エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
地図のステーショナリーシリーズ「mati mati(マチマチ)」
編集宮後です。
このところ、本にまつわる記事が多く、「これ、誰がデザインしたの?」を解明する取材をあまりしていませんでした。久しぶりに気になる製品がリリースされると聞いて、早速取材してまいりました。

b0141474_11135273.jpg

b0141474_11135674.jpg

b0141474_1114188.jpg

b0141474_1114584.jpg

(画像提供:yurulikuDESIGN)

その製品とは、地図メーカー、株式会社ゼンリンが発売する地図のステーショナリーシリーズ「mati mati(マチマチ)」。東京の丸の内、表参道、吉祥寺、福岡の天神の4エリアの実際の地図データをデザインに活用した、クリアファイル、マスキングテープ、ノートパッド、ブックマークの4種類、合計16種類のステーショナリーです。たとえば、丸の内なら歴史的建造物、表参道ならファッションというように、その街を象徴するテーマが地図上で表現されています。シリーズ名の「mati mati」は、「街」を語源としながらも、それぞれの街の様々(=まちまち)な特徴を表現。20〜30代の女性向け商品として、女性社員によるプロジェクトチームが企画し、製品化に至ったそうです。

こちらのシリーズのデザインディレクションからプロダクトデザインまで、トータルで担当したのが、yuruliku|yurulikuDESIGNさんです。文具レーベル「 yuruliku 」のオリジナルプロダクトを発信したり、様々な企業の企画・デザインのサポート、ブランド開発のディレクションなどを行ったりしていらっしゃるクリエイティブユニットで、以前このブログでも取材させていただきました。http://dezagen.exblog.jp/13230932/

今回のプロジェクトでは、ゼンリン社内のプロジェクトチームとともに、2015年6月頃からコンセプト作成、ブランドのネーミング、アイテム展開などの打ち合わせを重ねてきたそうです。

「ゼンリンさんが持っている膨大な地図データをどのように製品にしていくかが課題でした。地図データにはたくさんの情報が含まれているので、どこまで省いてデザインしていいのか、その判断が難しかったですね。また、たとえば神保町なら本屋さんというように、街とテーマが決まってデザインを始めようと思っても、分布が偏っていたり、スペースに収まらなくなったりして、製品にするのが難しい地域もありました。トータルで見たときの世界観を維持しつつ、街のテーマとグラフィックのバランスがとれるように心がけました」(yuruliku|yurulikuDESIGN)

b0141474_11143657.jpg

b0141474_11144160.jpg

b0141474_11144519.jpg

b0141474_11144971.jpg


初回に発売されるアイテムは4種類(写真)。異なる4つの地図要素がそれぞれレイヤーになって重なっているクリアファイル、昼と夜の色の違いを楽しむノートパッド、道路の部分にメッセージが書き込めるマスキングテープ、封筒に入れて送ることができるブックマークなど、それぞれの製品で工夫が施されています。クオリティやデザイン性の高さはもちろん、使うのが楽しくなる配慮がされているのが印象的でした。

製品は、2016 年 1 月 15 日から首都圏と福岡県 のロフト(18店舗)で先行販売され、2016 年 2 月以降、その他の店舗に順次拡大する予定。今後どのようなラインナップになるのか、楽しみです。

mati mati(マチマチ)
http://www.zenrin.co.jp/goods/matimati/

yurulikuDESIGN
http://www.yuruliku.com/design/wrks-matimati.html
[PR]
by dezagen | 2016-01-27 07:39 | グラフィック | Comments(0)
全国カレンダー展&全国カタログ展
編集宮後です。
1月13日から17日まで、ゲートシティ大崎で開催されていた「全国カレンダー展」「全国カタログ展」を見てきました。読んで字のごとく、企業や団体のカレンダーとカタログの中から優れた作品に与えられる賞で、印刷団体「日本印刷産業連合会」の主催で毎年開催されています。

カレンダー展は、第一部門(一般企業カレンダー。おもに配布用)、第二部門(販促カレンダー。企業が販促のために配布、販売するもの)、第三部門(出版されている販売用カレンダ−)、カタログ展は、第一部門(展覧会などの図録)、第二部門(商品カタログ、通販カタログ、企業案内、学校案内、PR誌、各種報告書など)に分かれ、部門ごとに受賞作品の現物が展示されます。普段あまり目にしない印刷物が見られるので、毎年楽しみにしています。

