エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
石田和幸(君)の事
ライター渡部のほうです。
というか、東京造形大学教員の渡部です。
今回はかなりひいき目な投稿。

大学に勤め始めて7年目になろうとしていて、学生(18歳〜22歳くらい)の感覚もなんとなく分かってきた。
また同時に、すでに6回、卒業生を送り出している。彼らは今年齢が22歳〜30歳くらい。
ライターとしてデザインの取材をする対象は、ほとんどが30代より上。学生も私が見て来た卒業生もまだまだこれからという世代だ。

一方で教員として学生を見て、一方でライターとしてプロの仕事を見ていると、その間にかなりの差がある事にも気付く。つまりは卒業してから30代に入るまでに色々な経験を積んでいくということの表れでもある。

今回紹介する石田和幸は昨年卒業したばかりで、本当にまだまだ「卵」か「ひよこ」の状態。
今はデザイン事務所のデザイナーとして働く一方で、自分の表現追求も継続している。

ガーディアン・ガーデンが開催しているコンペティション「1_WALL」、第16回グラフィック部門でファイナリストに残ったものの
残念ながらグランプリにはならなかった。
教え子だけに残念、というのと、個人的に非常に好きな作品だったので他に見せる機会がないのも残念、ということで、ブログで紹介。
b0141474_02585012.jpg
「1_WALL」での展示風景
b0141474_04514750.jpg
絵の部分を拡大。

タイトルは「かたちは見えている、」。
黒い画面に細い白い線なので「かたちは(ギリギリ)見えている」のだが、このギリギリ感に意図がある。
あまりにも身近にあって、気付きにくい物の形の美しさ、これをじっくり見る、意識する事が目的だ。

まずは街中で見つけた気になる形の物を写真に撮り、プリントアウト、鉛筆でトレース/製図用の細いシャープペンシルで清書。その原画をスキャン、白黒反転させてインクジェットで出力することで、この極細の白い線を表現した。

「1_WALL」ではファイナリストの展示もそうだが、最終的にギャラリーでの個展を目的とするため、展示方法もかなり問われる。
大小異なるサイズの黒地の紙の上に、白地の紙を部分的に置き、少しめくって見せている。
私感で言えば、私はこの黒地の絵自体がいいと思ったので、展示には凝らず、作品を真っ正面から見せる方法のほうが良かったのではないかと思う。
ギャラリーでストレートすぎる展示方法はなかなか度胸のいることではあるし、この少しめくった展示が良かったという人もいる。
異なる評価を本人がどう吸収していくか、これが成長の鍵だと思う。

大学では(授業やクラス教員によるけれど)概ね「こうしたほうがいい」「これでいい」という1つの方向の評価を受けるわけだが、社会では他者の様々に異なる評価を受けながら、トライアル&エラーを重ね、自主的に選択、研磨していく。

石田の表現も技術も変わっていくだろうけれど、この作品に表れている、日常をしっかりと見る力はずっと持ち続けて欲しいと思う。



[PR]
# by dezagen | 2017-04-08 00:03 | デザイナー紹介
mtの路面店「mt lab. 」
ライター渡部のほうです。

このブログでは、宮後優子さんと私、共々、何度かmt(カモ井加工紙のマスキングテープブランド、言わずもがな、だけど)を取りあげている。
私達だけでも何度取材したかきちんと数えられないので、検索してみた。なんと31記事。
思ったよりもリストが長くなってしまったので、下に。

それ以外にも見本市などで見たmtの事を書いたりもしているので、かなりの追っかけ度だと思う。

今回は、2月16日にmtの初の路面店「mt lab.」がオープン、というビッグニュースを聞き、宮後さんと共に見せてもらいに行ってきた。
http://www.masking-tape.jp/event/2017/01/mt-lab.html

