人気ブログランキング |
エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
北京で見たもの
ライター渡部のほうです。

昨年からたびたび中国に行くようになり、現地のパッケージも見慣れてきて「とりわけレポートというほどでも」という気分だったのだが、やっぱりよく見ると日本と全然違う。ということで、北京のパッケージ篇。

特に、北京の中心地に泊まっていたためか、旧来の建造物保存のため大型の土地開発がなかなかできない。店も個人商店のような小さいものがほとんど。となると、大型チェーン店とはまた違った品揃えで、新旧混在。

スーパーマーケットのペットボトル飲料コーナー。こうしてみると日本と大差ないようにも見えるけれど、色の使い方はかなり派手。
b0141474_09111888.jpg
北京で一番最初にびっくりしたのはヨーグルトかも。
ガラス瓶入り。瓶はその場で返すので、「ここで食べて」と言われる。
b0141474_09004070.jpg

紙のふたを開けるとすぐヨーグルト。かなり固形なのだが、ストローで飲む(すする)。
b0141474_09005548.jpg
袋入り牛乳。液状、半液状のものが袋入り、というのは割と多い。
b0141474_09023968.jpg
着いた日は30度近く、とかなり暑く、滞在中毎日1本アイスバーを食べる。種類が多かった。
日本にもあるチョコレートコーティング系とかパフェ系とかもあるのだが、あえてここは私の趣味セレクト。
b0141474_09011719.jpg
包み方が簡単なんだな。アイスバー+紙、以上、みたいなの。
b0141474_09021564.jpg
上のアイスバーシリーズが一番うまかった。小豆、緑豆、ヨーグルト、ミルクフレーバー(他に麦味というのがあるらしい)。あえてレトロなパッケージグラフィックにしてるようだが、本当に昔ながらのアイスバーの味。
これもぺろっとうっすい紙を巻いただけ。それにしてもどうやって巻くのだろうか。きちんとアイスにくっついているし、剥がす時は破れないし、棒のところをひねっているところを見ると、手作業なんだろうか。その工場の巻く部署を考えるだけで寒い。
会社のウェブサイトがあった。寿光华银食品 http://www.huayinshipin.com/nav/27.html

最近日本で見ない、割って食べるタイプ。
b0141474_09013938.jpg
このメーカー北冰洋は飲料も出していて、これも懐かしい感じのオレンジ炭酸ジュース↓。ジュースがうまかったんで、アイスも外れなかった(らしい)。
b0141474_09015650.jpg
缶といえば、コカコーラはインターナショナル感溢れる(もしデザインリニューアルしてなければ、アラン・チャンのデザインのはず)しゅっとした感じ。
b0141474_17284870.jpg
漢字ロゴもカッコいいけど、蓋部分の文字の刻みがカッコいい。
中国の漢字は先が尖った鋭い字体がいい。
b0141474_09035464.jpg
毎度おなじみ、「牛」シリーズ。
パッケージじゃないけど、この「牛」は非常に良い。勇ましい。
b0141474_09041912.jpg
乳がピンクなのがダイレクト過ぎるホルスタイン系。
b0141474_09114103.jpg
牛キャラ。どこの国にもいるが、牛ってこんな生やさしいもんじゃない。かわいくしないで欲しい。
b0141474_09115481.jpg

絶対マズいだろうなーと期待しないで買ったフルーツパン。
b0141474_17385529.jpg
これが、ゴロゴロドライフルーツが入っててうまかった。5元は80円くらい。また食べたい!