ゲートシティ大崎での展示風景。
b0141474_16585330.jpg

b0141474_1659191.jpg


入選作はこちらにまとめてアップされています(画像なし、受賞タイトルのみ。PDF注意)

第67回全国カレンダー展の入選作
http://www.jfpi.or.jp/topics_images/tpc243_359.pdf

第57回全国カタログ展の入選作
http://www.jfpi.or.jp/topics_images/tpc239_353.pdf

私が興味あるのはカタログ展のほう。受賞した美術展の図録などがまとめて見られるので、テンションがあがります。今年も山田写真製版所の仕事が目立ちました。昨年受賞した『しかけ絵本の世界』も山田写真さんのお仕事。

会場では受賞作品をまとめた小冊子が置かれていました。ウェブでもPDFで公開していただけると、展示を見に行けない方もうれしいのでは?と思いましたが、関係者の皆様いかがでしょう? 展示は終了しましたが、毎年1月に表彰式と展覧会があるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
[PR]
by dezagen | 2016-01-20 07:52 | 展覧会 | Comments(0)
実はロンドンとパリにも行ってました
ライター、渡部のほうです。

実は、というほど隠していたわけではないのですが、昨年の11月にロンドンとパリに行っておりました。
スーパーマーケットの商品の写真も撮って、さあアップでもしようかな、と思った帰国後3日目、パリで同時多発テロが起き、「パリで楽しかったです」などというブログを書く雰囲気ではなくなり、お蔵入りにしていたのでした。

インドネシア・メダンの商品についての感想をブログにアップして、ロンドンとパリのものについて書きたいな、と思ったので、今更ですが、書きます。

まずはロンドン。
ロンドン、というかイギリス、はプライベートブランドのデザインに関して、世界でトップレベルだと思います。アメリカも個々のチェーン店の押しが強いのですが、デザインの統一感、整然性、見やすさ、などの観点ではイギリスに軍配を上げたい。

ロンドンではどこにでもあるドラッグストアチェーンのブーツ。あまり気にしていなかったんですが、よく見ると、細かいところまでかなり統一感を出しています。
b0141474_050380.jpg

b0141474_0502049.jpg

基本的にグリッドの四角で区切り、文字情報は四角の中に収まるようにしています。絵柄が必要なところは大きめに四角を取っています。ドラッグストア(イギリス風に言えばファーマシーですが)は、小さいものはガーゼや絆創膏1枚から、塗り薬、飲み薬、効能も様々なものがあるので、それをきっちり統一するのはかなり難しいと思うのですが、グリッド+色、文字だけで伝わるもの、絵柄を入れるもの、と慎重に作り込んであることが伺えます。
時として人の命に関わるもの、あるいは、緊急を要するもの、なので、重要なのは「迷わない」「分かる」こと。
ブーツの統一デザインはおしゃれとはほど遠いのですが、しっかりと役割を担っています。
ちなみにシャンプー類やコスメ系はそれぞれのブランド展開をしているので、このグリッドデザインは、あくまでベーシックな商品に使われているようです。

分かりやすい、と言えば、イギリス屈指の有名チェーン百貨店(?)マークス&スペンサー。
b0141474_145755.jpg

b0141474_151051.jpg

上はレギュラーコーヒー、下はインスタントのコーヒーです。
コーヒーは産地や豆の品種も重要ですが、一般的な消費者からすると、焙煎が浅いか深いか(どれだけ苦いのか、とも言える)という点のほうが重要なのだなと思わせる、でっかい番号表示。
他のスーパーマーケットでも、濃さ/苦さに合わせて、番号を使っていますが、マークス&スペンサーほど数字を分かりやすく表示しているパッケージはなかったです。
(ウエイトローズではチーズの熟成度を表す数字が大きく表示されてましたが)
レギュラーコーヒーだけでなく、インスタントコーヒーにも数字を適用しているところは、本当に親切。

