エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
観察の樹×藤森泰司 Kino Stool 後編
 観察の樹×藤森泰司 Kino Stoolの記事、後編です。

 改めて、台湾の高齢者向け家具を日本から発信していく、という点に振り返ってみたい。


・助け合い+自立の社会に

 日本と台湾は近い国/地域ではあるが、先に書いた玄関まわりしかり、気候風土もろもろ、かなり事情が異なる。ボコボコの歩道、滑りそうな段差や階段、杖代わりにも使われるショッピングカートの作りも貧弱だったり、と、悪条件が目立つ。

b0141474_05072665.jpg
(台湾 メンテナンスが放置されてボコボコな歩道。撮影渡部千春)

 ところが「台湾には定年がないんだろうか?」と思うほど働く高齢者は多い。買い物や散歩、屋外のお喋りなど普段の生活でも近隣の人々が常に近くにいて、困った時には助けあうコミュニティの力が条件の悪さを補っている。

「台湾は儒教思想が色濃く残っており、ボランティア精神も高いので、条件の悪さをマンパワーで補っているように僕も思います。日本では失われてしまったかもしれない“向こう三軒両隣”が台湾にはあります。とても良い文化だと思います。
しかし、その反面「やってあげすぎること」が必ずしも良いとは限らないと思っています」と観察の樹の黒坂氏は言う。

 家族、近隣の人々のマンパワーはまだ健在だが、徐々に日本とあまり変わらない生活スタイルになって来ているように思える。

 例えば台北などはここ10年ほど急激に都市化が進み、中心部で見る高齢者の数は減った。住宅地は郊外に延びているが、タワーマンションや車社会を前提とし近隣に商店街も市場もなく、軒下で近所の人々と語らう場がない住宅街も目立つ。
 こうなると近隣の人々との助け合う機会も減ってくる。今後はこうした傾向が増えていくだろう、と黒坂氏は考える。そのためにも高齢者が自主的に使いやすい什器、家具、機器のデザインが求められている。

「高齢者が自分できるところは積極的にやってもらう。そのバランスが重要だと考えているので「尊厳と自立支援」を伝えていきたいと考えています」(黒坂氏)

b0141474_05303227.jpg
(靴屋兼靴修理店で働く男性。手仕事は一生の仕事 撮影渡部千春)

・機器ではない家具を

 年を経て行くにつれ安定を求める感覚はあるのだが、危険ともなりうるガタガタのカートや家具でも長年の使い慣れといった、記憶や経験、愛着と相まって共に暮らしているものだ。急にツルピカの「絶対安全衛生的」がやってきたからと言って、すぐに使えるとは限らない。
 これは世界的に言えることだが、日常使いの家具でも家庭用、公共用の什器、機器でも、「高齢者向け」となると途端に医療機器のような味気ないものになりがちだ。そこから脱して愛着の湧くようなデザインが施されることがあるが、「やさしい」という感覚が、高齢者向けと乳児・幼児向けが同じような「やさしさ」の色合いや形状で処理されてしまうこともある。

 突然のパステルカラー、突然のまるっこいプラスチック家具。
 これはさすがに勘弁して欲しい(気にしない人は気にしないようだが、私は遠慮させていただく)

 そんな中で、ある日家庭に入ってきた新しい家具や機器でも、違和感を持たずに接することができれば理想的だ。こうした家具と共に暮らす感覚を大事にした Kino Stool は1つの理想型を提示しているだろう。
 藤森氏が展示に寄せた文章で今回は締めたい。

Kino Stool に寄せて

高齢者向けの家具は、きちんと目的を持った機能性が必要です。
ただ、どうしてもその点に固執するあまり、
家具ではなく"機器"のようになってしまいがちです。
私たちは、ただ目的をこなす器械とは暮らしていけません。
日常生活を共に過ごす家具には、常に一緒に居たいものかどうか、
つまりはパートナーとしての"表情"が必要なのです。
その"表情"こそがデザインであり、使い手と道具との関係性を作り出すのです。
「Kino Stool / キノスツール」にはそうした思いが込められています。

藤森泰司


b0141474_04283388.jpg
・商品詳細

Kino Stool
素材:フレーム:アッシュ合板、アッシュ無垢材/座面:布張り
サイズ: 幅564×奥行370×高580(座面高407) mm

カラーバリエーション  *は受注生産 
ナチュラル NTD $12,800 (48,167円)
ダークブラウン NTD $13,800 (51,931円)
ブラック* NTD $14,800 (55,694円)
ホワイト* NTD $14,800 
ダークグレー * NTD $16,800 (55,694円)