場所は蔵前。
間口2.7m、奥行15.7m、延床面積: 47.65平米の小さなスペースだ。
b0141474_1247347.jpg
感覚としては、少し大きめの1人暮らし用マンションの1室、くらいの大きさ。やはり正直なところ「小さい」。しかしこれには意味がある。
これまでmtのアートディレクションを務め、ショップのトータルディレクション及びグラフィックデザインを手がけたイヤマデザインの居山浩二さんに聞いてみると

「mt exなどテンポラリーなイベントでは幅広い層に向けたものになりがちで、よりコアな層、もしくは全くのビギナー向けといったトライが難しいのですが、固定した場所で店舗を持つことで、限定された小さな場ならではの振り幅のある展開が可能になります。
テンポラリーなイベントと路面店、双方を運営していくことで、より豊かなブランド像を描けるのは、と考えています。
元々は5年前に国立新美術館での「mt lab.」という企画展の名称としてあったものです。
ショップのベースにある考え方は、その時と同じように「mtの新たな可能性を探っていく」こと。
その思考と実践を更に深めていく「実験室」という意味で「mt lab.」と名付けました。」

つまり、ここは店舗であると同時に実験室でもあるわけだ。
通常の商品に加え、他の店舗、イベントでは出ない実験的な商品も扱う。
b0141474_12472910.jpg
カモ井加工紙の本社(倉敷)から運んできた、小型のテープ巻き取り機と断裁機。
b0141474_12473915.jpg
業務用のマスキングテープ。色ごとに粘着の用途や強度が異なり、主に建築施工現場などで使われている。

b0141474_12474587.jpg
右手の紫のテープは、塗料がつかないよう半透明のビニールがついたタイプ。左の白いテープは型抜きされていて、ステンシルの型紙として使うことができる。
b0141474_1247497.jpg
右のクラフト色のテープは、昔のテープによく使われていた技術を応用したもので、mt lab. 限定販売。

さらに壁を使い、ミニギャラリーを併設している。

b0141474_12475426.jpg

常に多くのお客さんが出入りする場所では、実験的な試みもやりにくいだろう。まずは小さな場所から可能性を探る、ということを大事にする、というわけだ。
そのため、当面は予約制。
木金土日の週4日で、1日15組までのお客さんを4回交代で受け入れる仕組みを取っている。

物の可能性を探るという点は立地選びにも表れている。
路面店オープンの話を聞いた時に、すでに世界的にも認知度のある人気ブランド「mt」の路面店としては地味な(蔵前にお住みの方、すいません…)場所だと感じた。渋谷、青山、銀座などでもいいのでは?との質問には

「トレンド感が少なく、ものづくりを感じさせる町を意識していました。メーカーのカモ井加工紙さんの実直で真摯な存在感は、中心地的なエリアには似合わないとも考えていました。」(居山さん)

柄がきれい、かわいい、と言われるmtだけれども、これだけ発展してきたのも、もともとはマスキングテープを作り続け、その技術を磨いてきたカモ井加工紙のものづくり精神が根底にある。
そうした意図も反映し、ミニギャラリーでのオープン第一企画は「養生展」。
マスキングテープの原点に還り、mtではなくカモ井加工紙から出ている養生用テープを紹介したり、養生用テープを貼るのに長けた職人さんがmtを使って作る技などを見せている。

インテリアデザインを手がけたのはトラフ建築設計事務所。

イヤマデザインからのリクエスト「「実験室」であることが核。ショップ全体がラボラトリーのようなギャラリーのようなフレキシビリティを備えた場に」を受けて、床壁天井を白く。
ただの四角い箱を均一に白く見せているのは、照明の技。
「天井面の間接照明が奥行のある細長い空間を均質に照らし、空間全体をショーケースのように見せている」(トラフの店舗説明より)

店に行った方には是非注目してもらいたいのが、入って左側にずらり300種類以上並ぶ、筒型のディスプレイ。

b0141474_12465756.jpg
「商品ディスプレイ側の壁面には、アクリルパイプとステンレスの受け皿を組み合わせて製作。実験器具のようなmt専用の筒型ショーケースで、豊富なラインナップを見せる。」(トラフの店舗説明より)
mt専用の筒型ショーケース、コレクターは欲しくなってしまうかも。。。(実際、私が欲しい)
b0141474_12471416.jpg

