エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
大正製薬 パブロン その3
 重要ポイント三つ目は「効き目感」。これは複数の要素から醸成されるものらしい。

 まずは、パッケージ全体のイメージ。
「メタリックな色は目をひきます。オフセット印刷(注:紙の印刷物や書籍で採用される最も一般的な印刷方法)で白地に金色を刷ってもあまりメタリック感は出ないので、一度グラビアあるいはフレキソ(注:ともに印刷様式の一種で、オフセット印刷よりも大量枚数にしっかりと色がのせられる印刷方法)で銀を刷った紙に、他の色を重ね刷りしています」

「パブロンエースAXのAXの文字が斜めで鋭い感じ、パブロンSやパブロンSCの帯上部のS、SCの文字が斜体でなびいているような感じ、これらは動きを感じさせ、即効性を喚起させます」

b0141474_19503238.gif

b0141474_1951633.gif

図版:パブロンエースAX、パブロンS

 総合感冒薬も種類は様々。前回書いたパブロンNなどの青帯のように、効能、成分の違いにより別のカラーを差し込んだり、イラストを入れたり、それぞれの工夫も必要だ。

 とはいえ、あれもこれもと入れるわけにはいかない。薬事法に準じた表示がまず基本。来年6月からは医薬品分類の表示が追加されるなど、法律も刻々と変化する。  

 その上、箱が小さい。説明の文字は小さくても見やすいよう、ふところの大きい書体(注:「の」の内側など、線で囲まれたアキの分量が大きい書体)を使い、薬の分量表示などでは小数点の部分だけ大きくすることもある。

b0141474_19593270.jpg

b0141474_2001699.jpg

図版:説明の文字部分拡大 

 改良が進んだり法律が変わったり、変動がありつつも安心を感じる「いつものパブロン」をキープさせるデザイン・テクは想像しただけでも頭が痛い。って、この頭痛、風邪だったらどうしよう。



おまけクイズ答え:
b0141474_2012539.jpg


解説:テレビや新聞広告などで使われる広告用のロゴ(右)は、印刷ほど細部の再現がきれいにでないため、印刷用ロゴ(左)よりも形が単純化されているとのこと。こちらのマークも社内デザイナーの作。

2つのマークの違いは、

・全体的なプロポーション
・線の太さ
・ワシの羽の枚数

でした。
[PR]
# by dezagen | 2008-12-25 20:04
大正製薬 パブロン その2
b0141474_21124137.gif


問い:パブロン、誰がデザインしたの?
答え:大正製薬社内のデザイン部  

 社内デザイナーは8名。随時外部のデザイナーと共同制作することがあるが(佐藤卓氏がデザインした「ゼナ」など)、「鷲のマークの大正製薬」の鷲マークも、大正製薬のロゴも、そしてこのパブロンシリーズも基本的には社内デザイナーによるものだという。

「風邪薬に限らず、薬のパッケージデザインで重要なことは安心感、信頼感、効き目感です」と、同社 デザイングループマネージャーの田中稔氏は言う。  

 パブロンのパッケージではこのポイントが非常に分かりやすい。「パブロン」のロゴは太くどっしりと地に着いており、安心感を表す。

b0141474_21133038.jpg


 シリーズ全体では1977年(昭和52年)から、金・赤・白の帯をベースにして「パブロンシリーズ」という共通のアイデンティティをキープしている。薬は昔から使っていたものを使い続ける傾向にあるので、新商品が出ても「パブロンなんだな」と認識されることは安心、信頼につながる。    

 そういえば総合感冒薬全般、赤系の色調が多い。 「一般的に風邪薬というと、暖色系のイメージが定着しています。例えば、醤油であれば赤いキャップ、ドライなビールならメタリックなど、それぞれの商品にイメージがありますから、あまり変えないほうがいいようです。1992年に発売したパブロンN(1つ前のブログでアップした年表の1992年を参照)は解熱鎮痛薬の青いイメージでパブロンを展開してみたのですが定着せず、赤色に変えました」  