他は、ちょっと面白かったもの。
b0141474_193891.jpg

フィッシュ&チップス味スナック。どうやら中身も魚とポテトフライの形のようですが、クラッカーですね。今フィッシュ&チップスを買っても、きれいな専用の紙で包むか、箱入れてくれますが、昔は新聞紙が普通。日本の焼き芋と同じ。
フィッシュ&チップス×新聞、というのはアイコン的な組み合わせ、というのを利用して、パッケージも新聞風になっています。
ただ、ちょっと袋がぎらっとしてて、グラフィックも新聞感が薄いのが残念。なんならマットな地にすれば良かったのになあ。

セインズベリーのジャイアントショートブレッド
b0141474_1164623.jpg

サイズを大きくする、というのは日本だとポッキーとか色々ありますが、イギリスだと珍しい。
多分1本で3本分くらいのボリュームだったと思うのですが、カロリー高いぞー!

b0141474_1182736.jpg

ハインツのケチャップ。
下向きプラスチックボトルと、正統派ガラス瓶入りがどちらも売られています。
ケチャップ、マヨネーズなどペースト状の商品は、下向きのほうが確かに使いやすいのですが、日本のマヨネーズは相変わらずのポリエチレン上向き型だし、ガラス瓶もまだまだ健在。各国頑固な消費者がいるのでしょう。

ベーシックな調味料のパッケージというのは、便利だからと言って、すぐ変わるというものでもないようです。日本も鮮度を大切にしたプラスチックバッグ入りの醤油パッケージが出ましたが、今は下火。やはり、普段から使っているものは、形を視覚的に認識し、ほぼ反射的に手の動作が行われます。形や見た目が新しいと手が動きにくい。これはなかなか変えづらいものですし、視覚的アイコンとしても認識しづらくなります。
パッケージ容器を作っている技術者の方々は日々苦労しているのでしょうが、昔からある商品というのはハードルが高いのですね。

b0141474_1284126.jpg

私が追っている、スープストックの動物柄。イギリスのクノールは、ビーフなのか魚なのか、アイコンよりもイラストで説明するようになってきています。で、相変わらずクノールの牛は下向きで暗いんですよねえ。悟り顔というか。

お次はパリ。
以前も紹介したモノプリ
http://blog.excite.co.jp/dezagen/20496459/
大胆に色の地と文字だけで勝負、写真はなし、という新しいプライベートブランドのデザインを2011年に投入しましたが、2015年10月時点で、ややパッケージに写真やイラストが増えてきていました。
b0141474_1351174.jpg

お茶のパッケージ。
基本的なイングリッシュブレックファストやアールグレーといったものは色の地と文字だけですが、左側のレモン、シトラスティーはイラストが入っています。
種類の多いクッキー類やシリアルなどはイラストが入るようになり、若干統一感は薄れてしまいました。

デザインの美しさで言えば、イラストがないほうが整然とはしていますが、文字だけで全部判断するのは難しい。ましてや、急ぎの人も多いスーパーマーケットの中、いちいち文字を読むよりは、写真やイラストで「これだ」と認識するのです。
デザインの変化は残念でもあり、当然だよなあ、という納得感もあり。

b0141474_140589.jpg

分かりにくいですがポテトチップスです。家に帰ってから撮ったもの。
小さいパックがシールでまとめられているという売り方。本当は6個パックです。これが正面だけ見せて棚に置いてあるので、一個取り出すと、おそ松くんのようにわーっと引きずられて6個出て来る。びっくりしました。

nouilles japonais。
b0141474_145180.jpg

フランスの「カップヌードル」の名前が「日本の麺」に変わっておりました。いつから変わったのか。。でも相変わらず人気のようです。

b0141474_1463141.jpg

オリエンタルコーナーというか日本食コーナーというか、「tanoshi(楽)」ブランドと「mitsuba」ブランドが大きく展開していました。
mitsubaはオランダのブランドのようです。
http://www.mitsuba.nl 
HPがえーっ!って感じですが、新しいアジア感としては仕方ないかも。
tanoshi ブランドもなかなかのものですが。
http://www.tanoshi.fr

いろんなハードルがあるものです。
[PR]
by dezagen | 2016-01-19 01:54 | プロダクト・パッケージ
インドネシア メダンに行って来ました。
ライター渡部のほうです。