ショップオープンも楽しい話なのだが、もっと楽しみにしているのは、固定したショップ/実験の場を持つ事によって、産まれてくる今後の製品や新しい考え方。最初、地味、と書いてしまったが、ものづくりの町蔵前にあることでこれまでにない素材や技法が産まれてくるかもしれない。期待は膨らむ。

なんだか盛り盛りの内容になってしまった。
mtに関する話は、聞く度、見る度、面白く、つい全部を伝えたくなってしまう。

質問としての「これ、誰がデザインしたの?」は
トータルディレクション・グラフィック:イヤマデザイン
インテリアデザイン:トラフ建築設計事務所
照明:大光電気
施工: イシマル

これまでのmt関連記事リスト。
 マスキングテープ「mt」・その1 2009/06/25
 マスキングテープ「mt」・その2 2009/06/26
 マスキングテープ「mt」・おまけ
 mt ex 展 2009/10/21
 マスキングテープmtの本ができるまで・1 2010/07/14
 マスキングテープmtの本ができるまで・2 2010/08/09
 マスキングテープmtの本ができるまで・3  2010-08-16
 マスキングテープmtのワークショップ 2010/08/20
 マスキングテープmtの本ができるまで・4 2010/08/20
 マスキングテープmtの本ができるまで・5 2010/08/27
 マスキングテープの本 発売 2010/09/16
 mt@abc 2010/09/27
 mt ex 京都展 2010/09/27
 mt ex 京都展1 2010/10/05
 mt ex 京都展2 2010/10/05
 mt ex 京都展3 2010/10/08
 mt ex 京都展4 2010/10/08
 mt ex 札幌展 2010/11/09
 mt_ex 広島展1 2011/08/07
 mt_ex広島展2 2011/08/07
 mt博 MT EXPO 2011 2011/11/01
 mt博 会場写真 2011/11/04
 mt factory tour 2012/05/13
 mt factory tour2 2012-05-18
 カモ井加工紙に行ってきました。2013-10-03
 mt博2013 2013-10-21
 mt ex 東京・池袋「自由学園明日館」2014-10-04
 函館 蔦屋書店のmtイベント 2014/06/17
 MT × G8 2014/09/08
 mt 浅草花やしき 2015/06/21
 祝・D&ADブラックペンシル 2016-06-14



[PR]
# by dezagen | 2017-03-30 14:08 | インテリア
プライベートブランド考5

ライター渡部のほうです。
プライベートブランドに関する雑記。その5。
プライベートブランドだけでなくナショナルブランドも合わせ、どんな商品パッケージが安そうに見え、高そうに見えるのか、を考えてみる。

この前「プライベートブランド考4」では、
そっけないデザインが安そうに見え、複雑で凝ったデザインは高そうに見える、とも言えるが、かならずしもそうではない
と書いた。

実際そっけなく安そうに見えて本当に安いものは多い。
例えば、イギリスのチェーン店ではない西アジア系(インド/パキスタン系、と書きたいのだけれど、この国を2つ一緒にしていいのか良く分からないので、とりあえず西アジア系、としておく)スーパーマーケット(大きな個人商店、と言えばいいだろうか)で見つけた1リットルの食器用洗剤。
b0141474_18410732.jpg
ラベルのLIQUIDの下に「£1.49」とすでに印刷されている。
一般的な食器用洗剤だと1リットルサイズはなかなかないのだが、383mlで£1.00以上、が普通なので、値段が安いのはすぐ分かる。
さらに真ん中のボトル上部がひしゃげているのから分かるように、ボトルもベコベコである。
液体が毒々しい割には、ボトル素材は透明で色素も入れず、極力安く作ったボトルに見える。
全身これ「安い」の例。