昨今世界的にもUberEATSとかデリバリーが流行ってるが、中国都市部の出前文化は多分世界の先端を行ってる。スマホで呼ぶだけ。決済もスマホ。しかも種類が半端ない。

容器もデリバリー用に、下にご飯、上におかず二種を入れるパッケージになってる。
b0141474_09102396.jpg
頼めばこんな鍋みたいなのもあっつあつでやってくる。よく容器が壊れないもんだ、と思う程ペコペコのプラスチックだけど。
b0141474_09122353.jpg
パッケージとは関係ない。単なる洋品店。私の世代には懐かしい、YMO増殖的な何か。
b0141474_09104120.jpg

b0141474_09105872.jpg
北京は50代にはたまらない都市。

# by dezagen | 2019-05-13 17:47 | プロダクト・パッケージ
高田唯北京個展と中村至男上海個展のPRについて
ライター渡部のほうです。
(今回はです・ます調で敬称略です)

現在北京にいます。
高田唯の中国二度目の個展、北京での『一花一日』の開催準備。本日が内覧会です。

b0141474_14164454.jpg
b0141474_14171514.jpg

公式HPはないのですが、以下、主催のNEUEのfacebook
で詳細が見れます。

まずは概要。

「一花一日:高田唯展」
期間 2019 年 5 月 4 日〜5 月 31 日
開場時間:9:30〜18:30
場所:敬人纸语(北京市东城区地安门东大街甲89号南锣鼓巷福祥胡同内)
展示会場の入場料:30元(店舗は入場無料)

となります。この期間中北京にいらっしゃる方は是非。

今回の主催NEUEのデザイナーを紹介する展覧会プロジェクト、北京の高田唯の後には8月上海で中村至男、と続きます。
この二人のプレス用のポートレートを撮ろう!ということで、上海のフォトグラファー、宋万杰(ソン・ワンジエ 欧文表記:Julian Song Wan Jie)に撮影してもらいました。

以下その中から抜粋。

b0141474_14214549.jpg
b0141474_14221334.jpg

b0141474_14223102.jpg
b0141474_14225307.jpg

b0141474_14231608.jpg
b0141474_14233378.jpg

普段の高田唯、中村至男のポートレート写真、もしくは他のデザイナーのポートレートを見慣れている人にはかなり異質な写真に見えるかもしれません。
俳優みたいな雰囲気だし、ヴィヴィッドな服着てるし、顔の表情も強い。
多分、この写真を日本の媒体で(このブログも日本の媒体ですけどね)ポートレート写真です、と使うのは難しいと思います。そんな写真をあえて撮ってもらったのには理由があります。

今回もそうですが、毎回中国に来ると人々の強さに圧倒されます。もともと大陸と日本の島国の気質が違う、というのもあるのでしょう。加えて、成長中の国の「もっと色んなものが欲しい」「もっといい生活がしたい」こういった貪欲さが、日常の生活、道行く人々からも感じられるのです。
人々からの需要の強さに対して、供給の力も強く、そうなるとメーカーの広告も強い、パッケージも強い。デザイン自体も強ければ、デザイナー自身も見せ方が強い。

デザイナーも人々もしくはクライアントの期待に応えられるだけの力強さを持つ必要があります。それが感じられるデザイナー像も存在するわけです。もちろん個人差はありますが。

ならば一度、中国スタンダードに合わせたポートレートがあってもいいのではないか、などと考えていたのが昨年末。
そんな時に出逢ったのが、宋万杰の写真でした。
イギリス発のデザインニュースで取りあげられていたのを見たのが最初でした。

宋万杰のインスタグラム https://www.instagram.com/juliannn_song/ で見ると分かりやすい。色も形も美しさも、時代性も皮肉も、すごくいい瞬間を切り取るフォトグラファーです。


聞けば彼が一緒にプロジェクトをやった時の衣装デザイナー、上海ベースの台湾人Angus Chiang (オフィシャルウェブサイトwww.anguschiang.com インスタグラムページ https://www.instagram.com/anguschiangofficial/  ) は昨年の高田唯上海個展にも来てくれたそうで、作品が好き、とのこと。
ならば!ということで、宋万杰に撮ってもらう写真にAngusの衣装を使わせてもらおう。やるなら徹底的にやってみよう、と、思った事を口に出したら宋万杰が場所やセッティングを決め、モデルさんの撮影も合わせてスタイリストさんも呼んで、とあっという間に独特の世界観作りをしてくれた、という経緯で出来たのが上の写真群です。