先日、4日間(実質2日)でインドネシアのメダンというところに行って来ました。
インドネシア滞在中に、首都ジャカルタで自爆テロの事件があり、若干街中に警察や警備の人が増えたような気がしましたが、ジャカルタがジャワ島、メダンがスマトラ島、と島が異なるせいか、特に旅行に支障はなかったです。

さておき。
インドネシアは3回目なのですが、スーパーマーケットを見ても街の様子を見ても、消費者の好みや傾向が把握しづらい国です。

これまでのインドネシア滞在記。
2012年 ジョグジャカルタ
http://blog.excite.co.jp/dezagen/17984956/
http://blog.excite.co.jp/dezagen/17981562/

2013年 ジャカルタ
http://blog.excite.co.jp/dezagen/19855249/
http://blog.excite.co.jp/dezagen/19844541/
http://blog.excite.co.jp/dezagen/19844000/

どうもパッケージから情報を得て買ってるという感じがしない。
中身ありき、というか。多分、スーパーマーケットのような場でも「油買いに行くぞ。油だ。安いぞ。よし、買った」みたいな、その程度の情報で買ってそうな。

3回目にして分かったことと言えば、今回なんとなく傾向として、みんな緑が好きなんだな、というざっくりした印象のみ。ライターとしてダメだなあ。

街中の市場。
b0141474_036542.jpg

屋台の色自体が緑。やや鈍めの若干茶色が混じったような緑と黄緑が目立ちます。
印刷屋?の壁色にもご注目。
b0141474_0381267.jpg

スーパーマーケット内、ナタデココ売り場。ここは完全に緑。
b0141474_0391316.jpg

ココナツ=緑、という印象のようです。
日本他だとココナツ=茶色のイメージが大きいけれど、ココヤシの成長過程から見ていると、緑ということになるのかも。
こちらは洗剤コーナー。
b0141474_0404348.jpg

洗剤系の商品には、洗浄効果の高いもの、あるいは基本的なものには緑もしくは青、香りなどの付加価値のあるものはピンク系、紫系が多い様子。

ちなみにこういうレトロな商品はどんどん減っているので、悲しい。
b0141474_0473960.jpg

衣料用洗剤。
ウェブサイトによると1928年から北スマトラにあるブランド。
http://www.teleponsoap.com/?Type=View%20Product&item=Telepon%20Bar%20Soap#
このパッケージも1928年から変わってないのかも。。と、するとあと12年で100年なので、是非このまま行って欲しいところです。

緑以外、カラフル好き、という傾向も。派手好きともちょっと違う。
b0141474_0543991.jpg

レインボーケーキ。色が違ったからと言って、味が違うんじゃないとは思う。
ゼリー多種。
b0141474_0554852.jpg

ここは撮り切れてませんが、透明、白、赤から緑、黒(濃い茶色)まであらゆる色のゼリーが揃っております。

ゼリー的なものの商品は本当に多い。ナタデココ含む。ゼラチン、寒天、タピオカなど、原料は様々なれど、ツルっ、ヌルっ(この言い方あんまりよくないか…)、加えて、モチっ、プリっとしたものが好き。
インドネシア、マレーシアは本当にゼリー的なものが多い。ゼリー好きの方は見逃せないことでしょう。私はそんなでもないけど。

上のゼリーの写真でお分かりになるかもしれませんが、インドネシアではカップヌードルなどの陳列が、上下、上下と置く傾向。スタルクの椅子(PRINCE AHA)みたい。

インドネシアでもパッケージにおける「牛」は気になるところ。
(どこかで書いたかと思うのですが、パッケージの中の動物、特に牛と鳥に注目し続けているのですが、なかなかまとまりません)
お菓子ではホルスタイン系牛。
b0141474_1211644.jpg

b0141474_1213525.jpg

オランダ統治時代も長かったせいなのか乳牛のイメージは割と正確。

クッキーなどの焼き菓子を見ていると、インドネシアはやこういう焼き菓子もそうなのだけれど、パン、小麦粉の麺など小麦製品が意外と多い、というか年々増えているような印象。もともと米や芋系が主食で、小麦は輸入もの。こんなに増えていいのだろうか、と他国ながらなんとなく不安になるほどの小麦粉製品の量でした。

ちなみにスープに使ういわゆる「ビーフ」の絵は結構真顔で怖い。
参照
http://www.royco.co.id/Produk/Detail/287762/royco-bumbu-pelezat-serbaguna-rasa-sapi


