エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
竹尾デスクダイアリーの60年
編集宮後です。
竹尾見本貼本店でデスクダイアリーの展覧会を見てきました。

b0141474_22525110.jpg

デスクダイアリーとは、紙の総合商社、竹尾が毎年制作している卓上ダイアリー。1959年から多くのデザイナーが制作にかかわり、来年2018年でちょうど60冊目になるそうです。そんな貴重なダイアリーの数々を集めた展覧会「竹尾デスクダイアリーの60年」が12月10日から開催されています。

b0141474_22535760.jpg

1959年の最初のダイアリーはこちら。デザインは日本デザインセンターで、本文にはパルテノン、マーメイドリップル、ウエーブレード、STカバー、MLファイバー、アングルカラー、彩美カード、NBKファイバーなどの紙を使用。当時はまだリング綴じ(スパイラル製本)でした。

卓上で180度フラットに開けるようリング綴じが使われていたのですが、1976年から糸かがり綴じになります。糸かがりは丈夫で良いのですが、見開き全体に写真や絵が入るとき、中央に糸が見えてしまうのが課題でした。そこで、糸が見えないように考えられたのが、背開き製本です。半分に折った紙を重ね、背の部分を糊で固めて製本するため、のどに綴じたあとが残らず、絵柄がきれいにつながります。この製本方法は、美篶堂の上島松男親方によって提案され、1988年のダイアリーから採用。現在も美篶堂による手製本で製本されています。

展示会場では、美篶堂の上島松男親方や上島真一工場長のインタビューのほか、2018年のダイアリーの制作工程を紹介する映像が見られます。ダイアリーがあまりにきれいに整っているので、機械で製本されたように見えるのですが、一冊ずつ職人の手によってつくられていたんですね。映像を見ていただくと、1冊のダイアリーができるまでに多くの人の手が入っていることがわかるかと思います。

b0141474_22551721.jpg
60冊のうち、初期のものは透明ケースに入っていますが、それ以外は手にとって閲覧可能。貴重なダイアリーの一部は、デジタルアーカイブ化され、会場にあるiPadで見ることができます。

b0141474_22555669.jpg
文字好きの方に見ていただきたのは、1983年のダイアリー。書体デザイナー、カリグラファーとして有名なヘルマン・ツァップさんのカリグラフィー作品が収録されています。このダイアリーのために新たに描かれた作品もあり、必見です(会場のiPadで全ページが見られます)。

60年分のダイアリーを一度に眺めてみると、新しい紙が次々と開発されていった様子や、当時のデザイナーが腕をふるっていた様子が生き生きと伝わってくるようです。企業の制作物を通じて、用紙開発の歴史やグラフィックデザインの歴史もかいま見られる貴重な展示でした。展示は、2018年1月19日まで竹尾見本貼本店で開催。会場に行けない方は、竹尾アーカイヴスのウェブサイトでも一部見ることができます。

竹尾アーカイヴス「竹尾デスクダイアリー」








[PR]
by dezagen | 2017-12-19 08:09 | 展覧会 | Comments(0)
世界のブックデザイン 2016-17 feat. 21世紀チェコのブックデザイン
編集宮後です。印刷博物館で始まった「世界のブックデザイン」展を見てきました。

「世界で最も美しい本コンクール」入選図書のほか、日本、ドイツ、オランダ、スイス、カナダ、中国、チェコ各国のコンクールで入賞した書籍約200点が展示されています。また、「日本におけるチェコ文化2017」にあたる今年は、「チェコの最も美しい本コンクール」受賞作に加え、21世紀のチェコのブックデザインに焦点を当てたコーナー(下写真)で50点の書籍が展示されていました。

b0141474_00163303.jpg
b0141474_00202350.jpg
過去の「世界のブックデザイン」展の記事はこちらにまとめました。

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

今年気になった本を紹介していきます。まず、入口付近に展示されている「世界で最も美しい本コンクール」から。

b0141474_00170278.jpg

銅賞(スイス)
『Withheld due to』(事情により保留)