プロジェクトとして作ったこれらのポートレートは主に中国語圏でのPR素材に使う予定ですが、冊子にしてみたい欲も出てきました。まだ全然未定なんで、どうなるか分かりませんが、思った事を口に出すと2倍3倍のパワーで返ってくる国なので、本当にどうなるのか。。。

最後に、ポートレート撮影スタッフの記念写真を。黄色の服を着ているのが宋万杰です。

b0141474_14244488.jpg
Hair by ZaiXuan Li, make up by Beata Xu, produced by BiBo,the model is MengGe Yi


# by dezagen | 2019-05-03 23:07 | 展覧会
中村至男さんの毎日デザイン賞受賞について思う事
ライター渡部のほうです。
さきほどソウル経由でパリから戻ってきたところで若干死んでますが、ブログ書かないと、と思い立ち、スーツケースの整理もまだですが、書いてます。
このブログも死んだようでいて、まだ生きてます。無事ログインできて良かった。。。

さておき、このブログでもたびたび紹介させてもらっている(変な言い方だな)、中村至男さん http://www.nakamuranorio.com が、2018年の毎日デザイン賞を受賞しました。http://macs.mainichi.co.jp/design/m/
昨年は亀倉雄策賞 https://www.jagda.or.jp/awards/kamekura/20/ も受賞。久々にブログ書かないとと思ったのは、なぜ今、中村至男の評価が高まっているのだろう、という事を書いてみたいからです。

かく言うワタクシも、今年台北と上海で行われる中村さんの個展のお手伝いをし始め、ある意味中村至男フィーバー(この言葉って今使うんですかね?)に乗ってるとも言えますが、具体的なきっかけで言えば、2017年に行われたG8での個展です。亀倉雄策賞の受賞対象もこの個展でしたし、やはりこの個展で「中村至男ってすごい」ということを再認識したんだと思います。

このブログでの中村至男個展の紹介文 https://blog.excite.co.jp/dezagen/26568084/ のところでも書きましたが、中村さんの仕事は「予測が付かない」。あと、言葉で説明しづらい。
例えば、文字組が美しいとか、使っている素材が素晴らしいとか、論理的に説明できるものというよりは、本能的に「わ!」と驚く、脳にダイレクトに響く。
今、自分が大学の先生をやっていて、学生にこうすると良いとか、印刷方法とか素材とか具体的な事例を「説明する」事をやっているのだけれど、やっぱり「説明ができないけれど魅力的なもの」というものもすごく必要なわけです。でも説明できないんだからどうやったらそういう魅力を作れるのかは教えられない。大学教員のジレンマです。

大学教員のジレンマといえば、資料を取って置かないといけない、というのも実は結構困りもので、正直なところ、自分自身としては、次々新しいものを見て行きたいし、ため込むのは苦手。自然と資料が溜まっていくことは溜まるのだけれど、本当は、これを捨てたい。世の中にある視覚情報をすべて収集することは不可能だし、蓄積してしまうと、そこで分析した自分なりのルールから逃れられないような気がしてしまう。

それでもデジタル媒体のお陰で随分、物量的に溜めなくてもある程度は大丈夫になったものの、とはいえ、逆に、気楽に資料が集められる、保存できる、見られるだけに、自分のデザイン体験をPCやスマホに委ねてしまって、自分の体感をあんまり信用してないような気もします。