次にそっけないデザインの例。モツァレラチーズ。
b0141474_19203924.jpg
表にメーカー名も何もなく「MOZZARELLA」の文字、のみ。入っているのは白いプラスチックの袋で、上下をシーリングしただけの簡単な包装。
これはフランスのスーパーマーケットで見たものなので「安そうだな」と思ったのだが、€1.50の値段は意外にもナショナルブランドの中価格帯より少し安い位だった。
このパッケージで?と思うが、むしろここまでシンプルなのは、あまり量産できないもの、例えばその地域の酪農家から直接買っている、とか、そんな理由があるのかもしれない。モツァレラチーズとしては普通に真ん中の価格なので、どういう事なのか実は分からなかった。

これで、€5.00以上だったら、希少品の高級品なのだろうな、とすぐ納得してしまうだろう。
高級食材を扱う専門店であれば、素人が作ったのかな?というパッケージ、あるいは何も書かれていない透明な袋に入っている、などはよくある。

シンプルさを高級感に繋げているプライベートブランドもある。
b0141474_19412070.jpg
イギリス、ウエイトローズのピクルス類の棚。
左側の紙ラベルが巻いてあるものはessential Waitroseという低価格帯のもの。真ん中の透明なボトルに直接文字だけが印刷されているものは中価格帯のもの。ウエイトローズの中価格帯のものすべてがそうではないが、これはパッケージデザインの要素を極力減らすことで、中身を重視させる。
ウエイトローズというスーパーマーケットは高級食品だけを扱う店というわけではないが、比較的所得の高い顧客が多いのでこうしたデザインも成り立つのだろう。


[PR]
# by dezagen | 2017-03-11 19:58 | プロダクト・パッケージ
プライベートブランド考4
ライター渡部のほうです。

プライベートブランドにおける「安さ」感というのはどのように演出されるのか、考えてみる。
b0141474_11524305.jpg
これは、イギリスのセインズブリーズのジャファケーキ。
日本であんまり馴染みのないお菓子だが、クッキーみたいなケーキみたいな生地にオレンジジャムが乗り、その上にチョコレートコーティングされているもの。
左がSainsbury's Basicsという一番安いライン。
現在の価格を調べてみると
Sainsbury's Jaffa Cakes, Basics 135g £0.60  (£0.44/100g)
右は中間価格帯ラインで、
Sainsbury's Jaffa Cakes x12 135g £0.75   (£0.56/100g)
(写真には映っていないが、ナショナルブランドと比較すると、McVitie's Jaffa Cakes x12 141g  £1.25 (£0.89/100g))

調べていたら、様々なジャファケーキの価格比較ページが出てきたので参考まで。2014年のもの。
http://www.thevalueclub.co.uk/2014/10/today-i-did-buy-in-of-jaffa-cakes-sold.html

Basicsと中間価格帯(プレミアムラインのJaffa Cakeはなかった)では、印刷は実際にはどちらも4色を使っていると思うが、Basicsは白地が多くジャファケーキのイラストも外観だけで「そっけない」感じ。中間価格帯のものは下地にオレンジ色を敷き、ジャファケーキは中が分かる切り口があり、写真を使っている。

b0141474_12404209.jpg
こちらはフランス、モノプリのクリームクレンザー。2016年。
左側の黄色いボトルが Monoprix P'tit Prix という低価格帯。 750 m 1,00 €
隣の緑のものが Monoprix の中価格帯 ブリーチ入り 750 m 1,13 €
真ん中の白いボトルはナショナルブランドの Cif 750 m 2,27 €、隣の緑はCif ブリーチ入り 750 m 3,00 €
と表示されている。

モノプリの低価格帯はすべて、ベージュの地色にオレンジの手書き風文字+イラスト、で統一され、いかにも印刷費もコストも削減しました、という感じがする。中価格帯は文字を特徴的に使い、強い印象があるが、低価格帯のものと同じボトルを使い、特別容器を使わずにコストを削減していることが分かる。
一方、ナショナルブランドのcifはオリジナルの容器(どこから見ても左右非対称な、作りにくそうなボトル)を使い、ラベルもグラデーションを多用したイラストだ。