ジップロックの保存袋の中に、綴じてない二つ折りの紙束がそのまま入っている装丁。「おっ?」と思って中を見ると、いくつもの写真。実はこれ、イラクのアブグレイブ刑務所における捕虜虐待についての法的措置のあと、アメリカが公開を許可した収容者の裸体のスナップ写真。裁判の判決は出ていても、道徳的、社会的な観点ではまだこの問題は「終わっていない」ことを綴じていない未完成の造本で表現。

b0141474_00172669.jpg
b0141474_00173564.jpg

銅賞(スイス)
『Bernhard Chadebee - Intrus Sympathiques』(ベルナール・シャドゥベック 感じよい侵入者)

ベルナール・シャドゥベックのポスターをまとめた作品集。ポスターが二つ折りになって綴じられており、天が化粧裁ちされていないので、1ページずつめくってポスター全体を見ることができない。「印刷事故」とも思われかねない、きわどい装丁。

ここから国別にコンクール受賞作品を紹介。

[オランダ]
b0141474_00180119.jpg

『Nieuwe Bijbelvertaling』(現代語訳聖書)
「Bijbel」(聖書)の文字が背、表紙、小口にぐるっとまたがるよう大胆に配置。小文字「i」と「j」の間の白地に注目すると、白い十字架が! 黒と金の2色のスピン(しおり)もお見事。

b0141474_00181223.jpg
b0141474_00182021.jpg
『Prints』(プリント)
オランダのデザイナー、カレル・マルテンスの作品集。マルテンスの特徴でもある独特の蛍光色や幾何学的な模様が目をひく。折り畳んだページをたばね、天をカットしないで製本。スイスにも同じような製本の本がありました。


[ドイツ]

b0141474_00184251.jpg
b0141474_00184383.jpg
『Soir?e Fantastique』(素晴しい夜)
ライプチヒのオスカー・ライナー印刷所で1840〜70年にかけて印刷されたポスター約330枚に同時代のライプチヒの写真が重ね合わされた資料集。ポスターと写真をコラージュのように重ねてしまうという大胆な手法がユニーク。当時の街中で使われていた文字を知る資料としても貴重。


[中国]

b0141474_00190276.jpg

「中国の最も美しい本2016」入選書籍で、チベット地区民間所蔵チベット文字貴重文献叢書。極端に横長のサイズで、糸かがりで綴じられている。かがり糸の色が綴じる位置や折ごとに変えられているので、とってもカラフル。小口側に文様が印刷され、箱に入った豪華仕様。気になるお値段は6000元(約10万円)。

今回の特集国、チェコ。

[チェコ]
b0141474_00192227.jpg
『Alfabeta』(アルファベット)
子供がアルファベットを覚えるためのお絵描き絵本。グラフィックが3色に抑えられているが、カラフルで楽しそうなデザインが秀逸。全体的にチェコの絵本はかわいらしさとクオリティを両方満たしていて、かなりハイレベル。特に、かわいい表現がうまいのはお国柄なのでしょうか?

全部をきちんと見ていないので、見落としがありそうですが、ざっと目についた本を挙げてみました。

造本という点では、中綴じやコデックスなど、180度フラットに開く製本が多かったような気がします。なんとなく格好がついてしまうコデックスに比べ、下手するとチープに見えてしまう中綴じのほうがデザインの難易度は高いですね。日本の出版ではコスト面と流通面から製本の自由度はあまり高くないのですが、そのなかでいろいろ挑戦してみる意味はありそうです。見ているだけで「こんな本をつくってみたい!」といろいろなアイデアがわいてきて、わくわくしました。

展示は、2018年3月4日まで印刷博物館で開催されています。


[PR]
by dezagen | 2017-12-04 01:10 | 展覧会 | Comments(0)