中村至男さんの作品は、そういえば2017年の毎日デザイン賞の井上嗣也さんの作品もそうなんですが、その作品を見た時の衝撃が大きくて、実物がなくても意外に覚えている。脳が覚えていて、物に依存してないわけです。
1999年の『広告批評』の表紙や背表紙って、定規で引いたような真っ直ぐ感。当時は「デジタルの時代が来たぞー」ってぎらっとしたCG感のあるものとか、ちょっと変わったフォントやタイポグラフィーだったりとか、逆にそれにアンチだ、と、手作り感があったりとか、衝撃的な写真を使ったりとか、何か「押し」が多かった中で「なぜこんな真っ直ぐ…しかも全然複雑じゃない」と、なんなのだろうか、この違和感、と思った覚え。
佐藤雅彦さん他の方々との共作だけれども「テトペッテンソン」も、ただ立方体が動いていくだけなのに、何なのこれ、とテレビの前で棒立ちになったのはすごく強烈に覚えていて、今でも思い出すと首筋の辺りがむずむずするような気がするのです。
比較的最近の作品だと『forest』というzineがあって、緑地に白い三角がちらちら見えるのが、ページをめくっていくと、実は緑が木だった、森だった、という、「えーっ、そういうこと!?」と驚いたとか。

こういう驚き、その感覚自体を記憶できている作品というのが本当にすごいグラフィックデザインなんじゃないかと思ったりします。
グラフィックデザインも書籍からサイン計画から、様々あるんで、一慨に言えるものではないのですが、2019年の今、純粋に目で見たものに驚いたり感激したりする体感が減っている、もしくはその感度が落ちているような気配があって、そんな中で、中村至男さんは物に頼らず、視覚から来る純粋な体験を与える希有な存在なのだと思います。

ちなみに、私は普通に生活していると惰性だけで日常を見てしまうので、これじゃいかんと、隙を狙っては海外に行って普段見ないものを見てくるようにしてるわけで(言い訳臭いな)すが、意外に飛行機に乗らなくても、中村至男の作品があるじゃん、ということに気付かされてしまったのでした。



# by dezagen | 2019-03-10 03:36 | デザイナー紹介
世界のブックデザイン 2017-18(その2)
前半からの続きです。
ここからは各国別に紹介していきます。


-------------------------------------------
[カナダ]

b0141474_032331.jpg

b0141474_0323662.jpg

『Colosses: Mémories de portiers et récits de bars
(巨像:用心棒の回顧録とバーの物語)』
Sid Lee Collective発行

エンボスされた革張りの上製本を開くと、屈強な男たちの写真が続く。。。書名から察すると、バーにいる用心棒の写真集???  荒々しいテーマですが、文字組や造本がかなり丁寧で上質な写真集に仕上がっています。出版者がなぜ用心棒の写真集をつくろうとしたのかは不明。謎です。


-------------------------------------------
[中国]

b0141474_0324151.jpg

b0141474_0324490.jpg

『介入』
中国建築工業出版社発行

建築家とデザイナーの対談集。本の真ん中にあいた穴を避けるように、中・英・日・韓の4カ国語による文章と写真が配置されています。中綴じですが、機械で綴じずに、糸を通して手製本されています。今年は他国の受賞書籍にはあまり奇抜な造本はなかったのですが、中国はトリッキーな本が多かったです。その中でもこの本が群を抜いていました。


-------------------------------------------
[ドイツ]

b0141474_0324658.jpg

b0141474_0324894.jpg

若いブックデザイナーのための奨励賞
『Nicht Sein
Über Suizide und Mögliche Ursachen
(非存在 自殺とその原因)』

ドイツのデザイン学生がつくった本(8部限定+30部増刷)。レーザーカットであけられた穴は実は棒グラフになっていて、ドイツ国内で自殺で亡くなった人数などを表しています。非常に重いテーマを、グレーとブルーの落ち着いた色の用紙と精緻なタイポグラフィで端正にまとめた作品。


-------------------------------------------
[オランダ]

b0141474_0325253.jpg

b0141474_0325582.jpg

『The Living Surface
An alternative biology book on stains
(息づく表層。シミをめぐる斬新な生物学の本)』
Jap Sam Books発行

例年、珍書が多発するオランダ。しかし、今年はあまり掘り出しものがなく、この本が目立っていました。アーティストが身の回りのシミを保存、撮影し、カラーチャートを作成。英語、フランス語、オランダ語をそれぞれ90度ずつ向きを変えて配置しています。(たぶん学術的価値はあまりないと思われる)奇妙なコテンンツを大まじめにデザインした珍書。