スーパーマーケットという場では、そっけないデザインが安そうに見え、複雑で凝ったデザインは高そうに見える、とも言えるが、かならずしもそうではない、というのを次のブログで書こうと思う。

前のブログで取りあげたテスコの紅茶も、このセインズブリーズ、モノプリも、価格帯が違うラインで、同じ会社とは思えないほど異なるデザインを起用している。それぞれの対象が異なるためである。仮に同じ消費者であっても、その時の金銭感覚や、自分用なのかお客様向けなのか、などで異なるだろうが。

実際に商品を買う時は、パッケージデザインと価格だけで選ぶのではなく、中の品質、使い心地、食品ならその味、など様々な要因から結果が導き出されるのだが、パッケージと価格のバリエーションは、スーパーマーケットという場の中にある商品のヒエラルキーを作っている。このヒエラルキーの幅は、選択の幅であり、同じ店の中であっても消費者個人個人が「私は今、これを選ぶ=この位置にいる」という選択がより多くなるようにできている。
ラインによりデザインが異なるのは、「これを選ぶ。あれではない」という選んだ物と選ばなかった物との差異をはっきりとさせる役割がある。



[PR]
# by dezagen | 2017-03-11 18:20 | プロダクト・パッケージ
プライベートブランド考3
ライター 渡部のほうです。

プライベートブランドを考える雑記。その3。
まずそもそも、の話が抜けていたような気がするので、私がよく見ていて、かつ、プライベートブランド文化が非常に発展している、イギリスとフランスのスーパーマーケットでプライベートブランドはどのように売られているのか、どのように安さを演出しているのか、どのように価格帯の違いを見せているのか、を改めて見てみたい。

ちょっと前にも取りあげたけれど、イギリステスコの紅茶コーナー。ティーバッグ。
b0141474_04045366.jpg
b0141474_04050013.jpg
こんな風にナショナルブランドとプライベートブランドが混在した形で売られている。
プライベートブランドがどれか、というのは分かりにくいかもしれないので、拡大すると
b0141474_04124517.jpg
一番スタンダードなライン。
Tesco 80 Teabags 250G £1.00(£0.40/100g) 80袋入りの他、袋数のバリエーションあり。

一般的なナショナルブランドと比較するとすれば、
例えば Pg Tips 80 Cups Loose Tea 250G £1.99(£0.80/100g) と比較すると約半額くらいの値段になっている。
b0141474_04124100.jpg
一番安いライン。
Tesco Everyday Value Teabags 40S 100G £0.25 (£0.25/100g)
こちらは40袋のみ。
b0141474_04080090.jpg
プレミアムライン。黒くてほとんど見えないけど。
サイズと茶葉の種類がいくつかあるが、比較目安として80袋入りのものは
Tesco Finest Fair Trade Tea Bags 80S 250G £2.69(£1.08/100g)
ナショナルブランドと比較すると
例えば Twinings 1706 Tea Bags 80S 250G £4.99 (£2.00/100g) の、やはり半額くらい。


先に「プライベートブランドがどれか、というのは分かりにくいかもしれない」と書いたのは、日本のプライベートブランドはかなり画一的で、概ねナショナルブランドに比べて白地の多い簡素なデザインなので、非常に見分けやすい。
一方、イギリステスコの場合(テスコに限らず、他のイギリスのスーパーマーケット、他のヨーロッパ諸国でも言えることだが)
ナショナルブランドもプライベートブランドもそれぞれ個性あるデザインになっているので、簡素=安そう=プライベートブランド、と単純には判断できない。「テスコ」というブランド感があるようにも見える。ただし価格を見るとかなり違うことが分かる。


[PR]
# by dezagen | 2017-03-11 05:32 | プロダクト・パッケージ