エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
取材のお願いの仕方 後編
間にいろいろ記事をはさんでしまいましたが、9月26日更新の「取材のお願いの仕方」の続きです。

えっと、前回どこまで話したんでしたっけ。そうそう、取材先の担当者の対応についてでしたね。連載を始めた当初は、媒体を信用していただくため、取材依頼と同時に先方に見本誌を送ってましたっけ。「この取材にはお金かかりませんよね?」って言われたこともありました。(だから、お金はいただきませんってば)。

たいがいの企業では、「それではまず企画書を送ってください」という流れになるんですが、電話してすぐメールで企画書送っちゃだめなんです。企画書って、どんなに取材したい内容がわかりやすく書けていても、所詮は一方通行。相手に誤解されたら、修正するのが大変なんです。

たとえば、こちらとしては「Aを中心に聞きたいんだけど、Bも聞けたらいいなあ」ぐらいのニュアンスで書いたつもりでも、相手によっては「AにもBにも答えなきゃいけないのか。Bは社内でも分かる人がいないから対応できないな。この取材は断ろう」と受け取られることだってあるのです。

このあたりのニュアンスの伝え方がとても難しいところ。特に「これ誰」の取材では「なんで紙おむつには必ずキャラクターがついてるのか?」「なぜ日本には牛の絵が描いてある牛乳が少ないのか?」など、企業の方々にとっては「なんでこんなこと聞きたいわけ?」というような質問もあるので、メールの文字だけのコミュニケーションではこちらの意図が十分伝わらないこともあるのです。

というわけで、企画書を送る前にはなるべくその担当者さんとお話して、しっかりコミュニケーションをとるようにしています。「どうして、その取材がしたいのか? どこが好きなのか?」「そうした質問に答えられそうな担当者はいるか、資料はあるか?」などなど、こちらの熱意を肉声で伝えていると、「対応してあげようかな」という気持ちになっていただけるからなのです(しかし、長話は禁物。相手も忙しいですから、簡潔に好意を伝えます)。

ここまで読んで気づかれた方もいらっしゃるかもしれないのですが、編集者の仕事って、「お願いすること」なんです。「取材させてください」「原稿書いてください」「デザインしてください」…。いつもお願いしている、いわば、プロの「お願いニスト」。そんな「お願い道(どう)」を極めるべく、日々精進しているのであります。
[PR]
# by dezagen | 2008-10-31 00:16 | Comments(0)
独立適性診断テスト


『クリエイターのための独立ガイド』(くわしくはこちら→またまた新刊)のコンテンツをアップしました。
「独立適性診断テスト」

http://www.bijutsu.co.jp/dezagen/worklab/note/book_dguide/
[PR]
# by dezagen | 2008-10-23 16:20 | Comments(0)
またまた新刊
クリエイターが独立する際に必要な準備、手続き、独立後の経営など、必要な知識やノウハウをまとめた書籍『フリーで好きな仕事がしたい! クリエイターのための独立ガイド』が刊行されました。

「独立に向く人、向かない人」「事務所物件探しのポイント」「デザイン料の設定と請求書の書き方」「知っておきたいスタッフ雇用のルール」などなど、現役デザイナーの体験談や専門家のアドバイス満載でご紹介しています。

「これ、誰がデザインしたの?」
装丁は atmosphere ltd. の川村哲司さん。

b0141474_1851091.gif

『フリーで好きな仕事がしたい!
クリエイターのための独立ガイド』
B5判128ページ、定価2000円+税、
デザインの現場編集部、美術出版社刊

2008年10月15日配本
[PR]
# by dezagen | 2008-10-16 18:56 | Comments(0)
新ロゴ
美術出版社のロゴが新しくなりました!

b0141474_10541352.gif


「これ、誰がデザインしたの?」

       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓

答えは、こちらに。
http://www.bijutsu.co.jp/ideal.html
[PR]
# by dezagen | 2008-10-16 11:02 | Comments(0)
動物
先日ヘルシンキに行ってきたのだが、黄色い葉が木々から降り落ちる晩秋の北欧でも行くところはやはりスーパーマーケットだ。
フィンランドには黒牛用と白牛用のスープストックがあるのだろうか?

b0141474_3254933.jpg


さすが酪農大国!と言いたいところだが、違う。白牛は低脂肪低塩を表す。
Maggiに肩を並べるブランド、Knorrの牛はどうか?

b0141474_3262462.jpg


線画。地味。他のフレーバーではどうだろう。

b0141474_327019.jpg


「ローストチキンでも何でも来い、よ!ふふっ」といわんばかりの自信満々なMaggiの鶏に比べ、まるで禅の世界に没頭しているような黒目のKnorr鶏。所詮食われてしまうのだ、という達観が見える。

北欧でスープといえば魚。こちらはどうか?

b0141474_3272995.jpg


やはりMaggiの魚は明るい。魚のくせに笑ってすらいる。Maggiの動物らは、大変に楽しそうで「(命を)いただきます」と食する日本人にはやや臆するものがあるのだが、このスマイリーな態度はこっちにも波及しているのだった。

b0141474_3285327.jpg


笑うネギ。
方や、Knorr。

b0141474_3292698.jpg


大変見にくくて恐縮である。実はあまりのインパクトのなさに見逃しており、なんとか他の写真の陰に写っていたものを引っ張り出してきた次第なのだが、本当に陰が薄い。

日本の自宅に戻ってみたら、アジア圏のKnorrパッケージを取っていたので、こちらも紹介しよう。
まずは豚。とにかく漢字で「肉」と書けば「豚」を意味するほど豚がポピュラーなのである。

b0141474_3471567.jpg


どちらも2001年頃、香港(左)と台湾(右)で入手したもの。香港と台湾、同じ繁体字を使う土地だがKnorrの当て字が違う。パッケージの色味もかなり違う。
気になるのは豚の顔の角度だ。同じ絵がベースになっているはずなのだが、台湾はやや下向きで、どこかしら悲しげである。さすが『非情城市』が作られた土地だけある。
が、数年の間に台湾のパッケージが変化していた。これは今年のもの。

b0141474_3481481.jpg


豚が、小さくなっている…。仕事が減ったせいだろうか、眠っているようも見える。
さらに南下してタイを見てみよう。

b0141474_3483829.jpg


豚の絵は小さいが、キラキラマークを身につけて、輝いている。これだけありがた感があればこちらも「いただきます」という気持ちにはなる。

そういえば、香港では金華ハム(フレーバーの鶏)スープというのもあるのだった。

b0141474_349511.jpg


左は2005年のもの、右は昨年末スーパーで見たもの。ごっついハム感が、消えた…。

書いていくうちに色々気になってきた。

・アジア圏のMaggiはどんなパッケージだっただろうか?
・なぜknorrのキャラクターはヨーロッパとアジアで違いがあるのか?中近東やアメリカではどうなのだろうか?
・基本のキャラクターは誰が書いているのか?
・なぜ、キャラクターがどんどん小さくなっているのか?
・そういえば日本のパッケージってどんなだっただろうか。

さて、スーパーに行ってこよう。
[PR]
# by dezagen | 2008-10-12 03:53