ほかにもおもしろい本がありましたが、このあたりで切り上げます。展示は2019年3月31日まで印刷博物館で開催。会期中、トークイベントや手製本のワークショップもあるそうです。

「世界のブックデザイン2017-18」
https://www.printing-museum.org/exhibition/pp/181215/
# by dezagen | 2018-12-18 00:50 | 展覧会 | Comments(0)
世界のブックデザイン 2017-18(その1)
編集宮後です。
今年も「世界のブックデザイン」の季節がやってまいりました。

「世界のブックデザイン2017-18」では、「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書のほか、日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国、各国のコンクールで入賞した書籍約200点を展示。今年は、過去10年間に同展で展示された「世界で最も美しい本コンクール」上位受賞書籍も展示され、11年分の流れを俯瞰できるような展示構成になっていました。

b0141474_027858.jpg


今までの展示内容については、こちらのブログをご覧ください。
https://blog.excite.co.jp/dezagen/27811149/

では、早速今回の展示内容の中から印象的だった本をご紹介しましょう。
会場入口に展示されていた日本の造本装幀コンクール受賞作品から。


-------------------------------------------
[日本]

b0141474_0382343.jpg

b0141474_0283155.jpg

『はな子のいる風景 イメージをくりかえす』
武蔵野市立吉祥寺美術館発行

1949年にタイから日本にやってきて2016年に亡くなったゾウのはな子の写真集。多くの人が撮影した写真で構成された写真集には、折り畳まれた手紙やスナップ写真などが貼付けられ、まるでアルバムを見ているよう。心がかよう、あたたかい写真集。


b0141474_0293477.jpg

b0141474_0291170.jpg

『中世ふしぎ絵巻』
ウェッジ発行

魑魅魍魎が跋扈する不思議な絵巻の本。表紙は縦向きですが、表紙をめくると、中ページは90度回転して横向きに配置されています。本文は糸かがり綴じで180度フラットに開くので、ノドで絵柄が切れず気持ちよく読めました。


-------------------------------------------
[世界で最も美しい本コンクール受賞作]

b0141474_03042.jpg

b0141474_0301525.jpg

栄誉賞(オランダ)
『Claudy Jongstra(クラウディ・ヨングストラ)』
nai010 Publishers発行

染色した羊毛で作品をつくるアーティストの作品集。CMYKではなく、インディゴブルー、茜色、カモミールイエロー、ブラックインディゴの4色で写真を印刷。ページは製本せず、真ん中で折って、ビニール袋に入れてあります。一瞬、黒い羊毛が袋に入っているように見えますが、実は印刷。このドキッとするブックデザインはイルマ・ブーム。


b0141474_0304180.jpg

b0141474_0304544.jpg

銅賞(スイス)
『Documenta 14: Daybook
Separate English, German and Greek editions
(ドキュメンタ14日誌 英語版、ドイツ語版、ギリシャ語版)』
Prestel発行

5年に1回、ドイツで開催される国際的な現代アート展「ドキュメンタ」の記録集。本のカバーは紙ではなく、型押しされたビニール。袖の部分がポケットのようになっていて、会場のMAPが挟まれています。特注のビニールカバーってすごくコストがかかるのですが。3カ国語版の見せ方もお見事。


b0141474_031569.jpg

b0141474_031844.jpg


銀賞(日本)
『くままでのおさらい 特装版』
ビーナイス発行

世界で最も美しい本コンクール上位賞では、日本から唯一の受賞作品。井上奈奈さんの絵を中野活版印刷店がリソグラフで印刷し、美篶堂が手製本で仕上げています。円形にくりぬいた板紙を重ね合わせてクロスを貼った表紙もすばらしいです。職人の手で丁寧につくられているのが伝わってくる本。

(後半へ続きます)
# by dezagen | 2018-12-18 00:43 | 展覧会 | Comments(0)