エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
またまたHELVETICA
昨日は、大阪dddギャラリーで開催されているほうの
HELVETICA展の取材に行ってきました。
なんだか今月はHELVETICAづくしです。

b0141474_0241318.jpg


出張の目的は、この日行われたトークショウ。
金属活字のHELVETICAが日本で初めて
使われたときのエピソードや、
欧米での最近の使用例など、
ここでしか聞けない貴重なお話も。

b0141474_0264323.jpg

写真はHELVETICA(左)と
NEUE HELVETICAのRを比較しているところ。

左からライノタイプの小林さん、
嘉瑞工房の高岡さん親子。
画面には写っていないのですが、
書籍『Helvetica forever』の監修者、
小泉さんによる4名のトークでした。

HELVETICAが使われているポスター、プロダクトなど、
会場の展示構成は東京展とほぼ同じですが、
例えば4枚組ポスターの1、2枚目が東京で、
3、4枚目が大阪というように
出品物が微妙に違っていました。

HELVETICAの写植用の原図については、
東京展では壁面展示なのですが、
大阪展のほうは平台の上に展示されているので、
至近距離で見られます。
職人がフリーハンドで描いた
緊張感のある線は必見です。

b0141474_025443.jpg


会場では映画「HELVETICA」の
DVD映像も放映されていますので、
まだご覧になっていない方はぜひ。
書体マニアでなくても十分楽しめます。

大阪展は2月27日(金)まで、
東京展は2月28日(土)まで開催。

展覧会の様子は次号『デザインの現場』4月号で
お伝えいたしますので、ご期待ください。

*この写真は取材用にdddギャラリーの許可をいただいて
 撮影しております。転用はお控えください。
[PR]
# by dezagen | 2009-02-20 00:38 | Comments(0)
すごいリボン
もう展示は終わってしまったけれど、
六本木ミッドタウンで開催されていた
JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)主催の
「GIFT ~ 未来へ託すデザインリボン」展を見てきました。

b0141474_152319100.jpg


会場にはJAGDA会員のみなさんがデザインした
オリジナルリボンが展示され、1巻500円で販売。

あいにく欲しかったリボンは売り切れていましたが、
誰もが見て楽しめるこうした展示はいいものです。

Jagdaのサイトで展示作品の一部が見られます。
http://www.jagda.org/contents/gift/gallery/

中でも目を見張ったのは、今回のリボン加工を
担当された矢地繊維工業の技術。

「スーパーソニック技術」でリボンにスリット
(型を使わない抜き加工)が入れられるそうで、
びっくりしました。

過去にデザ現でもオリジナルリボン制作企業の
取材をしたことがありましたが、
そのときはまだプリントしかできなかったはず。
技術は進化しているのですねえ。

b0141474_1530756.jpg


オリジナルのリボンもつくれるそうです。
詳しくは、こちら。

矢地繊維工業
http://www.yachi-tex.com/
[PR]
# by dezagen | 2009-02-13 15:31 | Comments(0)
息抜き
 今回のこれ誰ブログはバレンタインデーに合わせたネタをしっかり取材してきたのだが、少しリサーチに時間が掛かりそうなので、その合間の息抜きを。

 図書館という場所はすばらしく、古本屋でも滅多にお目にかかれない希少本が読める。しかもタダ。

 今、夢中になっているのが『少年少女世界推理文学全集』。あかね書房が1964年から65年に掛けて出していたもので、全20冊が出ている。今のところ、借りて読んだのは以下の4冊。

No.6 『魔女のかくれ家/二つの腕輪』 カー 内田庶訳 後藤一之絵 1964年刊
No.8 『エジプト十字架の秘密/十四のピストルのなぞ』 クイーン 亀山竜樹訳 横尾忠則絵 1964年刊

b0141474_2328207.jpg

b0141474_23244128.jpg


No.14 『あかつきの怪人/暗黒街捜査官』 チャータリス/チャンドラー 福島正実訳 灘本唯人絵 1964年刊
No.18 『ジキル博士とハイド氏/自殺クラブ』 スチーブンソン 飯島淳秀訳 伊坂芳太良絵 1965年刊

b0141474_2326203.jpg


No.19 『人工頭脳の怪/ノバ爆発の恐怖』〈SF編〉 シオドマク/ハインライン 内田庶訳 松下勲絵 1965年刊

 もう気が付いたかと思うが、この全集の飛び抜けているところは「挿絵」。『腰巻お仙』で話題となる前の横尾忠則とか、独立前の灘本唯人とか、昨今再評価高い伊坂芳太良とか、こんなに贅沢にイラスト放出しちゃっていいのかしらん?と思うほど絵がたくさん(子供向けだし)。
 その他、真鍋博、和田誠、黒田征太郎、山下勇三らがイラストを寄せているらしい。続けて読まねば。

 あ「これ、誰がデザインしたの?」でした。
 ブックデザインは沢田重隆・鈴木康行です。
[PR]
# by dezagen | 2009-02-12 23:29
HELVETICA展に行ってきました
ついに昨日から始まりましたHELVETICA展。

会場のギンザ・グラフィック・ギャラリーは
こんな感じになっております↓

b0141474_1535842.jpg


HELVETICAの書体が使われている
ポスターやアイテムが展示され、

関連書籍、ポストカード、缶バッジなど、
購入できるグッズも充実していました。

http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/
[PR]
# by dezagen | 2009-02-06 15:04 | Comments(0)
デザインの現場2月号発売
特集は「2009年はこの若手に注目! 
新鋭デザイナー50人」。

b0141474_22553687.jpg


詳しくは、デザ現のサイトをどうぞ!
http://www.bijutsu.co.jp/dezagen/
[PR]
# by dezagen | 2009-01-27 22:57