチンのグラフィックデザイナー/書体デザイナーで
Sudtiposというタイプファンダリーを運営されています。美しいスクリプト体がたくさんあるのでぜひご覧になってください。

ニールさんはアメリカの書体デザイナーで、Positypeというファンダリーを運営。日本に住んでいたこともあるそうです。

で、今回、日本で企画されたワークショップがこちら、
An Analog & Digital Lettering Workshop with Ale Paul and Neil Summerour

世界的にも有名な書体デザイナーからたっぷり2日間、レタリングと書体デザインの手ほどきを受けられる貴重な機会でした。

b0141474_17593751.jpg

b0141474_17594272.jpg

参加者に配布されたセットと、ワークショップ受講風景。

5月16日(土) 8:30〜16:30 (1日目)
1日目の午前中はアレさんによるスライドレクチャー。ランチをはさんで、ペン先が筆状になったマーカーでスクリプト体を描く練習。最初はお手本をなぞり、そのあとお手本を見ながらフリーハンドでアルファベットを描く練習が行われました。描いている途中も、ニールさんとアレさんが順番にまわりながら、一人ずつ指導してくれます。

1日目の終わり頃に課題のテーマを発表。Tシャツにプリントするロゴをアルファベットと和文を組み合わせてつくるというもの。ロゴにする言葉は各自が自由に選び、スケッチをしました。どんなロゴをつくるか、いくつかアイデアスケッチをして、この日は終了。

5月17日(日) 9:00〜17:00 (2日間)
2日目は、前日のスケッチをもとにさらにブラッシュアップしていきます。途中で何度か、全員の作品を前に張り出し、見比べながら、アレさんとニールさんが講評していきます。各参加者たちは、そこで指摘された箇所を直しながら、フィニッシュに近づけていきます。最後に完成したロゴを講評してもらって終了です。パソコンは一切使わず、2日間ずっと手で描くという体験は貴重かも。指摘されて直す...というプロセスを繰り返すことで、どこが問題なのか参加者が体感しながら気づけたことが最大の収穫かもしれません。

ワークショッップの解説はすべて英語で行われていましたが、大きな支障はなく、参加した方々は楽しんでいらしたようです。詳細は後日、雑誌のほうでレポートすると思うのでお楽しみに。
[PR]
by dezagen | 2015-06-21 18:55 | その他 | Comments(0)
香港 パッケージ その他
ライター渡部のほうです。

香港で見たパッケージなどの話。

新しいもの好きの香港ですが、実はスーパーマーケットの商品は日本ほど変化がないのです。
安くておいしい外食がいくらでもあって、自宅で料理しなくても全く問題ない土地。
街角の食堂やレストランは新しさを提供し、スーパーマーケットは基本的なものを買う場所、という位置付けのような気がします。

基本的なもの=定番もの=となると、昔ながらのパッケージが延々使われているケースが多い、ということでしょうか。前回のvitasoyのように特別版が突然出たりして、一慨には言えないのですが。
スーパーやドラッグストアで見た、レトロっぽいものをいくつか。

SESAMEと書いてあってイカの絵。胡麻味はしません。
b0141474_22384074.jpg


こちらはあえてレトロ風なパッケージ。胡麻団子とピーナツ団子。繁体字はきれいだなあ。
b0141474_22385658.jpg


昔から変わってないというか、箱、製品名、色とパターン、以上。みたいなミニマル具合がむしろ薬っぽさを醸している。
b0141474_22281544.jpg


昔っぽい!と思ったらムヒだっった。。
b0141474_22284223.jpg


今もよく分からない日本語が書いてあるパッケージは健在。「ちょっとの幸福」。お菓子のパッケージポエム集を出したくなりました。
b0141474_222938.jpg


日本語も健在ですが、最近はハングルもよく出てきます。「바나나 우유」はバナナミルク。そのままでした。
b0141474_22392168.jpg


こんな感じであんまり変化が激しくないスーパーの中にあって、新商品が続々登場し、パッケージも変わりぐいぐい攻めているのが即席麺コーナー。

b0141474_22291755.jpg

こちらは香港日清のカップヌードル。フレーバーが多いのが特徴です。恐らく店員さん(あるいはお客さん?)が勝手に変えたのだと思いますが、一棚(段ボールの横を切っただけだけど)に同じ種類、ではなく混在させたことですごくおいしそうなシズルを醸しています。

パッケージじゃないけど。
金物などを売っているお店。外にはみ出した商品群のお陰で、この店が何を売っている店なのか分かる。
看板要らず。
b0141474_22403884.jpg


商店街の途中で突然古紙の塊に出会いました。テヨ・レミの家具みたい。
b0141474_22395596.jpg

b0141474_231262.jpg

と、思ったらミニミニ古紙プレス工場。香港はすごい小さいスペースに個人商店や工場があったり。香港という場所は歩いていて飽きないところです。
体力要るけどね。
[PR]
by dezagen | 2015-06-11 00:30 | プロダクト・パッケージ