今回、メダンを選んだ理由は、首都ジャカルタのあるジャワ島と、スマトラ島で売られている商品が違うのでは、という確認作業だったのですが、大手スーパーマーケットチェーンだと、売られている商品も大手メーカーのものが多く、あまり違いは見られず。市場や小さい商店などで控えめに売られているものは地元スマトラ産もありましたが、マレーシアやタイの物も多く(これはジャワ島でも同じ)すごく差があるという感じでもなかったのがちと惜しいところでした。

最後。余計情報。
魚スナックの絵がジャイアンに見えなくもない、トレードマーク(なの?)。
b0141474_1291162.jpg

[PR]
by dezagen | 2016-01-18 01:42 | プロダクト・パッケージ
2016年にいただいた年賀状から
編集宮後です。
今年もよろしく御願いいたします。

2016年最初の記事は、皆様からいただいた年賀状をご紹介しようと思います。
加工がおもしろかったものを中心に、差出人ご本人から許可をいただき、掲載いたします。

b0141474_17383100.jpg

b0141474_1120498.jpg

「かみの工作所」の年賀状から。折れ目にそって年賀状を折ると、立体的な富士山が立ち上がるというもの(冨士山だけでなく、鷹の箔押しや折ると茄子になる仕掛けもあり、「一冨士二鷹三茄子」になるのだそうです)。氷を置いたり、水につけたりすると写真のように色がにじみ出てきます。原田祐馬さん率いるUMA / design farmのデザイン。昨年、かみの工作所から発売された「CMY / POT」(色がしみ出してくる植木鉢カバー)の原理を使用しているそうです。


b0141474_1738845.jpg

BULLETの小玉文さんの年賀状。申年(猿)ということで、バナナのモチーフに。バナナの皮をむくように、気持ちよく剥がせる加工がすごい!と思って、小玉さんにうかがったところ、3枚の紙を貼り合わせているのだとか。コスモテックさんのブログに加工の詳細が記載されているそうなので、ぜひご覧ください。


b0141474_17381956.jpg

b0141474_11204972.jpg

大阪と東京に拠点を持つデザイン事務所、SAFARIの年賀状。透明ビニール袋の中に、折りたたんだポスター状のメッセージが入っています。「薄紙を使ったプロダクトの企画開発を行っているので、今年もお世話になりますと感謝の意を込めて薄紙を使用しました。薄紙の特徴を生かしたく、裏から透けた状態で文字が読めるようにデザインしました」(SAFARIの古川さん)。用紙は、オーク超軽量印刷用紙 25g/㎡(A判・13.8kg)だそうです。


b0141474_17381429.jpg

デザイナーの高橋倫代さんからの年賀状。「おめでたいアイテムを散らしつつ、とにかく明るく元気に! と思いながら制作しました」とのこと。チャック付きの透明袋に入っているので、封を開けなくても中が見えるのがポイント(写真では省略していますが、メッセージカードがはさまれていました)。読み手のことを考えた親切設計です。


b0141474_17382547.jpg

書体メーカーMonotypeからのクリスマスカード。メッセージ部分はレーザーカットで穴があいていて、下から金色の紙地が透けて見えるようになっています。カードをめくったときに穴に気づき、「おっ!」と思うしかけですね。レーザーカットは断面が焼けてうっすら茶色くなることがあるのですが、裏が金だとあまり気にならないことも発見でした。


b0141474_17383754.jpg

こちらは年賀状自体のデザインではないですが、切手の貼り方が素敵だった例。動物シリーズの切手は背景色がそろっているので、こうして並べて貼るととてもきれい。差出人はデザイナーの方ですが、切手の配色にも気を配っているのが伝わってきます。


「デザイナーからの年賀状を見たい!」という方は、1月21日から竹尾見本帖本店で開催される「クリエイター100人からの年賀状」展vol.11をどうぞ。年賀状100点の実物が展示されるので、質感や素材感を間近で確かめることができます。おすすめです。

「クリエイター100人からの年賀状」展vol.11
2016年1月21日(木)〜2月26日(金) 土日祝休み
https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20160121.html
[PR]
by dezagen | 2016-01-08 07:38 | グラフィック | Comments(0)