 現行のパブロンNは赤・青・白の帯。パブロンエース、パブロンAGにも青色が配色されているが、地色はやはり暖色で統一されている。

 おまけクイズ 商品の鷲マーク(左)とテレビCM、印刷広告で使われる鷲マーク(右)とでは違いがある。さて、どこが違うか見比べてみよう。

b0141474_2118448.jpg

[PR]
# by dezagen | 2008-12-24 05:00
大正製薬 パブロン その1
 メールを通じてやりとりをしている友人知人らから、ニュース速報のように風邪情報が巡ってくる。  

 国立は長引くだるさを訴え、大阪は胃痛、ロンドンは高熱でパラセタモールかアイブプロフェン(前者は別名アセトアミノフェン、後者はイブプロフェンのイギリス発音)か談義が続いている。  

 怖くておちおち外にも出られやしないところだが、そうもいかないのがプレカリアートとはいえ社会の歯車。さあ、外に出よう。冬のお守り風邪薬をカバンにこっそりとしのばせて電車に乗ろう。  

 と、言うわけで今回は、「早めのパブロン」の取材で、東京・高田馬場にある大正製薬に伺った。  

 パブロンの歴史は長い。咳止めは1927年(昭和2年)、総合感冒薬としては55年(昭和30年)から、半世紀以上人々に愛されてきた、いや人々を守ってきた。

b0141474_16184614.jpg

b0141474_16191092.jpg

b0141474_1619239.jpg

b0141474_16195349.jpg


図版:年表 (2005年に出された冊子『パブロン50年のすべて』より、p2-5年表「パブロンの進化・移り変わり」部分を引用)  

 現行製品は総合感冒薬で15種類のバリエーションがあり、鼻炎用やうがい薬など周辺製品などもそろえている。さて、デザインは誰が、どのように作っているのか、詳しくは次回。
[PR]
# by dezagen | 2008-12-22 16:31
取材に行ってきました
先週、渡部さんと一緒に
とある風邪薬のパッケージデザインの
秘密を解明すべく、
製薬会社の取材に行ってきました。

社内のデザイン担当の方に
取材対応していただき、
おもしろいお話を
たくさんうかがえました。

1回でご紹介するのは
もったいないので、
何回かに分けてご紹介してきます。

近日中、アップ予定。

ご期待ください。
[PR]
# by dezagen | 2008-12-15 15:22 | Comments(2)
編集のしごと
「取材先の決め方」
「記事のまとめ方」
「取材のお願いのしかた」
「インタビューのしかた」など、
これまでいろいろと
編集関連の裏話を書いてきました。

自分では「これって、おもしろいのか?」、
いまいち分からなかったのですが、
ブックマークされているのをみると、
みなさんのお役に立てたようでホッととしています。

でも、これは絶対ルールではなくて、
あくまでも私の経験談。
先輩や同僚のやりかたを見ながら、
自分なりにアレンジしたものです。

原稿確認の手順とか、人それぞれ、
編集部それぞれでやり方があるので、
経験豊富な編集者でも
まったく違うやり方の編集部に行って
とまどうこともあります。

ある程度、型は必要だけど、
そこからいかにアレンジしていくか、
は他の仕事や趣味でも一緒ですね。

雑誌編集のおおまかなプロセスを挙げてみると、

・企画主旨、記事の内容を決める
・取材先を決める
・取材スタッフ、撮影スタッフを決める
・取材先に取材依頼をする
・取材先、取材スタッフ、撮影スタッフのアポ調整
・取材前の打ち合わせ、下準備
・取材当日
・原稿執筆依頼、受け取り
・写真の受け取り、収集
・原稿整理と編集作業
・デザイン依頼
・取材先確認と修正
・印刷所に渡す
・色校正
・校了
・見本が届き、完成

書いていて、具合が悪くなりそうな多さですが、
こうしたことを編集のみなさんは
普通に淡々とこなしていらっしゃるわけです。

女性誌や情報誌など、要素が複雑で、
取材先も多岐にわたる媒体の方々はさらに
大変な作業になるかと思います。

こうしたことは本で学ぶというよりは、
自分で失敗しながらやってみないと
なかなか覚えられないもの。

この商売、
「経験が大事」と言われるゆえんは
そこにあるのかなと思いました。
[PR]
# by dezagen | 2008-12-08 14:46 | Comments(2)