台湾での参考価格。()内の日本円は発表日1月12日のレートで計算
日本での販売は4月目処。価格はなるべく台湾の価格と同じくらいにしたいとのこと。

シートの色:ブリック(レンガ色)、ネイビー、シトラス、ワイン、グレージュ
(展示に合わせて作られた受注ファブリックは、花布、屏東の少数民族の手織り布、の二種)
(花布は布団や農作業着などに使われている伝統的な柄の布。花布に関しては以前このブログで書いておりました。ご参照まで 
「台湾 傳統花布」  http://blog.excite.co.jp/dezagen/12450986/ )

問い合わせ先:観察の樹 http://www.kansatsunoki.com/contact/


[PR]
by dezagen | 2018-01-26 19:24 | プロダクト・パッケージ
観察の樹×藤森泰司 Kino Stool 前編
 ライター渡部のほうです。

 先日告知だけ http://blog.excite.co.jp/dezagen/27999894/ になってしまった、観察の樹企画・製造、藤森泰司デザインの高齢者向けスツール「Kino Stool」のご紹介。
 今回は少し長めなので前後編に分けてます。

 観察の樹 http://www.kansatsunoki.com
 藤森泰司アトリエ http://www.taiji-fujimori.com

b0141474_04415860.jpg
b0141474_04424036.jpg
(展示風景 写真提供 観察の樹)

・台湾の玄関とは?

 Kino Stool は台湾と日本向けに主に玄関で使う事を考えた木製スツール。靴を履く、脱ぐ、買い物帰りに一息付く、そんな時にスツールがあると便利なもの。

 藤森氏が「ゆりかごのような形」という、座面から両脇のアームに掛けて1枚の合板で包みこむような作りになっているのが特徴的だ。脚とアームは無垢の木で、ゆりかご状のシェルを支えている。落ち着いた印象ながらやさしさと力強さを兼ねている。

 台湾の家は道路に面したドアを開けるとすぐ玄関兼居間のような広い場所になっていることが多い。集合住宅では踊り場のドアがバルコニーのように外に面した廊下に続いていることもある。田舎では庭の軒下がそのまま玄関として使われているというところも少なくない。
 玄関スペースに置かれているものも様々だ。家族全員の日用品の間にペットの犬や猫がゴロゴロ寝ていたりもする。また床素材もコンクリート、大理石、テラゾー、タイルなど様々で、雨の日やモップで水拭き掃除をした後などは滑りやすい。

 まとめて言えば台湾の玄関スペースには障害物が多く、よろけたり転んだりする要素が多い。足腰が弱くなればなおのこと危険度は増す。そんな時にスツールは「便利」以上に、「安全対策」の意味も持つ重要なものだ。

b0141474_04401566.jpg
(台湾、集合住宅の玄関周り 写真提供 藤森泰司氏)

・「握り心地というのは、柔らかにすることだけではない」

 Kino Stool の企画が始まったのは2014年末。完成までに3年、と時間を掛けて作られた。日台の医療、福祉関係のコンサルタントやデザインを手がけている観察の樹がコンセプトを作り、2015年3月に藤森氏にデザインを依頼した。

 開発コンセプトは「安全快適な玄関空間〜玄関を危険な場所にしないための家具」。さらに細かな提案は以下のようなものだった。

・靴を履く時、脱ぐ時に便利な肘置きがついたスツール
・肘置きは、立ち上がりやすく滑りにくい形状
・台所や洗濯スペースなどでも使えるコンパクトな寸法
・使用していない時でも、そこにあるだけで玄関に表情を添えるデザイン
・座る方向を選ばないシンメトリーなデザイン

b0141474_04451378.jpg
(展示風景から 写真提供 観察の樹)

 写真からうかがえるゆりかごのような形状の特徴以外に、実際に使ってみると細かい所にも配慮が行き届いている事が分かる。

 サイズは幅564×奥行370×高580(座面高407) mm。おおよそではあるが小学校中学年用の椅子くらいだ。学校用椅子の平均的な重さは約4kg、 Kino Stool も同じくらいだが実際に持ってみるとさらにそれよりも軽く感じる。
「前後で線対称なのでアームを持って持ち上げやすいんだと思います。それが実際の重量よりも軽く感じる要因かもしれません」と藤森氏は説明する。

 スツールを持つ、座ったり立ったりする時に体を支える掴み手としてのアームの部分は、特にこだわった点だという。

b0141474_04315730.jpg
(写真提供 観察の樹)

「アームに関してはスタイロフォームで何度も原寸模型をつくって検討しました。通常の椅子ではアーム断面が手触りのよい柔らかな円形状のものが多いのですが、
握り心地というのは、柔らかにすることだけではない、むしろ、今回はしっかり握れるグリップ感があったほうがいいと思ったので、下部の角の面取りを平らに取っています。上面は平らで下面のみに面取りがあることで、人の目線としては気付かず違和感がありません。触れると分かるデザインです」(藤森氏)

b0141474_04522957.jpg
(台北での展示にて。パーツを分解したもの。左側の2本がアームを裏返した状態。角をもたせて面取りしている。撮影渡部千春)

 製造までに時間を掛けたのはデザイン面だけではない。台湾で工場探しにも時間を掛けた。
 試作をつくり修正していっても、精度が上がらなかったり、工場が火事でなくなってしまったり(!)、座面を留めるパーツが見つからない、シート部分のクッションの厚みが定まらないなど、最後まで気が抜けなかったようだ。
 日本でも小ロット生産可能で、なおかつ精度の高いところを探すのは難しい。ましてや台湾でとなると、それまで付き合いのなかった海外の会社に心を開き、共同作業をする信頼関係まで持って行くのには時間が掛かる。観察の樹の代表である黒坂昌彦氏と庄司佳代氏が、まめに足を運び家族ぐるみで付き合いをしながらコツコツと積み上げていった成果だ。

・グラフィックは分かりやすく

 前回、告知の際には触れなかったが、Kino Stool のロゴ、今回の展示用ポスター、DM、リーフレットのデザインなどグラフィック周りは「TAKAIYAMA inc.」が手がけている。

 TAKAIYAMA inc. http://takaiyama.jp

b0141474_04300306.jpg
b0141474_04301062.jpg
(展示に際して作られたポスター2種)

 「福祉、高齢者向けの製品ということを考え、ポスターはプロダクトをメインにすっきりと分かりやすく、また全体的にエッジが利いた印象ではなく、誰が見ても自然に入っていけるようなシンプルなグラフィックにしました」と TAKAIYAMA inc.の山野英之氏は説明する。
 オレンジ、黒、グレー、白と、使用する色を限定し、グラフィックの主役となるプロダクトのシルエットを際立たせている。背景色で大きく色面を取ったオレンジとグレーは暖かみのある色として選んだ。

b0141474_04293439.jpg
 Kino Stool の Kino の部分は単独ロゴとして成り立つよう、少し表情を着けている。
「K と n はそれぞれアーチ部分に少し角度をもたせて、踏ん張って安心感のある形に。人に寄り添った印象が出せたら、と思いました」(山野氏)

 (後編へ続く)

[PR]
by dezagen | 2018-01-26 19:23 | プロダクト・パッケージ
台北 観察の樹×藤森泰司 Kino Stool 展示発表会
ライター渡部のほうです。

1月12日(金)から1月28日(日)まで、台湾台北市の書店兼ギャラリー「田園城市生活風格書店」で「Kino Stool」 の展示会が行われている。
b0141474_10335781.jpg

Kino Stool は日本をベースに、日本と台湾で医療、福祉関係のデザインコンサルタント、プロジェクトなどを企画している会社「観察の樹」http://www.kansatsunoki.com  が企画、藤森泰司氏 http://www.taiji-fujimori.com がデザインを手がけたもの。高齢者が使いやすい、玄関に置けるスツールだ。
実際に座ってみると、コンパクトながら安定性があり、中高年の自分でも欲しいと思う。
家具、什器、道具など「高齢者向け」を必要とするユーザーは、実際のところ高齢者に限らないのである。
高齢者向け、とは、一般の製品の中でより「安定性」「使いやすさ」のレベルが高い製品という事が言えるだろう。

台湾の生産力を活かしたプロジェクトを行う事で地元に貢献する事も、観察の樹のコンセプトの1つだ。
このスツールも台湾の工場で生産。展示の特別バージョンとして、台湾南部屏東の少数民族が織った布を使ったクッション付きの製品も発表されている。

と、実は今回のレポートはここまで。
私自身のスケジュールがタイト過ぎて、現地できちんとした取材時間が取れず。
まずは行って来ました、というご報告&告知だけになってしまった。
プロダクトの詳細に関しては、また後ほどレポートするのでお待ち下さい。

期間中に台北にいる方へ。
会場アクセス、開店時間などの情報はこちらをご参照下さい。
観察の樹 ニュースページ

田園城市生活風格書店の facebook ページ

[PR]
by dezagen | 2018-01-16 15:55 | 展覧会